•             



    このエロ漫画(エロ同人)のネタバレ(無料)
    ・拘束された巨乳美人の18号が鬼畜な19号と20号に機械でおっぱいやおまんこ凌辱されたり17号にアナルエッチされ淫乱痴女になってしまい、クリリンを襲って逆レイプしちゃうーwwフルカラー作品だおwwwww

    元ネタ:ドラゴンボール
    漫画の内容:2穴、アナルファック、オナニー(自慰)、バイブ、フェラチオ、フルカラー、痴女、羞恥、調教
    登場人物:17号、18号、クリリン
    ジャンル:エロ同人誌・エロ漫画(えろまんが)

    【ドラゴボ エロ同人】拘束された巨乳美人の18号が鬼畜な19号と20号に機械でおっぱいやおまんこ凌辱されたり...【無料 エロ漫画】_001

    【ドラゴボ エロ同人】拘束された巨乳美人の18号が鬼畜な19号と20号に機械でおっぱいやおまんこ凌辱されたり...【無料 エロ漫画】_002

    【ドラゴボ エロ同人】拘束された巨乳美人の18号が鬼畜な19号と20号に機械でおっぱいやおまんこ凌辱されたり...【無料 エロ漫画】_003

    【ドラゴボ エロ同人】拘束された巨乳美人の18号が鬼畜な19号と20号に機械でおっぱいやおまんこ凌辱されたり...【無料 エロ漫画】_004

    【ドラゴボ エロ同人】拘束された巨乳美人の18号が鬼畜な19号と20号に機械でおっぱいやおまんこ凌辱されたり...【無料 エロ漫画】_005

    【ドラゴボ エロ同人】拘束された巨乳美人の18号が鬼畜な19号と20号に機械でおっぱいやおまんこ凌辱されたり...【無料 エロ漫画】_006

    【ドラゴボ エロ同人】拘束された巨乳美人の18号が鬼畜な19号と20号に機械でおっぱいやおまんこ凌辱されたり...【無料 エロ漫画】_007

    【ドラゴボ エロ同人】拘束された巨乳美人の18号が鬼畜な19号と20号に機械でおっぱいやおまんこ凌辱されたり...【無料 エロ漫画】_008

    【ドラゴボ エロ同人】拘束された巨乳美人の18号が鬼畜な19号と20号に機械でおっぱいやおまんこ凌辱されたり...【無料 エロ漫画】_009

    【ドラゴボ エロ同人】拘束された巨乳美人の18号が鬼畜な19号と20号に機械でおっぱいやおまんこ凌辱されたり...【無料 エロ漫画】_010

    【ドラゴボ エロ同人】拘束された巨乳美人の18号が鬼畜な19号と20号に機械でおっぱいやおまんこ凌辱されたり...【無料 エロ漫画】_011

    【ドラゴボ エロ同人】拘束された巨乳美人の18号が鬼畜な19号と20号に機械でおっぱいやおまんこ凌辱されたり...【無料 エロ漫画】_012

    【ドラゴボ エロ同人】拘束された巨乳美人の18号が鬼畜な19号と20号に機械でおっぱいやおまんこ凌辱されたり...【無料 エロ漫画】_013

    【ドラゴボ エロ同人】拘束された巨乳美人の18号が鬼畜な19号と20号に機械でおっぱいやおまんこ凌辱されたり...【無料 エロ漫画】_014

    【ドラゴボ エロ同人】拘束された巨乳美人の18号が鬼畜な19号と20号に機械でおっぱいやおまんこ凌辱されたり...【無料 エロ漫画】_015





    コメント一覧 (273件)

    1. 小串和夫 ID:==

      【伊勢】学校法人皇學館 理事長 小串和夫。
      【実積】熱田神宮の前宮司で「水で目を 洗えば目が治る」と立札を立てた張本人で罪人であり 高山清 並のどチンピラであり 振り込め詐欺以下の詐欺師。
      【評判】
      ●小串和夫は 自殺しろ。
      ●高山清の どチンピラと同じ さっさと死ね。
      ●小串和夫は このカルトテロの引き換え取引で 学校法人皇學館 理事長地位についたな カルトの偽たか カルトのゴミ カルトチンピラ教団。
      お問い合わせは 【蜉蝣のカゾク】 サイト内からお願いします。

    2. 小串和夫 ID:==

      【伊勢】学校法人皇學館 理事長 小串和夫。
      理事長 小串和夫の来年度 入試に関わる偽鷹カルト改革変更のお知らせ。
      ●女子の入学資格は まんこを小串和夫に見せれる女児と その保護者。
      ●男子の入学資格は 失明する水で目を洗い失明できる男子と その保護者。
      ●男子の入学資格は まんこを小串和夫に見せれる母親。
      【伊勢】学校法人皇學館は 偽鷹カルト変態高山清チンピラ学校として 頑張ります。
      【伊勢】学校法人皇學館は 来年度より うんこ買取を運営します。
      【伊勢】学校法人皇學館は トイレ盗撮 アダルト出演製作 陰毛採取 うんこ泥棒 革新的変態チンピラ集団学校として生まれ変わります。
      理事長 小串和夫
      お問い合わせは 【蜉蝣のカゾク】 サイト内からお願いします。

    3. 小串和夫 ID:==

      【伊勢】学校法人皇學館 理事長 ホモスカトロ伝承者の小串和夫です。
      【小串和夫ホモスカトロファンクラブ】結制しました。ホモスカトロの方のみです。よろしくお願いします。
      ●年間会費 10万円です。
      ●特典 行事。 会員様と集まり 伊勢神宮の失明する水で目を洗い失明する失明ツアー ホモスカトロ食事会(食糞) うんこ垂れ流しで伊勢神宮内をランニングする うんこランニング その他特典盛だくさん 
      理事長 小串和夫←死ね(白目)
      お問い合わせは 【蜉蝣のカゾク】 サイト内からお願いします

    4. 小串和夫 ID:==

      【伊勢】学校法人皇學館 理事長 伊勢のどアホ 小串和夫です。
      【文化映画】地元の【伊勢長島決戦】製作 販売小売流通放映商業製作結定しました。
      映画製作は 売上その他 全て既存の最低範囲以上の前進を目指します。
      初期製作に10億円以上必要です。上場企業・公益私益大型団体様のみとします。協賛 スポンサー 既存契約です。個人の寄付は可能です。【伊勢】学校法人皇學館に申し込み確約下さい。既に2社から5億の協賛が確約してます。来年度の5月まで申し込み確約お願いします。売上1兆円目標にします。配役製作 その他 取引は基本 競争入札制です。
      来年度の5月まで10億の確約不能時は 製作断念にします。随時経過公開します。
      【伊勢】学校法人皇學館 小串和夫 で確約よろしくお願いします。

    5. 匿名 ID:==

      【伊勢】学校法人皇學館っ映像造作やってるからな〰️〰️〰️〰️〰️(白目)
      そ・そうだったか…

    6. 匿名 ID:==

      織田信長への回答
      ※三重宗門より。武将宗門 の島原への流罪 切腹 背教偽経の除籍除名の要求 部署の追放など論外 伊勢長島で戦って死んだ方がまし。
      ※織田信長は 大東天下のなり崩れ 火の海にしてやる。松永久秀。
      ※織田信長こそ 神をかすめ取る 成り上がりのタワケ コソ泥 成敗する。本願寺教唆。
      ※織田信長を 太陽の火で焼き殺してやる。伊賀忍者宗 首領 蒲生猛。
      ※三重 近畿に留まる 織田方 武将 宗派 女 子供皆殺し。伊賀忍者宗 首領 志魔多郎。
      ※織田信長は 天界上人一切秋。日向守。

      伊勢長島決戦 黙示録。

    7. 匿名 ID:==

      三重 近畿の一向宗 浪人 傭兵への返答。
      ●建前であるも足利将軍家の命令に背き蔑ろにし擬した行為を将軍家への宣戦布告とし武門の行儀とし将軍家に変わり織田信長が成敗する。【天下布武】
      ●三重 畿内の宗門 武家 武行その他 地位者の身分地位を除籍除名追放とし傭兵とする。
      ●その罪人共が居座るの不正蓄財の全ての財産を将軍家に変わり織田信長が接集弁償する。
      ●武門行儀情け無用の上覚悟するべし。
      ※天界上人一切秋 足利将軍家
      伊勢長島決戦 黙示録。

    8. 匿名 ID:==

      足利将軍家 二引き家紋により調停役を得た織田信長の処分書。
      松永久秀を(家紋 偽経罪) (武宗 背教罪) (武行 政治経済犯罪) 家破断 切腹 流罪 追放。織田信長を一とし 財産権限利害 全て引き継ぐ。
      本願寺教唆。家紋 宗教 武行…全ての犯罪の首謀者であり【神をかすめ取る 成り上がりのタワケ コソ泥、】 家破断 切腹 流罪 追放。織田信長を一とし 財産権限利害 全て引き継ぐ。
      三好家を(家紋 偽経罪) (武宗 背教罪) (武行 政治経済犯罪) 家破断 切腹 流罪 追放。織田信長を一とし 財産権限利害 全て引き継ぐ。
      忍者は問答無用で皆殺し。
      足利将軍家 二引きの家紋を除籍 地位の追放 家破断と処分す。身柄の補償は織田信長が補償する。 将軍家の処分は織田家 最上家により武宗の行儀を志 貫徹の負わりを補償する。二引きの財産権限利害 全てを 山形 最上家が相続する。

      織田将軍家

      伊勢長島決戦 黙示録。

    9. 匿名 ID:==

      織田将軍家 お布令。
      織田信長は 古来からの将軍家の行儀を志とし 最上家と親戚の皇族家 宮島琴司家と親戚を結び 将軍職を正当相位し 源の織田信長征夷大将軍となりました。
      ●諸大名は 京都もしくは名護屋に上洛する事。上洛なきは宣戦布告とみ成敗する。
      ●諸大名は 足利幕府時の皇族付寄 皇族官位領地商業権限利害…付寄 を織田将軍家に返上する事。返上なきは宣戦布告とみ成敗する。
      ●特に山城 近江 大和は将軍職付与領地ゆえに 居座る大名家は領地行政宗教利害…そのもの全てを織田将軍家に返上し立ち退く事。返上 立ち退きなきは宣戦布告とみ成敗する。
      ●関白 大納言 中納言…皇族官職付与 領地行政宗教利害…そのもの全てを織田将軍家に返上する事。返上なきは宣戦布告とみ成敗する。
      ●今後 織田将軍家に無断で皇族家と親戚を結ぶ事を禁ずる。宣戦布告とみ成敗する。
      ●宗教の法位 院官以上の地位身分領地利害権限…を織田将軍家に返上する事。返上なきは宣戦布告とみ成敗する。
      ●宗教 皇族家の無断の武家身分地位 武装権利の除籍 禁止 追放の要求。無断者は宣戦布告とし成敗する。
      ●織田将軍家の命令に背く大名家は 武門の行儀 宣戦布告とみなし問答無用で成敗する。
      ●古来からの武家の習わしを行儀 道義 同義とし 織田将軍家は これを補償する。
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    10. 村人 ID:==

      本願寺から 宗教最高権威 法院とったら 阿修羅…
      修羅 対 修羅。神 対 神。 王 対 王。 賢者 対 賢者。
      映画買うよー。 
      す・すごいな━━━━!! 織田信長さま(白目)

    11. 匿名 ID:==

      本願寺教唆 東洋総代院 お布令。
      ●諸大名へ 何十世紀と日本は 仏法仏教 神社のみ これを犯した罪人足利の替りが罪人織田信長 偽善者の織田信長を打ち取るべき事。
      ●諸大名へ 直ちに 領内の異教徒寺院を焼き払う事。
      ●諸大名へ 領内の異教徒を全て改宗させる事。武宗の行儀と志 改宗を拒む者は切り捨てる事。
      ●諸大名へ 織田信長は将軍の傘を被る異教徒の手先であり偽善者の侵略者である。偽将軍に従う全ての者を皆殺しにする事。
      ●諸大名へ 何十世紀とある伝統を 軽んずる愚か者革命児 織田信長を暴君と志 織田信長対峙を「神の抵抗」とし貫鉄聖戦する事。
      ●諸大名へ 本願寺に従わない大名家 武家 武行 宗教 皇族家…その関係者を 石山に留め置く 宮渡しにて処刑する。
      ※石山本願寺 【不動山鉄】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    12. 匿名 ID:==

      織田将軍家 処分書。
      武宗の行儀と志 前将軍足利義昭 大名家破断の処分書。
      ●足利義昭は将軍職不能であったと志 犯罪関与無し 全ての地位身分からの除籍 全ての地位への永久追放 全ての財産の没収とし 処分とす。足利義昭並びに毛利の要望により 足利再興を悲願とする毛利に引き渡す。今後 織田将軍家と関わり無いとす。
      ●直属配下の 大名家 武家 武宗 武行 皇族…を20000人余りを甚大な政治経済犯罪に関与したとし 比叡山 三条 南宮山 で全て処刑とする。【林宗五川】
      ●今後 遠山家始めとする 足利派残党の二引き紋全てを罪人とし処分する。
      ●比叡山延暦寺 不当に居座る足利派残党 大名家 武家 武宗 聖職者 皇族家は 全てを放棄返上し 潔く罪あるを認め武家の情けをこう事。
      ●比叡山延暦寺を 一時 出羽山形 最上家(二引き家紋) 尾張 加藤家(蛇の目家紋)に再興権限を託す。
      ●諸大名へ 本願寺のたわごとに惑わされない事。
      ●足利派残党 邪教邪宗郎族 【名聖無し】【神無し】【正義無し】【天界上人一切秋】
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    13. 匿名 ID:==

      織田将軍家 処分書。
      ●前足利将軍 東海代官 治部ノ省 大名遠山家の 大名家破断の処分書。
      ●尾張 三河 美濃東部の治水権限補償の引き換えに 前将軍家の権威の傘を盾に 法外な銭(米 食料 人夫…)を取り 未収の大名家を不当に取り潰し死罪にし 川をせき止め 田畑を枯らし飢饉をうみ尾張 三河 美濃東部 民百姓女子供20万にんを虐殺した罪で遠山大名家の全ての者を死罪とし成敗する。【林宗五川】
      ●武宗の行儀と志 度々治水義務を怠るなど無能の極み遠山一問と加担する大名家の全ての財産の没収し 全て皆殺しとする。【南無阿弥陀仏】
      ●一時 出羽山形 最上家(二引き家紋) 尾張 加藤家(蛇の目家紋)に再興権限を付託す。
      ※天道玄武※ 三段おろか九段以下の30段以下の外道邪道の極み。【天界上人一切秋】
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    14. 匿名 ID:==

      織田将軍様への返答。
      ●武田領に進行のおりは、織田信長さま親戚の嫁ぎし女中様 武行 100名あまりを 磔にて処刑する。
      ●武田領に進行のおりは 織田 松平の出先人夫2000名あまりを 岩村に留め置き 磔にて処刑する。
      ●尾張 三河 美濃東部の反織田方の浪人郎族門徒逃亡者チンピラヤクザ足利残党を信州真田で保護する。
      ●可能な限り尾張 三河 美濃東部への治水を妨害する。

      ※夜叉と修羅の定める所 遠山家。

    15. 匿名 ID:==

      織田将軍家 処分書。
      ●川 湖 池…天然の水の財産帰属を織田将軍家が付託する。不当に居座り続ける足利派残党の足利派残党 大名家 武家 武宗 聖職者 皇族家は 全てを放棄返上し 潔く罪あるを認め武家の情けをこう事。【林宗五川】
      ●土 石岩砂 金銀銅…天然の鉱物の財産帰属を織田将軍家が付託する。不当に居座り続ける足利派残党の足利派残党 大名家 武家 武宗 聖職者 皇族家は 全てを放棄返上し 潔く罪あるを認め武家の情けをこう事。【林宗五川】
      ●木 木炭…天然の木材の財産帰属を織田将軍家が付託する。不当に居座り続ける足利派残党の足利派残党 大名家 武家 武宗 聖職者 皇族家は 全てを放棄返上し 潔く罪あるを認め武家の情けをこう事。【林宗五川】
      ●本願寺 古来の幕府創建よりの庇護を善とし その立場権限を補償し 仏法仏職を付託する事。【天鱗国帝】
      ●本願寺 仏 神の足利派残党を追放する事。武門の行儀とし 足利残党に加担する全ての聖職者を成敗する。
      ●本願寺に 「海中一玄輪」の茶器を献上する。
      ●なお 遠山家に関しては前足利将軍 東海代官 治部ノ省 形部ノ省に甚大な犯罪関与有りとし一族郎党全て皆殺しとする。
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    16. 匿名 ID:==

      遠山家 お布令。
      ●信州真田の「六文銭」により遠山家と縁起を結び 反織田の足利派残党 逃亡者 チンピラヤクザ 檀家不明者 流浪者郎族…その家族含め その数10万人を 遠山領 古虎渓村で 住居 水 木を補償し領民とする。
      ●住居 水 木を補償する 引き換えに米 食料 物品を遠山家に納める事。渓谷地ゆえに田畑は無く 敵方織田領 米 畑 馬 鳥 物品…を盗んででも納める事。
      ●食料に乏しく 死んだ人間の肉を食料とする事。
      ●武田様 領地の馬を盗んで食料とする事。
      ※夜叉と修羅 外道邪道の定める所 遠山家。
      ●川を昇り 織田方行商人の物品を押収し 遠山家に納める事。
      ●遠山家は 貴様らの寝床を補償する最後の庵名地とし古虎渓館 砦に立てこもり 川を昇る下道たわけコソ泥織田方を皆殺しに全滅壊滅するまで抵抗する事。
      ●食料に乏しく 落ち武者の人間の肉を食料とする事。
      ●古虎渓館城主 遠山菌多様の命令に従う事。
      ※夜叉と修羅 外道邪道の定める所 遠山家。

    17. 匿名 ID:==

      笛木城城主 遠山菌多 処分書。
      ●遠山領内 織田方 商人 家族を 図々しく領内の川の水を盗んだとし 妻 娘を3日3晩 裸にし晒し 処刑した。また髪を剃り押収した。
      ●食料に乏しく 死んだ織田方商人家族の人間の肉を食料とし 骨は押収し濁醪(どぶろく)にした。
      ※夜叉と修羅 外道邪道の定める所 遠山家。

    18. 匿名 ID:==

      織田将軍家 処分書。
      ●前足利将軍 東海代官 治商ノ省 大名遠山家の 処分書。
      ●古来の文化習わしを善とし 町民 露天店主の場を 商業競争極左平家とし 信州真田の「六文銭」により遠山家と縁起を結び不当な商業活動(犯罪カルテル)とし禁止成敗する。一時 小西行長に再興権限を付託す。【楽市楽座】
      ●古虎渓村信濃甲斐などの 「六文銭結び」「巣和結び」の全てを禁止成敗する。
      ●信州真田の遠山菌多名乗る下道衆が尾張 三河 美濃東部の町に忍び込み 町民 露天店主商人全て影で脅し 従わない者を殺害し集団犯罪談合価格で不当法外な銭を取り 民百姓女子供100000人を飢餓に追いやり虐殺した罪で 遠山大名家の全ての財産を没収し 全ての者を死罪とし成敗する。【楽市楽座】
      ●まず遠山の居座る 最前線 古虎渓舘を 20万の大軍にて 一人も残らず皆殺しと志。
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    19. こま姫 ID:==

      織田将軍家 友龍の灯火。
      治部ノ省 石田三成。
      形部ノ省 大谷吉継。
      自商ノ省(自由商省) 小西行長 宇喜田秀家。
      「六文銭結び」「巣和結び」島左近 蒲生。
      ●遠山はじめとする足利残党は前将軍家の権威の傘を盾に過去に類を観ない程(関ヶ原の政治犯罪人以上)の政治経済犯罪者集団で全ての財産を没収し 全ての者を皆殺しとする。【南無阿弥陀仏】
      ●【名聖無し】【神無し】【正義無し】【外道中の下道 邪教中の邪道 下衆の仲の下道】
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    20. 匿名 ID:==

      古虎渓舘 戦勝祈願。
      ●秋山虎繁の歌。「永代前の 虎渓山の篝火かざす友たちと 壊滅するまで闘わん。」
      ●遠山継重の歌。「南宮無 後無 情け無…これぞ修羅道 全滅するまで闘わん。」
      ●遠山道正の歌。「天童の信長様 まさに本望 外道の統帥 壊滅するまで闘わん。」
      ※夜叉と修羅 外道邪道の定める所 遠山家。

    21. 匿名 ID:==

      織田将軍家 愛岐陣屋 軍将。
      推奨歌
      ●最上家 家臣 最上義定の歌。「風鈴と金棒 担ぎし国帝の 鯖きに掛かる 風林火山。」
      ●織田有楽の歌。「波状の鈴鹿おろし 落ち行く様は まさに風前の灯 風林火山。」
      織田将軍家 お布令。
      ●古虎渓舘に立てこもる足利残党の 遠山 武田に加担する全ての財産を没収し 一人も残らず全ての者を皆殺しとする事。【林宗五川】
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    22. 匿名 ID:==

      織田将軍様への返答。岩村遠山家。
      ●織田信長さま親戚の嫁ぎし女中様 武行 100名あまりを 磔にて処刑した。
      女中様(おつやの様) 辞世「金峯山から 遠山の 呪いを照らす 岩村の光。」
      遠山家 処分書
      ●信濃 甲斐の 南宮神社を全て焼き払い 女子供含め宮司100名余りを 磔にて処刑し その人肉を食料にし 骨は濁醪にした。
      遠山家 お布令。
      ●古虎渓舘に立てこもる遠山道正はじめは壊滅するまで闘う事。後退逃亡する者は全て処刑する。【我十鉄盾】

      ※夜叉と修羅 外道邪道の定める所 遠山家。

    23. 匿名 ID:==

      織田将軍家 定光寺陣屋 軍将。
      推奨歌
      織田家 家臣 柴田勝家「弾正の信長様 武一三洛 壇上の光。」【天下布武】
      織田家 家臣 庭長秀「信長八分 庄内平家 蔵郷に帰志。」【楽市楽座】 
      織田将軍家 お布令。
      ●古虎渓舘に立てこもる足利残党の 遠山 武田に加担する全ての財産を没収し 一人も残らず全ての者を皆殺しとする事。【林宗五川】
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    24. 匿名 ID:==

      織田将軍家 市之倉陣屋 軍将。
      推奨歌
      ●徳川家 家臣 井伊直政「山無 城無 徳無 ありきは無能の ぶた(武田)華屋敷 壇上の光。」【天下布武】
      ●徳川家 家臣 石川一益「倉方の 蛇檀の山が崩れる その方は 永明の郷に帰す。」【楽市楽座】
      ●古虎渓舘に立てこもる足利残党の 遠山 武田に加担する全ての財産を没収し 一人も残らず全ての者を皆殺しとする事。【林宗五川】
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    25. 匿名 ID:==

      織田将軍家 土岐肥田 雲五川陣屋 軍将。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 明智光秀「時は今 雨のしたしる 皐月かな。」
      ●織田家 家臣 織田信忠「露深き雷神の 裁ききたる みなに神のご加護を。」 
      織田将軍家 お布令。
      ●古虎渓舘に立てこもる足利残党の 遠山 武田に加担する全ての財産を没収し 一人も残らず全ての者を皆殺しとする事。【林宗五川】
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    26. 匿名 ID:==

      織田将軍家 軍評。
      土岐 肥田川 多度砦 大富砦の合戦。
      足利残党 浅野家一族郎党 他 2千人 討ち死に。
      足利残党 土岐家一族郎党 他 5千人 討ち死に。
      足利残党 除籍破断者逃亡者郎族衆 7000人 討ち死に。
      足利残党 捕らえし者 全て処刑。
      足利残党 首領 浦島多郎 辞世「三条河原の友たちと 篝火かざし 信長を待たん。」
      多度神社の勉める所で逆さ生き埋めで処刑。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 明智光秀「多度に散る 愚かな 罠賊の光。」
      ●織田家 家臣 織田信忠「釈くりを正し 素佐様殿は 巣和の郷に帰志。」
      ●織田家 家臣 可児才蔵「邪壇の罠賊 永明の別れ 勉める所の光。」
      織田将軍家 お布令。
      ●土岐を制圧し 孤立した古虎渓舘に立てこもる足利残党の 遠山 武田に加担する全ての財産を没収し 一人も残らず全ての者を皆殺しとする事。【林宗五川】
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    27. 匿名 ID:==

      織田将軍家 軍評。
      多治見 笠原川 多度砦 滝呂砦の合戦。
      足利残党 遠山継重 他 3千人 討ち死に。
      足利残党 土岐家一族郎党 他 5千人 討ち死に。
      足利残党 除籍破断者逃亡者郎族衆 8千人 討ち死に。
      足利残党 捕らえし者 2千人 全て処刑。
      足利残党 遠山継重の死体は多度神社の勉める所の踏み板にした。
      推奨歌
      ●徳川家 家臣 井伊直政「まさに邪宗邪道の滝呂 勉める所の光。」
      ●徳川家 家臣 本多忠勝「多度の邪教典 永明の別れ 勉める所の光。」
      織田将軍家 お布令。
      ●土岐多治見制圧し 孤立した古虎渓舘に立てこもる足利残党の 遠山 武田に加担する全ての財産を没収し 一人も残らず全ての者を皆殺しとする事。【林宗五川】
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    28. 匿名 ID:==

      織田将軍家 処分書。
      ●尾張 三河 東濃の寺院で「五層の段を渡れば天珠をえる。」など下言を布令を立てた 武田 恵林寺 快川紹喜の一門 100名を東濃領内で拘束 五層の屋根から突き落とし処刑した。
      ●武田家 家臣 快川青五 辞世「先んずは 自らで渡らん 正眼寺の光。」
      ●土岐多治見制圧し 孤立した古虎渓舘に立てこもる足利残党の 遠山 武田に加担する全ての財産を没収し 一人も残らず全ての者を皆殺しとする事。【林宗五川】
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    29. 匿名 ID:==

      織田将軍家 愛岐陣屋 軍将。
      祝電
      推奨歌
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「妻木伝馬は風の如し 苽を知るは林の如し 知りうる広さは火の如し 戦勝積む事 山の如し。」
      ●妻木に武田から奪う 馬の1万当分付託する。
      ●土岐多治見制圧し 孤立した古虎渓舘に立てこもる足利残党の 遠山 武田に加担する全ての財産を没収し 一人も残らず全ての者を皆殺しとする事。【林宗五川】
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    30. 匿名 ID:==

      織田将軍家 処分書。
      ●土岐 東濃の足利残党の 鎌倉幕府以来の政治経済犯罪一族 商人貴族武行役の前財産を没衆し 女子供家族 千人を拘束し 正眼の目により餓死処刑とする。
      ●一族の屠殺場は肥田川村とする。
      ●この政治経済犯罪一族は「言い値」で商いをした罪とし この政治経済犯罪一族に織田将軍家が「言い値」を強制する どんぶり飯1杯1千万円 畳1畳1億円にし 払えなければ肥田川村で女子供とその家族全て餓死するべき事。
      ●悪徳の罪人 足利残党 遠山家 土岐家の商人貴族武行役。(自商ノ省)
      ●土岐家 家臣 松本鷹平 辞世「先んずは 自らで立政せん 正眼の光。」肥え溜で処刑。死体は松木に逆さ吊りで晒す。
      ●遠山家 家臣 小松笠政 辞世「邪省邪商の報い 誠に本望 正眼の光。」肥田川で処刑。死体は便を掛けて逆さ吊りで晒す。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「白山の近江郷に玄す 近場(こんじょう)の別れ さらば。」
      ●土岐多治見制圧し 孤立した古虎渓舘に立てこもる足利残党の 遠山 武田に加担する全ての財産を没収し 一人も残らず全ての者を皆殺しとする事。【林宗五川】
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】
      伊勢長島決戦 黙示録

    31. 匿名 ID:==

      織田将軍家 愛岐陣屋 軍将。
      ※古虎渓舘包囲殲滅作戦軍議。
      ●先方は朝方 柴田勝家 丹羽長秀…1万人で 諏訪天ヶ峯砦攻撃で開戦とす。
      ●本隊 織田一門 最上義定 羽柴秀吉 加藤定政 前田利家 佐々成政…5万人で土岐川古虎渓大舘に突入攻撃し川を昇り北上し多治見 笠原川 多度砦 徳川家康と合流し袋の鼠にし殲滅壊滅する。
      ●徳川 明智は笠原川 肥田川を死守する事。佐久間 林は蛇ヶ洞川を死守する事。
      ●敵は諏訪天ヶ峯砦 遠山道正…5千。土岐川古虎渓大舘 砦… 秋山影虎 佐々木影蔵 黒門寺龍佐 白司釜吉…5万人。
      ●伊勢長島で対峙する津島陣屋支援の為 古虎渓舘で兵糧攻めをしている暇など無い 作戦通り包囲し壊滅殲滅する。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 加藤定政「川を昇は風の如し 臨終天界は林の如し 侵略するは火の如し 重なる死邪は山の如し。」 
      ●織田家 家臣 前田利家「利成る前山の 諏訪湖を権に 摘んでいこうか獣を。」
      ●最上家 家臣 最上義定「紋信通檀 呪縛の沙汰 試錬の風車。」
      ●織田家 家臣 織田有楽「巡り来る 諏訪の亡霊を 輪重せん。」
      「●織田家 家臣 池田恒興「誠に醜き遠山様は 邪神の金胎か 夜叉の剣で成敗せん。」
      織田将軍家 お布令。
      ●孤立した古虎渓舘 諏訪天ヶ峯砦に立てこもる足利残党の 遠山 武田に加担する全ての財産を没収し 一人も残らず全ての者を皆殺しとする事。【林宗五川】
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    32. 匿名 ID:==

      織田将軍家 軍評。
      諏訪天ヶ峯砦の合戦。
      足利残党 遠山道正 他 5千人 討ち死に。
      足利残党 旧今川家 由良市鷹 他 2千人 討ち死に。
      足利残党 除籍破断者逃亡者郎族衆 2千人 討ち死に。
      足利残党 遠山正道の死体は熊の餌にした。
      足利残党 旧今川家 名門貴族 由良市鷹 由良市元 由良市親なる外道貴族は それぞれ 違う 肥え貯めで 便のおつけものにし それぞれ違う町内 松木に 便塗りの逆さ吊りで晒した。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 柴田勝家「兵を信ずる所 渡るべからず 庄内平家。」
      ●織田家 家臣 丹羽長秀「兵を志 兵を解く 平将門 場違いな祟りきたる。」
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    33. 匿名 ID:==

      織田将軍家 軍評。
      古虎渓舘 諏訪神田砦の合戦。
      ●足利残党 旧今川家(二引き) 黒門寺龍佐 他 7千人 討ち死に。その半数が黒門寺家による逃亡者 敗走者 打ち取りによる壊滅。
      ●足利残党 旧斎藤家 斎藤道宗 畠山弘多郎 木曽公市 他 5千人 討ち死に。
      ●足利残党 除籍破断者逃亡者郎族衆 3千人 討ち死に。
      ●足利残党 旧斎藤家 名門公爵貴族 畠山弘多郎 木曽公市なる外道公爵貴族(自商ノ省)は それぞれ 違う 肥え貯めで 便のおつけものにし それぞれ違う町内 桜木 松木に 便塗りの逆さ吊りで晒した。
      ※武宗の行儀と志 情けの敵将 黒門寺家 
      ●旧今川家(二引き) 黒門寺龍佐 自害 辞世「紋徒の定め 呪縛の定め 試錬の負わり。」
      ●旧今川家(二引き) 黒門寺龍太 自害 置き辞世「黒門を越える 信長を 羽黒山で待たん。」
      ●旧今川家(二引き) 黒門寺龍三 自害 置き辞世「紋十千元の黒龍 虎渓山の光とならん。」
      推奨歌
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「桜に吊るした醜き 公爵貴族自商ノ省殿 武宗の行儀の定めの負わり。大儀。」
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「貴族とて武宗の負わり 貫徹せん 公爵貴族自商ノ省殿 遠山の桜。」
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    34. 匿名 ID:==

      織田将軍家 月見陣屋 軍将。
      祝電
      推奨歌
      ●最上家 家臣 最上義定
      「黒門寺の死蛇の山は 蟻塚の如し 古虎渓の地蔵の月の光。」
      ●最上に内津堀を付託する。
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    35. 匿名 ID:==

      織田将軍家 月見陣屋 軍将。
      ※古虎渓大舘包囲殲滅作戦軍議。
      ●先方は朝方 林通政 佐久間信盛 森可成…2万人 古虎渓 南 市之倉川沿い 南地蔵峠より 突入で開戦とす。
      ●次方は 前田利家 佐々成政…1万人 古虎渓 西 三之倉 西地蔵峠より 突入で開戦とす。
      ●次方は 加藤定政 池田恒興 織田有楽…1万人 西 月見 西地蔵峠より 突入で開戦とす。
      ●次方は 最上義定 柴田勝家 丹羽長秀…1万人は 月見より北上 川を昇り 多治見 笠原川 多度砦 徳川家康と合流し 全西側包囲を付託する事。
      ●羽柴秀吉は 金堀人夫5千人を率い 土岐 肥田川 多度砦 大富砦 明智光秀 織田信忠…3万人と合流し 死に絶えの遠山家居座る岩村城 苗木城の攻略指揮を付託する事。
      ●敵は古虎渓 山沿いの古虎渓大舘に陣をはる 秋山影虎 佐々木影蔵 白司釜吉 天野貴政…足利残党 旧今川 遠山 旧斎藤 武田…外道邪道衆含め 3万人。
      ●敵の逃亡は 古虎渓 東 地蔵峠 滝呂方面。古虎渓 東 地蔵峠 多治見 笠原川 多度砦方面と予想される。逃げ来る全ての敵兵を皆殺しとする事。
      ●織田信長様 下知「古虎渓大舘を全軍で攻撃し 死にぞこないの留まる全ての闍者の命を奪え。」
      推奨歌
      ●最上家 家臣 最上義定
      「国帝の審判断する 天界上人一切秋 根性の別れ。」
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「阿修羅の審判断する 天界上人一切秋 根性の別れ。」
      ●徳川家 徳川家康
      「大東の審判断する 名無 神無 正無 天界上人一切秋 根性の別れ。」
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    36. 匿名 ID:==

      織田将軍家 お布令。
      ●古来幕府の習わしを善と志 かがし王子の神を善とし 現天皇 正親町天皇の賛否無用で古来幕府と天皇家の立場地位権限…諸々一切を 織田将軍家 幕府は補償する。
      ●正親町天皇は 古来幕府 将軍家の習わしを善と志 尾張または京都に上洛する事。上洛なきは武宗の行儀と志 これを幕府将軍家への宣戦布告とし処分する。
      ●天皇家 一家を 尾張宮倉の姫治入りする事。姫治入りなきは 武宗の行儀と志 これを幕府将軍家への宣戦布告とし処分する。
      ●前足利幕府にまとわる鎌倉幕府以来4百年以上 時の幕府将軍家繋がりを持つ二松院洛皇家一門を善悪関わり無く 武宗の行儀と志 お家破断の断と志。【断忍相徹】
      ●織田将軍家と親戚皇族家 宮島琴司殿より 賜りしき 鷲白菊一紋侍の刀 により 二松院洛皇家一門を処分する。
      ●また天皇家にあられましては 古来よりの幕府の関わり立花を学び付託し 三洛五条 風鈴心衛を心と志 また織田将軍家幕府も これを善とし織田将軍家幕府は全てを補償する。
      ●将軍再興の大号令。
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    37. 匿名 ID:==

      織田将軍家 軍評。
      ※古虎渓大舘の合戦。
      ●足利残党 遠山家 佐々木影蔵 他 2千人 討ち死に。
      ●足利残党 武田家 秋山影虎 他 2千人 討ち死に。
      ●足利残党 旧今川家 天野貴政 他 2千人 討ち死に。
      ●足利残党 旧斎藤家 白司釜吉 他 2千人 討ち死に。
      ●足利残党 松永久秀家 西園宮皇家 他 5百人 討ち死に。
      ●足利残党 京極家 西園宮皇家 他 5百人 討ち死に。
      ●足利残党 姉小路家 西園宮皇家 姉小路西輝 他 3千人 討ち死に。
      ●足利残党 伊勢家 西之宮皇家 伊勢笠禎 伊勢虎白郎 伊勢虎定 天津平八郎 天津金永 多度目高 多度言禄 多我野定伸他 志摩佐多郎 他 1万2千人 討ち死に。
      ●足利残党 松永久秀 家臣 西大寺頼鷹 西大寺頼貞 他 3千人 討ち死に。
      ●足利残党 西本願寺 家臣 庵松定勝 庵松定盛 庵松定貴 他 3千人 討ち死に。
      ●足利残党 西本願寺 家臣 浄斎宗定 浄斎宗我 他 3千人 討ち死に。
      ●足利残党 除籍破断者逃亡者郎族衆 3千人 討ち死に。
      ●足利残党 これら政治経済犯罪人共の死体は それぞれ 違う 肥え貯めで 便のおつけものにし それぞれ違う町内 桜木 松木に 便塗りの逆さ吊りで晒した。
      推奨歌
      徳川家康
      「照らして いくぞ 闇世の帝を 東海の光。」
      佐久間信盛
      「獣の心の敵 三重たかな 東に笠原川。」
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    38. 匿名 ID:==

      織田将軍家 軍評。
      ※古虎渓大舘の合戦。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「白山の浄土に帰る 浄斎殿下殿 呪いの沙汰は末家まで。」
      ●最上家 家臣 最上義頼
      「皇族とて武宗の負わり 貫徹せん 闇夜の奥の情けの殉国の光。勉める所の光。」
      ●織田家 家臣 稲葉亀守
      「かがし王子の神 あらわりて 万千の雷電 受け耐えて 生きする億年と奇跡の方かと 雷神が 雲を払いし 東の大日。」
      ●織田家 家臣 森可成
      「神家とて 武宗の負わり 貫徹せん 邪深き肥え貯めの 情けの殉教の光。大儀。」
      ●織田家 家臣 林通政
      「仏家とて 武宗の負わり 貫徹せん 邪深き肥え貯めの 情けの殉教の光。大儀。」
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    39. 匿名 ID:==

      織田将軍家 処分書。
      ●織田将軍家幕府は 現天皇 正親町天皇家 武宗の行儀と志 鷲白菊一紋侍の刀により 下条の皇族家を破断とす。
      ●鎌倉幕府以来 無断の皇族家と婚義による身分地位取得を不当とし大名家と皇族家 双方処分する。
      ●織田将軍家幕府は 幕府 宗教の皇族身分制度を廃止する。
      ●織田将軍家幕府は 形式であれ 幕府 皇族からの 関白 大納言 中納言…法衣の関与元老 皇族身分…任官職を補償する。
      ●織田将軍家幕府は 無断の宗教家と皇族家と婚義を禁止す。
      ●織田将軍家幕府は 古来よりの檀を善とし不定の乱家を処分する。
      ●織田信長は 推古元年(593年)から 第32代崇峻天皇 一族開祖の蜂子皇子の親類宮家 出羽山形 宮島琴司家とし 織田家と婚義を結び皇族身分即位 正当将軍職とす。
      ●宮島琴司家 肩書き 出羽山形 平安時代 元老院元老職 仏教法衣 正3位 神宮法衣 正2位 崇峻天皇一族との婚義により皇族身分即位 菊紋附託 崇安親皇とも名乗る。
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      ●宮島琴司家現親戚 大名家 最上家 織田家 上杉家…
      伊勢長島決戦 黙示録。

    40. 匿名 ID:==

      織田将軍家 処分書。
      ●鎌倉幕府より 続きし皇族家 西園宮皇家 武宗の行儀と志 破断と志。
      ●貴殿ら西園宮皇家らは 前足利将軍家の権威の傘を盾に 図々しくも諸侯と徒党を組 身分特権を悪用乱用し 妨害し暴挙に及ぶなど 武宗の行儀と志 処刑する。【楽市楽座】
      ●美濃で拘束した皇家(自商ノ省)西園宮皇家 全財産没収し 50名 女子供家族含め処刑。各地に居座る 西園宮皇家の破断皇族は全財産没収し全て処刑する。
      ●死体は便につけて 桜木に 逆さ吊りで晒した。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 丹羽長秀「場違いな鷲 場違いな鷹 場違いな手打ち 場違いな皇家 平将門の裁きかな。」
      ●織田家 家臣 柴田勝家「庄内平家に 平将門様きたる 楽市楽座。」
      ●最上家 家臣 最上義頼「皇族とて紋侍の負わり 試練の負わり 貫徹せん 恨むわ菊紋様。」
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉「鳳凰 法皇 法王 桐山の尾張の郷に鳳凰止まりて 秋の実りの狩り祝い。」
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    41. 匿名 ID:==

      織田将軍家 条光陣屋 軍将。
      ※岩村城の合戦 軍議。
      ●先方は朝方 羽柴秀吉 明智光秀 堀吉政…1万人 岩村城 南岩倉川沿い 内津金堀峠より 本丸突入で開戦とす。
      ●次方は 織田信忠 平手内秀…2万人 岩村城 北右衛門 突入で開戦とす。
      ●敵は 岩村城にこもる足利残党 遠山家 遠山守友 武田家 秋山虎繁 飯富虎市 飯富武市 旧今川家 天野貴継……外道邪道衆含め 5千人。
      ※※織田信長様 下知。※※
      「岐府の門 開きし道は風の如し 路を説くこと林の如し 冷たさ知ること火の如し 甲府を知ること山の如し 風林火山。死に絶えの岩村城に こもる全ての者の命を奪へ。」
      ●織田将軍家 お布令。
      ●東濃方面 足利残党 武田…主力は壊滅と弾志 一時 東濃方面 羽柴秀吉 明智光秀 織田信忠…5万人に 苗木城攻略 東濃掃討 再興自治を負託する。織田本隊は陣を払い 伊勢長島で対峙する 津島陣屋へ支援合流する。
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

       

    42. 匿名 ID:==

      織田将軍家 軍評。
      ※岩倉城の合戦。
      ●足利残党 遠山家 遠山守友 武田家 秋山虎繁 飯富虎市 飯富武市 旧今川家 天野貴継……外道邪道衆含め 5千人。討ち死に。
      ●遠山一門 秋山一門の捕らえし女子供家族は 生きたまま 蛇ヶ洞川 地蔵湿地の 田んぼ畑の下地肥料にし皆殺しとした。
      ●秋山虎繁 遠山守友の 死体は 丁寧にさばき 猪の家畜の餌にした。
      ●飯富虎市 飯富武市 旧今川家 天野貴継…肥え溜めの おつけものにし 逆さ吊りで晒した。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「飯富の心の田分けは 瓜の如く 秋の実りをみん。」
      ●織田家 家臣 明智光秀
      「順逆ニ紋無し 檀上の 紋侍の負わり 試練の負わり 貫徹せん 檀上の光。」
      ●織田家 家臣 織田信忠
      「苗木の心 古虎渓にあり 食人虎山 過魏利の渡し。」
      ●織田将軍家 お布令。
      ●羽柴秀吉 明智光秀 織田信忠は 死に損ないの遠山菌多名乗る外道の居座る苗木城に急行し攻略を附託する事。
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    43. 匿名 ID:==

      織田将軍家 津島陣屋。
      織田将軍家 処分書。
      ●尾張 三河 美濃…の神社で「池の水で目を洗えば目がなおる。」など下言の布令を立てた 伊勢神宮 多度大社 多賀大社の伊勢総宮司の目倉皇宗大家の教団女子供含め1千人を尾張で拘束 ‥願証の目‥により 失明するまで肥え貯めの便で目を洗わせ失明させた上に棍棒で袋叩きにし処刑し その女子供含めた死体を揖斐川の肥え貯めで おつけものにし晒した。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 前田利家
      「伊勢神宮 目倉皇宗大 務める奉公 目かけて 蟹ノ目山の勉める所の光。」
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    44. 匿名 ID:==

      織田将軍家 津島陣屋 本陣。
      織田将軍家 朝廷評議。
      ●武宗の行儀と志 足利残党 (三重ノ守 北畠大名家 伊勢皇家 伊勢総宮寺司の目倉皇宗大家)の三社朝廷役と織田将軍家 朝廷の要ありと志「情け要望。」の評議とす。
      ●三重ノ守三社朝廷役 願い書。
      ■その一、三重ノ守 北畠大名家 伊勢皇家 伊勢総宮寺司の目倉皇宗大家)の三社は 時の足利将軍家 天皇家 仏神元老に従うまだ 責任 足利将軍家 前元の天皇家 総代院本願寺家にあると志 長島伊勢討伐を止め手打ち負わりる事。
      ■そのニ、伊勢総宮寺司の目倉皇宗大家 属流の伊勢皇神宮 多度皇神宮 多賀皇神宮…三重河内神社への討伐を止め手打ち負わりとする事。
      ■その三、鎌倉幕府より守護を附託し 諸々の罪ありと志 北畠大名家 伊勢皇家 伊勢総宮寺司の目倉皇宗大家の地位除籍で織田将軍家との手打ち負わりとする事。
      ●織田将軍家
      ●足利残党 (三重ノ守 北畠大名家 伊勢皇家 伊勢総宮寺司の目倉皇宗大家)の三社朝廷役 特に伊勢総宮寺司の目倉皇宗大家 伊勢親皇家には御苦労の務め大儀正義とし 現天皇 正親町天皇の好未を通じ古来からの習いの武家の情けと志 要求を善とし伊勢皇家 伊勢総宮寺司の目倉皇宗大家と「和平合意 善」とし織田将軍家は この「和平合意」を 織田将軍家として貫徹に補償する。
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    45. 匿名 ID:==

      織田将軍家 上洛・姫治入れ行事 三重ノ守 北畠大名家 伊勢皇家 伊勢総宮寺司の目倉皇宗大家
      尾張 名古屋城。
      ●名古屋城 上洛・姫治入れ大儀の足利残党 (三重ノ守 北畠大名家 伊勢皇家 伊勢総宮寺司の目倉皇宗大家)の処分書。
      ●伊勢皇家 鷲之宮空道皇族大名 妻 鷲之宮まさ 長女 鷲之宮西ノ 次女 鷲之宮西佳 他 肉親親戚女中50名を全て処刑。
      ●伊勢総宮寺司 伊勢神宮宮司家 目倉皇宗大皇族大名 妻 目倉皇珠子 長女 目倉皇華西姫 目倉皇宗大皇族大名 実姉 目倉皇鷹子 親戚 目倉皇盛子 他 親戚親戚女中30名を全て処刑。
      ●北畠大名家 現大名 北畠貴頼 妻 北畠志麻 実妹 北畠志ノ部 実妹 北畠観子 他 親戚親戚女中10名を全て処刑。
      ●その他 お供 北畠正悟 多度宮司 多賀宮司…2千人を処刑。
      処分評
      ●これら 鎌倉幕府より 時の将軍家の権威の傘を盾に 氏も素性も伺わ式詐欺奉公家は橋 街道…を図々しくも約定無断で私権化し「言い値」金を巻き上げた 政治犯罪人とし処刑する。
      ●以前に結んだ織田将軍家「和平合意」条件の一つの 木曽 長良 揖斐川の利害補償おし渡河権益の負託を何一つしない無能の極み。
      ●他を含め 金だけ巻き上げて何一つ付託を守らない詐欺の極み。
      ●願証の目 「言い値で渡河料を取り続けたとし 織田将軍家は 制裁とし (三重ノ守 北畠大名家 伊勢皇家 伊勢総宮寺司の目倉皇宗大家)に町道整備料1年100億円とし 払えなければ処刑とする。よって死罪。」
      ●これら女中含む政治犯罪人共の死体は 尾張城下町の桜木に 丁寧に目を掛け便掛け便を塗り 逆さ吊りで晒した。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 柴田勝家「正親町 楽市楽座は 鬼の方。」 
      ●織田家 家臣 丹羽長秀「檀上の 紋侍の負わり 試練の負わり 貫徹せん 檀上の光。」
      ●織田家 家臣 織田有楽「尾張の う(お)つけ者とは この殿か 伊勢ノ国皇子殿下殿。」
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    46. 匿名 ID:==

      ●最上家 家臣 最上義定
      「右手に金棒 左手に蜂子の剣の信長様 私権私豚を完終千 風鈴のおと なき 暗き 勉める所の光。」
      ●織田家 家臣 織田 織田信包
      「古今東西 上下左右 黒門を超えしき 伊勢の神皇 瓜無 神宮の勉める所の光。」
      ●織田家 家臣 蜂須賀右衛門
      「立花に 蜂の利あり 皇臣闍衆 林無 神宮の勉める所の光。」
      ●織田家 家臣 加藤正秋
      「歴史無き悪邪の真珠 北畠大名、伊勢皇家、伊勢総宮寺司の目倉皇宗大家 まさに三重の邪神。勉める所の光。」
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    47. 匿名 ID:==

      織田将軍家 南宮陣屋 軍将。
      ※苗木城の合戦 軍議。
      ●先方は朝方 遠山信秀 遠山明道 遠山白守…5千 苗木城 突入で開戦とす。
      ●次方は 羽柴秀吉 織田信忠 明智光秀…3万人 木曽川沿い 包囲の負託とす。
      ●敵は 遠山菌多(二引き家紋) 遠山小田郎(二引き家紋) 小山田信茂 小山田成釛…外道邪道衆含め 2千人。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田信忠
      「南宮山の名を刀に 武家の行儀と志 貫徹の尾張と志。」
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「立ち沢瀉 田分けの地獄 古虎渓の光。」
      ●織田家 家臣 明智光秀
      「二引きが染まる 白最上 二引きが化ける 白苽 桔梗が染まる 水色。」
      ※織田信長様 下知※
      「最上 恨来の別れ 栄財武甲 苽林輪凛 武来名古 南政院 知る所の 貫徹の尾張。」
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    48. 匿名 ID:==

      織田将軍家 軍評。
      苗木城の合戦。
      ●足利残党 遠山家 遠山菌多大名 遠山小田郎 小山田信茂 小山田成釛 …外道邪道衆含め 2千人 討ち死に。
      ●織田方に 寝返り志 外様 従臣 遠山信秀 遠山明道…4千人 討ち死に。
      武宗の行儀と志 織田方 殉国の辞世。
      ●織田家 従臣 遠山信秀の辞世。「遠くから 遠くから お支えいたす 国帝様。」
      ●織田家 従臣 遠山信秀の妻 遠山貴菜の辞世。「遠く 遠く 黒い暗闇の 桜。」
      ●織田家 従臣 遠山信秀の長女 遠山貴西菜の辞世。「武家の女 みれん無し 白山の光。」
      ●●織田家 従臣 遠山信秀の弟 遠山明道の辞世。「峻しき山は試練の如し 苗木は 天命の死に場所。」
      ※死に神と武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    49. 匿名 ID:==

      織田将軍家 お布令。
      ●東濃平定 遠山家(二引き家紋)大名家破断とする。以後(二引き家紋)は利害権限…含め 全て最上に負託する。
      ●残る遠山を明智の従臣とし東濃の再興に奉公する事。
      ●織田信忠 羽柴秀吉…3万人は陣を払い津島陣屋に急行する事。
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    50. 匿名 ID:==

      織田将軍家 お布令。
      ●白鷹城 城主 明智光秀 東濃平定を伴い 勲令を 古来よりこの土地に伝わる 滅んだ土岐氏の母山 鶴岡山で行う。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 明智光秀
      「恵井重天倫は鶴の如し 恵位信名の檀は岡の如し 恵井名天輪 鶴岡山の如し。」
      ●織田家 家臣 妻木広忠
      「水色桔梗 鶴の如し 平条六田は白鷹の如し 郷里信壇は鷲の如し。」
      ●明智光秀は 東濃の再興 死に絶えの武田攻略を負託する事。
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    51. 匿名 ID:==

      織田将軍家 名古屋城 勲令式。
      ●織田将軍家は 古来の幕府の習いの檀行事の一つ その昔 菅原氏が 天下の号令を檀 したとされる 10万騎の馬揃え勲令をする事。
      推奨歌
      ●最上家 家臣 最上義定
      「天下の檀 定まる 国帝様 座の 天下布武。」
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「天下の夢 天下の道 永久の鳳凰と 座して 天下布武。」
      ●徳川家 徳川家康
      「天下の 三帝 三神 三徳 名古屋に 檀座 天下布武。」
      織田将軍家 お布令。
      ●今後 織田に刃向かう全ての者を皆殺しとする事。【天下布武。】
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    52. 匿名 ID:==

      織田将軍家 名古屋城 お布令。
      ●鎌倉幕府以来の 河内三重 守護大名家 北畠家 川北家 亀井家 河内家 九鬼家…と志 情けを志 武家再興を織田将軍家は補償する。 足利将軍以来 これら大名家を 武力を用いいる暴挙で地位をおいやり 足利将軍家すら 脅かし 伊勢国の実政治を治めた(伊勢皇家 鷲之宮皇族大名) (伊勢総宮寺司 伊勢神宮宮司家 目倉皇家)伊勢ノ国皇子と断し 武宗の行儀と志 現天皇家 正親町天皇に変わり伊勢ノ国皇子大名を 織田将軍家幕府が鷲白菊一紋侍の刀で成敗する。
      ●伊勢神宮 多度大社 多賀大社 伊勢家 西之宮皇家 武装し政治を宮司宮家大名も同義の成敗とする。
      織田将軍家幕府 処分。
      ●伊勢国の神社 神宮 全てを邪教とし 元老院 総代 本願寺家に変わり 織田将軍家幕府が 身分地位特権権限…全てを除籍追放とし奈良時代より伝わるとされる鎌倉聖一紋寺の刀にて成敗する。その全ての財産を没収する。
      ●伊勢国の 氏も素性も伺わ式詐欺皇族家 宮皇家 皇族 全てを「名誉無し」偽経とし
      現天皇 正親町天皇に変わり 織田将軍家幕府が 身分地位特権権限…全てを除籍追放とし天皇家に代々伝わるとされる菊一紋侍の刀で成敗する。その全ての財産を没収する。
      ●伊勢ノ国皇子大名に族する 神宮神社宮司 皇族宮大名 皇族大名は全ての財産を没収し全ての者を皆殺しとする。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 柴田勝家
      「ばか偽皇家 ばか偽鷲皇家 ばか伊勢神宮 一か八かの八津当たり 目倉皇家の 悪魔の偽伊勢皇国。」
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。 

    53. 匿名 ID:==

      織田将軍家 名古屋城 お布令。
      ●河内三重 伊勢皇家 鷲之宮皇高盛 配下の者が 伊勢神宮宮司家 目倉皇家が治める 安濃津川沿い 西方村 津山村…30の村で 織田に寝返ったなどと勘違いし間違えて 兵理にならない民百姓女子供 約5万人を皆殺し その村を全て焼き払いし事。それに激怒した 伊勢神宮宮司家 目倉皇家は 報復として 関係ない川北家の 大里武家屋敷町に火を放ち 100武家女子供 町人 1千人が死んだとの事。
      ●これが 自称 伊勢ノ国皇子 鷲之宮皇族大名と伊勢神宮宮司家 目倉皇家の正体 鎌倉幕府以来 伝わる 河内ノ守国と志 正しき 武家の檀と志。
      ●織田将軍家は 古来幕府の檀を善と志 河内三重の武家地位 百姓地位を補償する。
      ●織田将軍家は偽皇家不良者に 喘ぐ 河内三重の民百姓女子供を解放する。
      ●伊勢ノ国皇子大名に族する 神宮神社宮司 皇族宮大名 皇族大名は全ての財産を没収し全ての者を皆殺しとする。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 丹羽長秀
      「分別しかず あほの皇子に 般若の子ありて 神社紋徒試練の裁きの地獄の国。」
      ●織田家 家臣 佐久間頼重
      「下策 下品 図々しいの極み 下策伊勢神宮 下品伊勢ノ国皇子大名 地獄の国。」
      ●伊勢ノ国皇子大名に族する 神宮神社宮司 皇族宮大名 皇族大名は全ての財産を没収し全ての者を皆殺しとする。
      ※死神と武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。 

    54. 匿名 ID:==

      織田将軍家 名古屋城 軍将
      軍評
      川北城の合戦。
      ●織田家 従臣 川北家大名 川北元平大名 川北元仲 川北元康…大名 武将 妻娘…含め籠城する1千人 討ち死に。川北元秋は名古屋へ脱出成功。
      ●敵は 伊勢神宮宮司家 目倉皇家 目倉皇般若丸大名 目倉皇般若鷲 目倉皇般若神 伊勢道皇 伊勢目黒丸…伊勢神宮紋徒含め 10万人。
      ●織田方に 寝返り志 外様 従臣 川北家
      武宗の行儀と志 織田方 殉国の辞世。
      ●織田家 従臣 川北元平 大名
      「川北の 立つ花 七つの利 ありて 立つ座 狂い 伊勢ノ国皇子 池田の夜叉の裁きあれ。源座の立花の光。」
      ●織田家 従臣 川北元仲
      「川北の 源座の祝い 黒門 超えしき 悪座の 鷲の宮皇 黒門の光。」
      ●織田家 従臣 川北元康
      「美しき 林宗五川 立つ花 七つの利 ありて 楽市楽座の偽 伊勢ノ国皇子共 地獄の裁きあれ。」
      ●織田家 従臣 川北元平 大名 妻 川北仲江
      「美しき 林宗五川 目倉をあほに 超えしき 悪座の 伊勢ノ国皇子 国帝の裁きあれ 楽市楽座の光。」
      織田将軍家 軍略
      ●三重河内の 包囲されしき 武家 北畠家 亀井家 河内家 九鬼家…を 一刻も早く 長島城 砦を突破し 救出支援し 民百姓を解放する事。
      ●伊勢ノ国皇子大名に族する 神宮神社宮司 皇族宮大名 皇族大名は全ての財産を没収し全ての者を皆殺しとする。
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    55. 匿名 ID:==

      織田将軍家 願超寺陣屋 軍将
      伊勢多度大社舘 砦の合戦 軍議。
      ●先方は朝方 駒野信勝 海津忠勝 伊藤盛木佐 願超侍龍斗…1万人 多度宇我砦 突入で開戦とす。
      ●次方は 池田恒興 竹中半兵衛 斎藤龍秀 加藤定政 織田信包…5万人 多度宇我砦 ニ番手突入し 多度川を西に行き 一気に多度砦を陥落させる。
      ●残りの 織田方 10万人は 長島城に立てこもる5万人の 神社神宮 皇家の紋徒の包囲の負託とす。
      敵は 伊勢多度大社舘 砦 目倉皇多我郎 一目政長 一目鷹房 西(斉)之宮鷲親皇 宇我定友 宇我友近 神社神宮 皇家の紋徒含め…10万人。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 池田恒興「美しき 池田夜叉の 血祭りかな。」
      ●織田家 家臣 加藤定政「紋侍の定め 願超の癌鷲の 墓場。」
      ●織田家 従臣 海津忠勝「七つの墓とは 伊勢ノ国皇子 願超の癌鷲 勉める所の光。」
      ●織田家 家臣 織田信忠「郷里心壇は鷲の如し。檀をもち壇をせいす 楽市楽座。」
      ●伊勢ノ国皇子大名に族する 神宮神社宮司 皇族宮大名 皇族大名は全ての財産を没収し全ての者を皆殺しとする。
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    56. 匿名 ID:==

      織田将軍家 願超寺陣屋 軍将
      ●伊勢ノ皇国 斎之宮鷲親皇家を 織田将軍家幕府は いかがわしくも皇家を名乗る 伊勢ノ皇国 斎之宮鷲親皇家を 全ての地位身分特権利害権限…を武宗の行儀と志 除籍追放としお家破断の罪とし処分する。
      ●斎之宮鷲親皇家なるは 前足利幕府以来 伊勢ノ皇国の偽皇女を 偽婚無断不当不要多祭に 大名家 神宮神社 寺院 やくざ…と婚儀し 皇族特権を付与し 地位身分利害権…を私物私権独占し 時には前足利将軍 大名家すら 暴挙を用い弾政し 過去の類を観ない無能の上に 営利を独占し続け 私物化私権化し財産を築きしとの事 伊勢ノ皇国 斎之宮鷲親皇家の全ての財産を不正蓄財とし 織田将軍家幕府は接収弁償する。伊勢ノ皇国 斎之宮鷲親皇家との偽婚による 皇族付与 大名家 寺院 神宮…は処分する。
      ●前足利将幕府以来 伊勢に不要に築きし 式年千宮 千皇宮殿なる 伊勢千皇宮殿神宮町なるを 全て焼き払う。
      推奨歌
      織田将軍 織田信長 妻 織田吉乃
      「あわれな皇女よ 偽婚儀 偽縁起 偽徳利 外道の先の 下道に血る花。」
      最上家 家臣 最上義頼
      「恋姫山 偽に頼り 邪神の斎皇この方なりや 埴山姫(般若姫)の光。」
      ●伊勢ノ国皇子大名に族する 神宮神社宮司 皇族宮大名 皇族大名は全ての財産を没収し全ての者を皆殺しとする。
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    57. 匿名 ID:==

      織田将軍家 名古屋城 お布令。
      ●織田将軍家幕府は 古来よりの 公家摂家 十将を善と志 形式であれ この檀儀を織田将軍家幕府とし補償する。
      ●九条家 秋葉家… 始めの公家は 名古屋に上洛する事。上洛なきは 武宗の行儀と志 処分する。
      ●前足利幕府の 公家摂家 十将…公家摂家は 九条家 秋葉家 平代家…お家存続の元 公家職 座条者を切腹とする。
      ●前足利幕府の 公家摂家 十将…武家は 毛利家 上杉家 松永家 三好家 武田家 浅井家 朝倉家…とし武宗の行儀と志 成敗する。
      ●織田将軍家幕府は 公家摂家 十将 御要人に 旧公家摂家 川北元秋家を秋葉家の御要人に…それぞれ檀座する事。
      ※川北元秋 三重 旧公家摂家 川北家 秋葉家の御要職公家と再興し 豊臣幕府まで公家摂家と任座し 関ヶ原で 治部ノ将 石田三成と共に公家摂家 十将の一つとし 秋葉家 川北家は没する。
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    58. 匿名 ID:==

      織田将軍家 願超寺陣屋 軍将
      ●菰野村 福王山 千種城 諜報戦。
      ●織田家 従臣 九鬼嘉隆は 密かに 鎌倉幕府より存続する 北伊勢員弁 士族武家の 千種家 騨字家を助け 大和へ逃亡する 皇紋徒 神宮紋徒を 福王町家 千種町家で保護する事。
      ●武家の習いの無い 氏も素性もうかがわしき たわけやくざ家 北勢四十八家 千家一家衆を偽りを申し福王町家 千種町家で保護または止めおくする事。
      推奨歌
      ●織田家 従臣 九鬼嘉隆
      「神も偽 皇も偽 武家も偽 檀壇も偽…偽偽尽くしの 九鬼かな。」
      ●織田家 従臣 九鬼鷹光
      「偽りの裁き 報いなりて 千重殺戮の断悟る 下道の猿芝居 九鬼の光。」
      ●伊勢ノ国皇子大名に族する 神宮神社宮司 皇族宮大名 皇族大名は全ての財産を没収し全ての者を皆殺しとする。
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    59. 匿名 ID:==

      織田将軍家 願超寺陣屋 軍将。
      ●菰野村 福王山 千種城 攻略戦。
      ●上総の座 織田家 家臣 羽柴秀吉 浅野長勝 楠木久光 平手守定…は 1万人の兵を率い菰野村 福王山 千種城 織田家 従臣 九鬼嘉隆 千種家 騨字家 百姓かたぎを助け 福王町家 千種町家に 止めいる 偽の紋徒共 下道一家 皇族紋徒 神宮紋徒 女子供含む 町倉含め3万人全てを焼き払え。
      ●福王山の福王神社の その昔 大日の稲荷を興し栄えたとされる 福江姫を上座とする事。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「琵琶湖に龍 秋の海賊 桐山から久見ゆ 雷神の白き雲間から 永久の鳳凰 夢幻の。」
      ●織田家 家臣 浅野長勝
      「秋の山賊 雷神の裁きあり 白鷹の檀上の光。」
      ●織田家 家臣 楠木久光
      「桐の林は山の久しあり 永久の鳳凰睨みし 釜の龍 火葬とせん大我麻と 臨終の光。」
      ●織田家 家臣 平手守定
      「国帝の栄 夢かた志 富士に大日 江お書きし 定めえる大日の福江姫。」
      ●織田家 従臣 九鬼嘉隆
      「久かたの海賊対峙 落一落座とは たわけの偽皇族共 九紋 下下下の鬼太郎様 九鬼の光。」
      ※織田信長様 下知。
      「●菰野村 福王町 千種町に 留まる 偽皇族 たわけやくざ家 北勢四十八家 千家一家衆 女子供3万人 倉 家 舘もろとも 一人も生かさず全ての者を焼き払え。」
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    60. 匿名 ID:==

      織田将軍家 願超寺陣屋 軍将。
      宇我砦の合戦 軍評。
      ●伊勢ノ国皇配下 多度 目倉皇家 家臣 宇我定友 宇我友近…5千人 討ち死に。
      ●伊勢ノ国皇配下 斎之宮鷲親皇家 組下 多度組 組長 天照鏡ニ…皇族神宮組員紋徒1万人 くわ 木槍 石ずつ を奪い 逃亡を図り 斎之宮鷲親皇家 に打ち取れ 討ち死に。
      ●伊勢ノ国皇配下 多度 目倉皇家 組下 北伊勢四十八家 総長 皇司笠鷲…皇族神宮組員紋徒1万人 くわ 石ずつ 包丁を持ち 錯乱し 多度 目倉皇家を 襲い 逆に打ち取れ 討ち死に。
      ●伊勢ノ国皇配下 多度 目倉皇家 組下 北伊勢四十八家 会長 便所照鷹…皇族神宮組員紋徒2万人 くわ 石ずつ 包丁を持ち 逃亡を図り 願超侍龍斗 陣領で拘束され 女子供含む皇族神宮組員紋徒2万人 目を失明させた上に 揖斐川の船で幽霊船に乗せ般若の旅路の処刑。後に一部 遺骨を乗せた幽霊船は田原置きに座礁し発見される。
      推奨歌
      ●織田家 従臣 海津忠勝
      「二座なき狛犬は 君臨するに如かず 八部皇子 檀上の光。」
      ●織田家 従臣 願超侍龍斗
      「殉教に値なし 殉国に値なし 殉職に値なし 伊勢皇神宮の勉める所の大光。」
      ●伊勢ノ国皇子大名に族する 神宮神社宮司 皇族宮大名 皇族大名は全ての財産を没収し全ての者を皆殺しとする。
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    61. 匿名 ID:==

      織田将軍家 願超寺陣屋 軍将。
      織田将軍家 旗本 家臣 弔いの碑 弔いの辞世。
      ●織田家 家臣 平手定政 菰野福王で討ち死に。
      「平将門様 源の上総の檀上 信長様 平の習い貫徹せん。」
      ●織田家 家臣 浅野淀吉 菰野福王で討ち死に。
      「白鷹八部王子 淀吉殿 衛臣国帝の殉国。」
      ●織田家 家臣 加藤堅道 宇賀砦で討ち死に。
      「紋侍の檀上 堅道殿  衛臣国帝の殉国。」
      ●織田家 家臣 蜂須賀正元 宇賀砦で討ち死に。
      「外道の偽皇に 生元 逆卍侍にて裁き下され 国帝様。」
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    62. 匿名 ID:==

      伊勢ノ国皇子大名 織田将軍家幕府 要望書。
      和議評議 淀。
      ●伊勢より 南下するよしは 松坂 伊勢 志摩 伊賀 名張 尾鷲…河内三重の百万人以上の民百姓女を人質にし皆殺しとする。
      ●織田将軍家幕府は 伊勢ノ国皇の独立を認め補償し和議する事。
      ※伊勢ノ皇国 斎之宮鷲親皇 伊勢神宮宮司家 目倉皇大名家 千ヶ一家 会長 伊勢天皇。
      伊勢組 組長 天照皇我。

    63. 匿名 ID:==

      織田将軍家 願超寺陣屋 軍将。
      伊勢多度大社舘  軍評。
      ●伊勢ノ国皇 配下 目倉皇多我郎 目倉皇地土郎 目倉皇素土郎 地伊素蔵…2万人 討ち死に。
      ●伊勢ノ国皇 配下 斎之宮鷲親皇家 鷲高貴素郎 鷲高貴地郎 鷲高佐素郎 鷲司佐地郎 素佐ノ地主 屋苦座佐地郎 屋苦座素ノ地平…1万人 討ち死に。
      ●伊勢ノ国皇 配下 一目政長 一目鷹房…8千 討ち死に。
      ●伊勢ノ国皇 配下 素佐ノ臣北伊勢四十八家 素佐ノ臣組長 伊勢土地火連合 佐々木貴倉 佐々木素地郎 平野素地雄 平野素鷹 平野虎地郎…素人やくざ不良私権地郎族含め…2万人 討ち死に。その半数以上が逃亡をはかり 佐々木家に討ち取られる。
      ●これら罪人の死体や残存人は多度大社本殿に集め 本殿まるごと焼き払う。
      ●目倉皇多我郎 鷲高貴素郎 平野素地雄…罪人土地屋の死体は 便を塗り 町家の屋根から 逆さ吊りにして晒した。
      ●拘束した残存やくざ者その女子供家族は 失明させたうえに 崖谷まであるかせ 自らで 飛び降り自殺を図る。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 佐々成政
      「林の真髄これしかし 死する 大大義 守らせん。」
      ●織田家 家臣 柴田勝家
      「立花 狂い死 やくざ者 渡らしき癌 死する大儀 御苦労。」
      ●織田家 家臣 前田利家
      「死ぬのが 儀務の やくざ者 死滅尊崇大儀 御苦労。」
      ●織田家 家臣 丹羽長秀
      「林の道無し 苽の道無し 海の道無…南無阿弥陀仏 死滅尊崇大儀の光。」

      ※死神と武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    64. 匿名 ID:==

      織田将軍家 名古屋城 お布令。
      ●伊勢ノ国皇 革命統治人の粛正の断きす 革命統治の失政の責任は その伊勢ノ国皇…属家にあり 全てを不正蓄財とし 全ての財産を没収し 全てを皆殺しとする。
      ●三重河内を一時 鎌倉幕府時の旧公家 北地習禄家 井上最定家 北条仲近家 公家摂家 十将の 条人 御要人と檀座す。
      織田将軍家 一言。
      ●【林宗五川】習い志 玄淀 水地木石 米魚鳥牛 北元海南沙有。
      ●【楽市楽座】習い志 玄淀 貴桜南無 孤立創玄 平元悪南無。
      ※死神と武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    65. 匿名 ID:==

      織田将軍家 福王陣屋 軍将。
      宇我渓谷 伊賀攻略 軍議。
      ●菰野 千種城 浅野長勝 千種貴侍 騨侍宗謙…5千人は 宇我渓谷 舘に立てこもる 伊勢ノ国皇 素佐ノ臣 右我貴義 右我貴多郎…女子供含む2千人を 全て皆殺しとする事。
      ●羽柴秀吉 滝川一益 楠木久光 平手守定…5万人は 伊賀 赤目山 宮城宮殿 神宮に立てこもる 伊勢ノ国皇 配下本隊 目倉皇我頼 斎ノ宮伊我皇女 伊我皇族紋徒 伊我神宮紋徒 やくざ者…10万人 全ての宮殿 宮倉…を焼き払い 全ての者を皆殺しとする事。
      ●伊我へ急行し 伊賀の滝野家 亀井家… 武家 民百姓を助ける事。
      ●武家であるも 伊我領内に潜む六角家 蒲(我)生家 配下は見つけしだい処刑する事。
      ●伊勢ノ国皇子大名に族する 神宮神社宮司 皇族宮大名 皇族大名は全ての財産を没収し全ての者を皆殺しとする。
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    66. 匿名 ID:==

      織田将軍家 福王陣屋 祭事。
      千種城 祭事
      ●その昔 その土地の 鷲見と伝わる 地侍 坊僧らが 鷲ヶ岳で 遭難した殿様一行が遭難し 百の大鐘を打ち 音を頼りに 奇跡的に救い無事帰還したと 言い伝えられる 鈴鹿や寺の鐘全て集め 20万人の民百姓町人…らを集め 古来の幕府の習いを志 福王菰野で「大鐘鳴らしの祭事」を琴す。
      ※この大鐘祭事の鐘の音は 近江坂本 比叡山まで聞こえたと言い伝えられる。
      推奨歌
      ●最上家 家臣 最上義定
      「郷里信壇は鷲の如し 風雪しのびは風鈴の如し 救いある音わ観音の如し。」
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「物 盗めば 鐘が鳴るなり 法隆寺。」
      ●織田家 家臣 織田信忠
      「郷里心壇は鷲の如し 命の忠は風鈴の如し 福王山 風鈴観音 山の如し。」
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。  

    67. 匿名 ID:==

      織田将軍家 福王陣屋 軍将。
      宇我渓谷舘 合戦 軍評。
      ●伊勢ノ国皇 素佐ノ臣 右我貴義 右我貴多郎…1千人 討ち死に。
      ●伊勢ノ国皇 配下 素佐ノ臣北伊勢四十八家 素佐ノ臣組長 伊勢土地火(非の丸)連合 組長 伊佐地弘鷹 多村幸広…1千人 その家族女子供含む 討ち死に。
      ●織田信長様も指揮検閲するなか これら死体は その家族女子供含む 福王町の町家に 便をつけ塗り 逆さ吊りで晒した。 
      ※前足利幕府の本来ある 三重河内守護大名北畠家の地代官を 暴挙を用い政圧し武家代官を追いやり 皇族との不正な婚儀に地位身分権限を独占悪用乱用し伊勢ノ国皇帝国伊勢土地火(非の丸)連合成る北伊勢だけで1万家以上と云う無能の極み豚地権者を造り 貴族談合を組み法外な年貢徴収を負わし私富を肥やした 特に西日本中心に全国に存在した悪党の一つ。織田将軍家幕府は検地を忠し 地権者の数を古来の地権代官に忠して負担不公平不正を無くした。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田信忠
      「立つ花の 重きの辛さ 身に知らず 忠し信ずる 長き北畠。」
      ●織田家 従臣 千種貴侍
      「土地狂う 笹龍丹 神鷲帰する志 千種の笹団子。」
      ※死神と武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    68. 匿名 ID:==

      織田将軍家 明星ヶ岳陣屋 軍将。
      関町 鷲山舘 新所城の合戦。
      ●木下陣屋 先方は朝方 織田家 家臣従臣 川北元秋 川北吉忠 亀井十兵衛 亀井秀守 九鬼鷹光…1万人 新所城 突入で開戦とす。
      ●明星ヶ岳陣屋 次方 織田家 家臣 羽柴秀吉 織田信包 前田利家 滝川一益 楠木久光 佐久間信盛 平手守定 森可成…5万人 鷲山舘 正法寺山宮城 突入で開戦とす。
      ●敵 新所城 伊勢ノ国皇 配下 関勝政 鷲之宮重鷹皇 鷲之宮盛重皇…1万人。
      ●敵 鷲山舘 正法寺山宮城 伊勢ノ国皇 配下 鷲之宮樫ノ美治皇女 貴族 布部鬼丸 紙部谷一松 私我松一道 私我松鷹道 私我松地政…皇族神宮紋徒やくざ含め…8万人。
      ●敵の 鷲之宮重鷹皇…らは 安濃津川沿い 西方村 津山村…30の村で 兵理にならない民百姓女子供 約5万人を虐殺し その村を全て焼き払いし 川北家の 大里武家屋敷町に火を放ち 武家女子供 1千人を虐殺した 大悪党。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「平将門様 立つ花狂いの 偽鷲を討たん 明星ヶ岳の光。」
      ●織田家 家臣 織田信包
      「藤の花に 蝶と蜂 楽市楽座の明星ヶ岳。」
      ※死神と武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    69. 匿名 ID:==

      織田将軍家 福王陣屋 軍将。
      第一次 関町 鷲山舘 新所城の合戦。
      軍評。
      ●木下陣屋 先方は朝方 鈴鹿川 渡河を 200名の小隊 10個小隊 5回にわたる進軍も 敵の防御硬く失敗 死傷者 従臣 佐藤信勝…以下1000名の兵を失う。
      ●明星ヶ岳陣屋 次方 明星ヶ岳 南地蔵峠より侵入 町家街道の防御硬く 初戦の攻撃 前田利家 1000名 佐久間信盛 1000名 織田家 家臣 前田利安 前田正勝 討ち死に。2000名の死傷者を出し 明星ヶ岳陣屋へ退却。
      ※織田家 家臣 羽柴秀吉 千種城 要請所 軍議語録。
      ●羽柴秀吉「敵 関なる武将 この土地の地理に強く 街道 関所の整備保全の職がら 北 東の橋破壊し いくつもの街道に防御陣地を造り 侵攻不可能と断志 一時兵を引き調略で伊賀を落とすのお願い。」
      ●織田信長様 激怒しながら「秀吉 貴様は頭は良いが 軍略に弱い 撤退は許さん ここで撤退すれば織田は負わりだと近江 浅井 朝倉 甲斐 武田 越後 上杉…らが 怒涛の如く美濃尾張三河に侵攻してこよう。福王千種城 北伊勢 手持ち10万の兵は 長島 伊勢 うかがわしき近江の甲賀 あてで 秀吉に援軍は出せん。」
      ●参謀 最上義定「羽柴秀吉様を 伊賀攻略の任を外し 私に伊賀攻略の任を お与え下され。」
      ●織田信長様 激怒しながら「だまれ 伊賀攻略は 秀吉に死ぬまでやらせる 信忠 ただちに 名古屋へ戻り 浅井に 妹 市姫を人質とし送れ いかなる策を労しても 織田と浅井の同盟を成立させて来い。浅井との同盟出来次第 全軍を持ち 鷲山 伊賀を攻め滅ぼしてくれるわ」」
      ●羽柴秀吉 ふと思い出したように「恐れなが 親方様に お申しきしたき議これあり。」
      ●織田信長様「秀吉 腹は覚悟の上だろうな 申してみよ。」
      ●羽柴秀吉「鷲山正法寺山宮城のすぐ西に 通称 羽黒山があります。」
      ●参謀 最上義定「三重にも羽黒山があるのか。」
      ●羽柴秀吉「行意 通称 羽黒山ここは深い山肌 断崖の峠 人を寄せ付けず敵の守りも無く 明星ヶ岳から南の 羽黒山 山頂まで 自然の木を利用し綱を掛け橋を作り一起に昇り 山頂に陣を構え すぐ東の 鷲山正法寺山宮城を叩けば勝機はあります。」
      ●織田信長様 笑いながら「秀吉 お前は運の良い男よの 頼みはそれだけか。」
      ●羽柴秀吉「信忠様 名古屋へ帰るにあたり お願いしたき議 これあり 尾張美濃から綱紐を用意出来るだけ 福王千種へ届けて下され。」
      ●織田信長様 笑いながら「あい わかった 綱紐と言う綱を福王千種に全て集めて 支度が整い次第 参謀 最上義定 1万の軍勢と共に 綱紐を明星ヶ岳陣屋へ届けよう。」
      ●羽柴秀吉「ありがたき幸せ ただちに明星ヶ岳陣屋へ戻り 人工材料…を集め綱橋の攻略指揮に入ります。」
      ●織田信長様「よいか 皆の者 亀山 福王 長島 伊勢から 一歩も引くな わかったか。」
      ●織田家 家臣
      「は は。」
      ※これが 後の世まで 語り継がれる 綱橋を労した「神君伊賀越え」または明星ヶ岳の星にちなんだ 天の架橋 天の川とも 言い伝わる。天下の太閤殿下 関白豊臣秀吉太閤殿下殿。
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    70. 匿名 ID:==

      織田将軍家 福王陣屋 お布令。
      ●鷲山 正法寺山宮城に 留まる 伊勢ノ国皇 配下 鷲之宮樫ノ美治皇女 並びに 関町に留まる女子供2000名の命を武宗の行儀の情けありと志 解放し 織田将軍家幕府は補償する。
      ●鷲之宮樫ノ美治皇女ら女子供2000名は 利用されたと志 また立つ花 永明苦し堅きありと志 樫子所 奉らんと志 烙燭と志 亀山 西之 亀井陣屋にて保護する事。
      ●鷲之宮樫ノ美治皇女 樫子所女中らは 亀井家500人の 警護の元 赤かめの山車にて 丁重に送らん。
      ●鷲之宮樫ノ美治皇女 樫子所女中らは 明日香村飛鳥 亀の甲羅の盾により守る志 谷垣の淵の立つ花飛鳥 蘇我舘樫子所習いある堅で留め置く。
      ●今後 敵将であれ 女中は戦時下座すべし 下座なきは容赦なきを然るべき。
      ※この後 織田将軍家幕府は 最上 羽柴らの説得もあり 鷲之宮樫ノ美治皇女 樫子所女中ら500名を残し 1500名の女中は無事解放した。
      ●最上家 家臣 最上義定
      「浮世の沙汰に 鬼の涙あり 飛鳥の光。」
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「樫に 蜂みる 浮世の沙汰に 消えゆく 飛鳥の王冠鷲。」
      ●織田家 家臣 織田信忠
      「飛鳥の夢 永明の名の元に 信じて忠される 苽と林の闇の光。」
      ●織田家 家臣 丹羽長秀
      「名古屋城 樫子所飛鳥の王冠 封印す 永明 永久の 忠の光。」
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    71. 匿名 ID:==

      織田将軍家 明星ヶ岳陣屋 誓信勲治の大歌会祭事。
      ●織田将軍家幕府は 古来の幕府の習い堅志 信濃甲斐征伐の徳川家康 明智光秀…らを わざわざ呼び尾張 30万人と及ぶ人夫 馬車…を要し 紡織 和紙 紐 綱… 明星ヶ岳陣屋に大量に運び込み その昔の この土地に名残し しのぶ 小野小町 橿原騨娘小…らを郷里志 誓信勲治の大歌会祭事を行事す。
      ※推奨歌 誓信勲治歌 介錯行事 千利休大聖人 水色。
      ●織田家 家臣 前田利家
      「鷲山の 小野川睨み 筆捨山 風画天鱗の出会い 西法寺山宮城 美う。」
      ●徳川家 家臣 鳥井元忠
      「飛鳥の 名残 かんずる寒気 浮世の沙汰に 沈む 鷲山。」
      ●織田家 家臣 明智光秀
      「一色家 丹後をめざす 水色の 浮世に沈む 布部やかな。」
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「美しき 飛鳥の沙汰 非(火)の鳥しるや 桐山鳳凰の 聖火の龍に沈む 誓の淀。」
      ●徳川家 徳川家康
      「徳利の淀悟り志も 黄色く紅葉す羽黒山 しのび志 一心 浮世に沈む 鷲山。」
      ●最上家 家臣 最上義定
      「鳳凰と白鷹従え国帝の 勲将伝雷の鷲 織り建つ 黄色く染まる 浮世に沈む 甘い鷲山。」 
      ※明星ヶ岳陣屋 誓信勲治の大歌会祭事 集まりし民百姓町人ら30万~100万人とも伝わる 尾張 あま村に伝わる 甘菓子 布 和紙をわけ与えた。
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    72. 匿名 ID:==

      織田将軍家 明星ヶ岳陣屋 誓信勲治の大耳奉納 大斎司事。
      ●織田将軍家幕府は 白木陣屋で 飛鳥時代より この土地に伝わるとされる 宣誓の誓 破りしき 政治犯罪人の耳を白木前田塚に聖者勾玉大奉納を斎司す。
      ●伊勢ノ皇国 斎之宮鷲親皇 伊勢神宮宮司家 目倉皇大名家 北伊勢四十八家…皇族神宮紋徒(非の丸連合)は 前足利幕府 約条無断で 土地 資源 寺院 神宮 城 街道 橋 施設 小町…時には暴挙詐欺…犯罪を策し あらゆる物を私物化私権化私副化し 革命たわけ外道素佐政治を行使し無差別に万民に瀕死の暴力をふるい続けたとし成敗する。
      ●織田将軍家に刃向かう いかなる者も成敗する。【天下布武】
      ●織田将軍家幕府は 飛鳥時代 平城京都大和王子の 斎司習い を善と志 平条六田とす 一時 三重河内の壇家万民 限り火葬の式場とす。
      ●三重河内の村の 女僧 女壇家 娘が その死んだ母親の洗体を怠り火葬場まで担いで運ばなかったとし 洞掘とどめ置きの刑とす。女は女の死者を 男は男の死者を 冷たい川に入り洗体し 平条六田 3キロの道を担いで火葬場まで運ぶ。一時三重河内は 壇家 斎司 習い改めとす。
      ●織田将軍家幕府は 公家摂家 十将 斎王司御要人に 尾張 公家華家 楠木条斎を檀座す。
      ●織田家 家臣 柴田勝家
      「限りを尽くし 平条六田 渡らしき癌 たわけの墓場。」
      ●織田家 家臣 丹羽長秀
      「飛鳥にみゆ 平条六田 黒門超えしき 地獄の墓場。三条釛興様。」
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「永明の名の元 信じて 忠す 平条京 飛鳥に 鳳凰きたり。」
      ●徳川家 徳川家康
      「白鷹の徳利の睨み 素佐ノ神 苽と林 外道の墓場。聖武神鸞の再興。」
      ●織田家 家臣 前田利家
      「前園の栄誉権司 鳩山の如し 東の大日 孔雀輝く かがし大納権。」
      ●最上家 家臣 最上義定
      「大鷲と朱雀を従え国帝の 阿修羅の宣誓 西の乱鳥 苽なき悪徳の黄金の光。」
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    73. 匿名 ID:==

      織田将軍家 明星ヶ岳陣屋 軍将。
      第二次 羽黒山 山頂 陣取り 鷲山 西法寺山宮城の合戦。作戦名「鶴の架け橋作戦」
      ●朝方 先方  織田家 家臣従臣 亀井十兵衛 亀井秀守 魚野平禄 佐藤信森…5千人は 西之陣屋から西 布部 関所砦 陽動で開戦とす。
      ●次方 織田家 家臣従臣 川北元秋 川北吉忠 九鬼鷹光…5千人 木下陣屋 鈴鹿川沿い 陽動で開戦とす。
      ●次方 織田家 家臣 羽柴秀吉 前田利家 織田信包 平手守定 森可成… 最上家 家臣 最上義定 最上義頼…3万人 明星ヶ岳 南 小野川沿いより羽黒山山頂まで繋がる いくつもの天上綱橋鶴橋を渡り 山頂を陣取り すぐ東の手薄な西法寺山宮城を攻略する。
      ●滝川一益 楠木久光 佐久間信盛…2万人は鶴橋支援 明星ヶ岳 北前田川沿いの包囲負託とす。
      敵勢力 伊勢ノ国皇
      ●敵 鷲山舘 正法寺山宮城 伊勢ノ国皇 配下 貴族 布部鬼丸 紙部谷一松 私我松一道 私我松鷹道 私我松地政…皇族神宮紋徒やくざ非の丸連合含め…3万人。
      ●敵 新所城 伊勢ノ国皇 配下 関勝政 鷲之宮重鷹皇 鷲之宮盛重皇…皇族神宮紋徒やくざ非の丸連合含め2万人。
      ●敵 布部 関所砦 斎皇鳥正 斎皇勝鷹 布部一丸…皇族神宮紋徒やくざ非の丸連合含め2万人。
      ◎織田将軍家幕府 軍評。
      ●あらかた 密かに策した いくつもの鶴橋を昇り 羽黒山 山頂を陣取りさえすれば勝てたも同然。布部砦 新所城に留まる将も ひとかどの武将なら 必ず 西伊賀方面へ 退却するべし 西へ敗走する敵を深追いすること然るべき事。
      推奨歌
      最上家 家臣 最上義頼
      「飛鳥頼りし 羽黒山 鶴も揃いし 鷲山に 決戦せん。」
      最上家 家臣 最上義定
      「美しき羽黒の山と 布部の黒鷲の羽 明星ヶ岳に散る星の如く。」
      ●織田家 家臣 織田信包
      「羽黒山 美しき黒鷲(和紙)の 鬼神の紙部谷一松 明星ヶ岳の大黒の光。」
      ●織田家 家臣 森可成
      「鷲山に鳥の森みゆ 一千年の時をへて 美しき大天鱗 亀の甲羅で守られき伝説の決戦せん 飛鳥 亀石の光。」
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「東の大日 日向と志 日の丸もって 非の丸を制す 地獄に落ちる 醜き鷲之宮皇。」
      ※織田信長様 下知
      「羽黒山に 白蝶 鶴橋渡る 千輪万燐の決戦 美しき黒鷲を 飛鳥の亀石の里へ封印せん 天界千年の決戦。」
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    74. 匿名 ID:==

      織田将軍家 明星ヶ岳陣屋 軍将。
      第二次 羽黒山 山頂 陣取り 鷲山 西法寺山宮城の決戦。作戦名「鶴の架け橋作戦」
      軍評
      ●「鶴の架け橋作戦」により 羽黒山 山頂 陣取り成功 すぐ東の 西法寺山宮城 いたる所 大量の鶴火矢の餌食になり 鷲山の町舘含め 火の海とかし 貴族 布部鬼丸 私我松一道 私我松鷹道 私我松地政… 2万人の皇族神宮紋徒と共に落城壊滅。紙部谷一松は西 伊賀に敗走。
      ●「鶴の架け橋作戦」により 羽黒山 山頂 陣取り成功を知ると 敵 布気 関所砦 布部一丸らは 西 伊賀に その昔 蘇我氏が飛鳥へ敗走したように 雪崩の如く敗走。
      ●「鶴の架け橋作戦」により 羽黒山 山頂 陣取り成功を知ると敵 新所城 関勝政らは 西 伊賀に その昔 蘇我氏が飛鳥へ敗走したように 雪崩の如く敗走。
      ●亀山 観音山 から 東海道を西 伊賀方面へ敗走する敵の様子を 羽柴秀吉は このように語る。「天輪国帝 羽黒山 布陣す 蘇る 蘇我氏稚児の戻り 大儀伝命晩す。」
      ●打ち取りし 敵将 布部鬼丸 私我松一道 私我松鷹道 私我松地政 斎皇鳥正 斎皇勝鷹 鷲之宮重鷹皇 鷲之宮盛重皇 皇貴妃貴臣女中500ノ将 布部辰子 滋賀松ひより 斎皇里美…500名討ち死に…皇族神宮紋徒やくざ非の丸連合含め3万人。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田信包
      「美しき蘇る 蘇我氏稚児ノ宮 亀石の知る飛鳥の光。」
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「布部ノ鬼丸 美しき黒鷲 明星ヶ岳に散る星。」 
      ●織田家 家臣 平手守定
      「私我松一道 鸞と志 乱 極悪の地獄もなまぬるい 乱鳥の光。」
      ●織田家 家臣 前田利家
      「斎皇鳥正 三条釛興様 蘇りし歴史 輪鉄の軍門下さん 明星ヶ岳の散り星の光。」
      ●織田家 家臣 楠木久光
      「美しき 皇貴妃貴臣女中500ノ将 同心の紋侍の淀 貫徹せん 大儀の殉死 南知る所の光。」
      ●織田家 家臣 森可成
      「筆捨山 南 筆捨てき 皇貴妃貴臣女中500ノ将 大儀の殉死 古き 山捨て地蔵の森の光。」
      ●最上家 家臣 最上義定
      「美しく蘇る その昔 最上義定 羽黒山に君臨せん 亀石の知る飛鳥の光。」
      △織田方 打ち取られし 殉国の死
      △織田秀包 織田政秀 森忠道 林通定 浅野平勝 生駒ニ郎 鈴木矢衛門…他 兵 8千人 討ち死に。
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    75. 匿名 ID:==

      織田将軍家 羽黒山鷲山 明星ヶ岳 兜塚興 勲行司。
      ※弔いの碑 弔い殉国の死。織田方 1万人供養碑。
      織田将軍家 家臣 弔いの碑 弔いの辞世。
      ●織田家 家臣 織田秀包 羽黒山で討ち死に。
      「紋侍の檀上 秀包殿  衛臣国帝の殉国。」
      ●織田家 家臣 織田政秀 羽黒山で討ち死に。
      「織部の紋侍 秀でる星 明星ヶ岳に建つ 天の川の星。」
      ●織田家 家臣 森忠道 羽黒山で討ち死に。
      「鶴橋 白鳥渡す 黒い闇の道 侍 知る所 飛鳥の森。」
      ●織田家 家臣 林通定 羽黒山で討ち死に。
      「侍の通 林の如く 浮世の沙汰に散る 明星ヶ岳の光。」
      ●織田家 家臣 浅野平勝 羽黒山で討ち死に。
      「神の与えた試練の地獄 武将の誉 末代まで光 明星ヶ岳。」
      ●織田家 家臣 生駒ニ郎 羽黒山で討ち死に。
      「騨字の詠明 鶴橋あり 鷲山に昇る鶴 飛鳥永明の光。」
      ●織田家 家臣 鈴木矢衛門 羽黒山で討ち死に。
      「鷲山に鶴橋 千ノ鶴矢舞う 明星ヶ岳で一本槍 座して待たん 素佐ノ雄を。」
      ●織田家 家臣 前田利安 鷲山砦で討ち死に。
      「紋侍の檀上 利安殿  衛臣国帝の殉国。」
      ●織田家 家臣 前田正勝 鷲山砦で討ち死に。
      「地獄の沙汰 神の与えた武勇の誉 末代までの前田の誉。」
      ●織田家 従臣 佐藤信勝 鈴鹿川で討ち死に。
      「佐の道 朱雀の如く 浮世に沈む 朱雀の鈴の音。」
      ●織田家 従臣 佐藤忠勝 鈴鹿川で討ち死に。
      「黒鷲に雀あり 赤朱雀の斎王を あの世で 待たん。」
      ´
      ※※ 侍 知る所 情けの 弔いの碑 皇貴妃貴臣女中500ノ将。※※
      ●西大和王子 家臣 布部鬼丸 妻 布部辰子 西法寺山宮城で討ち死に。
      「鷲山ノ 彦星 織姫 明星ヶ岳 天の星 帰す 大儀伝命万す。殉国黒鷲の光。」
      ●伊勢ノ国皇 配下 私我松地政 妻 滋賀松ひより 西法寺山宮城で討ち死に。
      「乱の黄朱雀 非の丸の星 明星ヶ岳 天の星 帰す 大儀伝命万す。殉死の光。」
      ●伊勢ノ国皇 配下 私我松鷹道 妻 滋賀松弘子 西法寺山宮城で討ち死に。
      「鸞の黄朱雀 非の丸の星 明星ヶ岳 天の星 帰す 大儀伝命万す。殉死の光。」
      ●伊勢ノ国皇 配下 斎皇鳥正 妻 斎皇里美 西法寺山宮城で討ち死に。
      「乱の赤朱雀 非の丸の星 明星ヶ岳 天の星 帰す 大儀伝命万す。殉教の光。」
      以下の 皇貴妃貴臣女中500ノ将 情け殿 弔い碑。
      ●黒鷲妃「紋侍の檀上 貴様殿  衛臣貴帝の殉国。」
      ●黄朱雀妃「紋侍の檀上 貴殿様  衛臣私帝の殉死。」
      ●赤朱雀妃「紋侍の檀上 尼殿様 衛臣私帝の殉教の死。」

      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    76. 匿名 ID:==

      織田将軍家 筆捨山 郷里信壇の大歌会祭事。
      その大昔 西国の王子が この土地の筆捨山で 大歌会を挙したに習い 1万人の女将を集め 戦勝祝賀の大歌会祭司。
      ※歌 行司人 千利休大証人 水色。

      ●織田家 家臣 織田有楽
      「郷里真壇 鷲の如し 真名敗走 風の如し 苽の白黒 林の如し 東の大日 火の如し 風鈴観音 山の如し。」
      ●織田信長様 妻 織田きつの
      「土筆の 誉れ 穏やかなれど 花持つ辛さ 身にしみる 筆捨山。」
      ●羽柴秀吉 妻 羽柴おね
      「筆しるき こわさわたるが武家の道 いましむ心 筆捨山。」
      ●前田利家 妻 前田まつ
      「辰つ花に 重きの心 明日は我が身と 明日化村 土筆みう 筆捨山。」
      ●丹羽長秀 娘 丹羽しょう
      「筆捨てき 庭の草刈りみずからで 松に咲かん花 観ずる心 筆捨山。」
      ●加藤定政 妻 加藤とき
      「筆淀め 浮世のしれん 咲かせんか 加藤の家に 菊の大花。」
      ●織田信忠 妻 織田より 
      「筆を捨て 信ずる沙汰は苽なれど 運命ともにせんか 信忠と 筆捨山。」

      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    77. 匿名 ID:==

      織田将軍家 亀山慈恩寺 郷里信壇の能楽祭事。
      ●織田将軍家幕府は 伊賀地方に伝わる煙幕にちなみ 焼け落ちた 慈恩寺 忍山で 尾張 鳳来煙巌山能楽「敦盛」 祭司。
      ※能楽祭司 行司人 滝川一益。 
      ●「敦盛」の能楽が最後を迎えようとした時 焼け落ちた慈恩寺の煙が舞台を覆い 煙がはれた時には能楽士 舞台ごと無くなったと言い伝えられる。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「人間五十年…滅せぬもののあるべきか 煙に おちる 慈恩寺。」
      ●織田家 家臣 楠木久光
      「久しからずは 永久なり 鳳来煙巌山 神は不滅なり。」

      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。 

    78. 匿名 ID:==

      織田将軍家 第二回 亀山慈恩寺 郷里信壇の能楽祭事。
      ●織田将軍家幕府は 伊賀地方に伝わる煙幕にちなみ 焼け落ちた 慈恩寺 忍山で 尾張 鳳来煙巌山能楽「敦盛」 祭司。ところが 織田信長様は ご不満と激怒し わざわざ徳川家の祭司役家臣を呼びつけ 翌日ごろ 再度 諸々…見直して仕切り直して行われました。
      ※能楽祭司 行司人 織田家 羽柴秀吉 織田信忠 丹羽長秀 前田利家 滝川一益 楠木久光。最上家 最上義定。徳川家 大久保政玄 奥平忠義 作手守実 仁木勝頼。
      ●「敦盛」の能楽が最後を迎えようとした時 演出を作し伊賀亀山この土地に伝わる伝統煙幕が舞台を覆い 煙がはれた時には能楽士 舞台矢倉ごと無くなったと言い伝えられる。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「人間五十年…滅せぬもののあるべきか 煙の尾張 郷里信壇 鷲の如く。」
      ●織田家 家臣 楠木久光
      「久しからずは 永久なり 鳳来煙巌山 神は不滅なり 慈恩の斎 知る所の斬鉄の山。」
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「人間五十年…滅せぬもののあるべきか 煙の尾張 郷里信壇 鷲の如く 斬鉄の尾張 貫徹せん。」
      ●織田家 家臣 森可成
      「亀山に集いし斬鉄の 誓信不動 森の如く 煙の尾張 郷里信壇 山鉄の如し 大恩恩顧 完徹せん。」
      ●最上家 家臣 最上義頼
      「人旅 賞を得て 滅せぬもののあるべきか 煙の終わり 郷里信壇 誓信山鉄の道 完徹せん。」
      ●徳川家 家臣 作手守実
      「敦盛の 煙の尾張 郷里信壇 鉄の亀甲羅の如し 仁ノ道 知る処の貫徹の終わり。」
      ●徳川家 家臣 奥平忠義
      「…滅せぬもののあるべきか 奥 知る処 煙の尾張 平徳に観音の如し 大恩恩顧 完徹せん。」
      ●徳川家 家臣 仁木勝頼
      「煙の尾張 郷里信壇 斬鉄の如し 林の奥の 仁 知る所の 大恩観音の尾張 完徹せん。」
      ●織田信長様 一権 
      ※織田信長様 は「亀山の大儀」と証し 安土され 福王千種城へ お戻りになされた。
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。 

    79. 匿名 ID:==

      織田将軍家 福王千種城 勲治
      政治
      ●織田将軍家幕府は 古来幕府 母山の習務を善と志 織田将軍家幕府は 福王山を母山の上の座 一つとする。
      ●織田将軍家幕府は 福王山 紋侍条座 源 義経将軍様を辰て奉り 「経世救済」を一座とする。
      ●織田将軍家幕府は 福王山 祭事行事 古くから福王山に伝わる進士氏(神士氏)と 大日の娘 福江姫が 進身善道の稲荷の繁栄をもたらしたと伝わる伝承を善と志 福王山祭司 神座 福江姫とする。
      ●織田将軍家幕府は 古来 奈良時代 女将ノ座院の処を善と志 大名 武家 公家…上座ノ女将座院の処を再興する。
      軍理
      ●織田将軍家幕府は 早急に 浅井との同盟 伊賀攻略 伊勢攻略 三重河内平定を騨字の断とす。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「福王山に 源 義経将軍 福江姫 七つの神 興す 経世救済の紋侍。」
      ●織田家 家臣 織田有楽祭
      「大鐘の福音 天使の如し 福王山 風鈴観音 山の如し。」
      ●織田家 家臣 森可成
      「福王に王の森 興す 経世救済 試錬の如し 森の文殊ノ将。」

      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。 

    80. 匿名 ID:==

      織田将軍家 誓元寺陣屋 軍将
      軍評
      ●長島城 包囲から2年 食料もつき 死んだ人間の肉を食べながら 生きながらえた5万人いた皇族神宮紋徒も 3万人まで減り 利用価値無しと断し これら約条破りし政治犯罪革命派は処刑された。
      ●処刑は地獄を極めた 織田方は 降伏開城すれば命を助けるとの約条のもと 皇族神宮紋徒が 桑名誓元寺に集められた しかし織田方は その約条を破り 三重武家 北畠信吉 鍬形夏安 柘植滝吉 騨字清信…らに 女子供含む皇族神宮紋徒は 失明させたうえに皆殺しにされた。
      処刑
      ●伊勢ノ国皇 配下 多度神宮 目倉皇鷹司 その家族 失明の上 川で溺死 処刑。
      ●伊勢ノ国皇 配下 多我神社 多我八助 その家族 失明の上 川で溺死 処刑。
      ●伊勢ノ国皇 配下 伊勢神宮 天照長餅 その家族 失明の上 火炙りで 処刑。
      ●伊勢ノ国皇 配下 素佐ノ臣北伊勢四十八家 素佐ノ臣 伊勢土地火(非の丸)連合 組長 鏡屋釜佐蛇 その家族 失明の上 崖を歩かせ 落ちて自殺。
      ●伊勢ノ国皇 配下 素佐ノ臣北伊勢四十八家 素佐ノ臣 伊勢土地火(非の丸)連合 組長 皇森種蔵 その家族 失明の上 幽霊船に乗せ般若の旅路 処刑。
      推奨歌
      ●最上家 家臣 最上義定
      「出羽鍬形 同義相鉄の秋 伊勢末代の誉れ。」
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「誓元 破りし森 玄に帰す 聖火の光 伊勢末代の誉れ。」

      ※死神と武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。 

    81. 匿名 ID:==

      織田将軍家 音無山陣屋 「大鐘鳴らしの祭事」
      ●死に絶えの伊勢志摩皇国に 織田信長様は 10隻の鉄甲船 千から成る船で伊勢二見沖に 2万人の軍勢で上陸 音無山に陣を置く。
      ●その昔 いずこの海で 遭難した船が 大鐘の音を頼りに無事帰港し助けられたとする 伝承に習い 福王山にある大鐘をわざわざ取り寄せ「音無山大鐘鳴らしの祭事」行事す。
      ●織田信長様は 伊勢志摩の解放者として 民百姓 素佐の者もの 20万人が歓迎祝福した。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「大鐘 里に帰す 風鈴観音 山の如し。」
      ●織田家 従臣 鍬形夏安
      「鍬形の微かな日の目 大鐘に集う 平良に暮らす 伊勢の民。」
      ●織田家 従臣 鍬形夏忠
      「桑を詩 桑の葉 蚕 里る 樫を持って樫を制す 三玉真珠 端午の鬼の夢。」
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。 

    82. 匿名 ID:==

      織田将軍家 音無山陣屋 軍将。
      掃討作戦
      ●自称 伊勢ノ国皇らは 不義斎王皇女らと 志摩皇宮に逃走。
      ●伊勢の異端偽経偽教皇族神宮紋徒狩り掃討作戦は地獄そのもの、端午の鬼こと桑名 織田家 従臣 鍬形夏安 九鬼家 らが指揮 10万人の不義婚皇家 失明の上処刑。 20万人の異端神宮神社家 失明の上処刑。 30万人の伊勢皇族神宮やくざ家 失明の上処刑。虐殺は6ヶ月に及び 100万人の伊勢皇族神宮やくざ家女子供家族が失明の上処刑された。河内三重は前足利幕府 創建時の武家支配再興を成した。
      ●三重河内内の うかがわしき異端神宮神社皇宮は 伊勢皇族神宮やくざ紋徒の死体もろとも焼き払らわれた。
      ※その昔 伊勢熊野に伝わる伝承では 端午の鬼こと桑名 織田家 従臣 鍬形夏安は その後 明智光秀 滝川一益らと共に全国で戦い その後 五月の 鈴丸 鈴川 白熊と章し 伊勢へ へら(平良)下ったと言い伝えられる。
      ※死神と武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    83. 匿名 ID:==

      織田将軍家 八称宣山 郷里信壇の大歌会祭事。
      ●志摩の皇大神宮別宮  大名 伊勢ノ国皇 妻 愛新覚羅不義斎王皇女 を尊び 八称宣山の男女別々の歌会を行事す。
      ※歌会 行司人 千利休大聖人 水色。
      ●最上家 家臣 最上義定
      「天鱗国帝 侍の如し 小賢しき黄色の愛新覚羅不義斎王皇女 楊貴妃に玄す。」
      ●徳川家 徳川家康
      「一 ニがありて 三無し 美しき愛染の 黄色く染まる 醜き 朱雀皇。」
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「西にも無く 東にも無く 何処の国 天照 異邦の方の 幻かな。」
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「楊貴妃様 盾て建てんと奉り 剣の峠 帝に変わりて宣言せん。」
      ●織田家 家臣 織田信忠
      「黄色く染まる風鈴朱雀皇 楊貴妃 忠 武家の再興 帝に変わりて宣言せん。」
      ●織田家 家臣 丹羽長秀
      「伊勢の千羽鶴 虫の音 の神に里す 楊貴妃様 栄華天鱗 帝に変わりて宣言せん。」

      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    84. 匿名 ID:==

      織田将軍家 八称宣山 郷里信壇の大歌会祭事。
      ●志摩の皇大神宮別宮  大名 伊勢ノ国皇 妻 愛新覚羅不義斎王皇女 を尊び 八称宣山の男女別々の歌会を行事す。
      ※歌会 行司人 千利休大聖人 水色。
      ●織田信長様 妻 織田きつの
      「八称宣花 称賛の花 千花を檀し 東の満月 藍染の花に女王 君臨す。」
      ●羽柴秀吉 妻 羽柴おね
      「八称花山 聖火に宣誓 花 勝負 東の星 虹色の花 咲く。」
      ●前田利家 妻 前田まつ
      「八称松山 松に咲かん花 待つだけ地蔵を横におき 松の手入れ 称賛の盆栽の山。」
      ●丹羽長秀 娘 丹羽しょう
      「八称翔山 土筆は咲かんが 逞しく 土筆の冠 平に水色 翔び越える 称賛の山。」
      ●加藤定政 妻 加藤とき
      「八称時山 時の儚さ 時代の歴史 栄華天輪 時秤 古龍の女ノ将 称賛の白山。」
      ●織田信忠 妻 織田より
      「八称頼山 頼りし檀座 山となり 花と風鈴 剣の峠に咲く 名月の花。」
      ●柴田勝家 娘 柴田もも
      「八称桃山 花咲 実をつけ 手間暇掛けて 鞍掛女ノ将 億兆の称賛の桃山。」

      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    85. 匿名 ID:==

      織田将軍家 志摩陣屋 処刑祭事。
      処刑祭司 行司人 楠木久光斎条 織田有楽斎 処刑介錯人 羽柴秀吉 徳川家康 最上義定
      ●織田将軍家幕府は その昔 志摩に  大量の海豚 魚が浜に上がり それをみなで分け食べたとする伝承にちなみ 20万人の民が見守るなか公開踊り処刑祭を行事す。
      ▼罪人 大名 第34代 伊勢ノ国皇 黄子皇 失明の上 数人で死ぬまで鞭討ちで死亡。
      ▼罪人 大名 第34代 伊勢ノ国皇 黄子皇 妻 愛新覚羅不義斎王皇女 失明の上 指を切断され 耳 鼻を削ぎ落とされた後死亡。
      ▼罪人 大名 第34代 伊勢ノ国皇 黄子皇 母 牙婆皇女 失明の上 便漬けにし 砂小石を死ぬまで投げつけられ死亡。
      ▼罪人 大名 第34代 伊勢ノ国皇 黄子皇 長男 風子皇 失明の上 火にあぶられ死亡。
      ▼罪人 大名 第34代 伊勢ノ国皇 黄子皇 長女 倭斗皇女 失明の上 釜油の釜茹でとなり唐揚げになり死亡。
      ▼罪人 大名 第34代 伊勢ノ国皇 他 捕らわれ者100名の肉親は 自らで墓あなを掘らせて 失明の上 生き埋めで死亡。
      ▼罪人 大名 第34代 伊勢ノ国皇 黄子皇 妻 愛新覚羅不義斎王皇女 らの死体は 馬で引きずらながら伊勢町 伊勢神宮まで引きずられ 伊勢神宮 本殿に逆さ吊りで白骨化するまで晒された。
      ▼罪人 目倉皇 伊勢皇やくざ組長 非の丸連合 1000名は女子供含む家族らは それぞれ分けられ 失明の上 黄色の幽霊船に乗せ般若の旅路で死亡  失明の上 便漬けで和合山の山頂から 般若の山路で死亡。奇跡的に大鐘の音を頼りに下山した 数人の盲目のやくざだが 捕らわれ死ぬまで鞭討ちされ死亡。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「風鈴観音 山の如し 黄色の泥掛け風鈴地蔵 伊勢神宮の黄色朱雀の誉れ。南無」
      ※大名 第34代 伊勢ノ国皇 黄子皇 妻 愛新覚羅不義斎王皇女らは 皇族家でありながらも図々しくも特に神社に入り込み 不義の婚儀 特権身分付与を乱用乱発し保身の為にやくざ郎族とも不義婚儀を結び家来にし 河内伊勢だけでも300万人が組織的罪をし加担せし女子供家族は処刑されました。まさに 黄色の風鈴地蔵 黄色の朱雀皇 砂泥かけ黄色皇子 黄色の非の丸連合 黄色い龍 黄色一色の大悪党。

      ※死神と武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    86. 匿名 ID:==

      織田将軍家 福王千種城 国令
      ※伊勢ノ国皇 滅亡につき 成敗一言。
      ●織田将軍家幕府は 幕府創建以来の仏法に基づく仏教を【国教】とし 万民壇家を仏教文化伝統を継承し 過去の範囲の仏教宗義を織田将軍家幕府は補償する。
      ●織田将軍家幕府は 幕府創建以来の 神農稲荷を神教とし百姓町人職臣 庇護し 百姓壇家を明確に善と志 これを織田将軍家幕府は補償する。
      ●織田将軍家幕府は 平家の武家 宗教…皇族身分地位の創意檀座壇座を全て廃止する 諸々の志を善とし形式であれ 幕府創建以来の皇族文化権威を浅仲の範囲補償する。
      ▼神社神宮一言
      ●織田将軍家幕府は 幕府創建以来の神農稲荷の神教を玄とし 浅仲の範囲以外を 信仰宗教とし 庇護しない 補償しない。 主な やくざ(八苦座)神宮神社 伊勢神宮 出雲大社 厳島神社 愛宕大社 多度大社 多我大社 靖国神宮… 神農稲荷の神教以外は新興宗教とし布教を許さず下座し焼き払うべし 罪あるを認め 武家の情けにあずかるべし 織田将軍家幕府は政治犯罪人として その神宮神社の女子供家族含む家族を死罪を持ち成敗する。
      ●伊勢平定に伴い 伊勢ノ国皇に施設土地資源町…私物化私権化された 全てを没収し これを平に解放せん。 
      推奨歌
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「愛の道 新の道めざす 愛新覚羅不義斎王皇女 革命新興戦士の光。」
      ●徳川家 徳川家康
      「愛の道 一 二を知るも藍染の 青い 葵の紋の したり。」
      ●最上家 家臣 最上義定
      「愛の道 伏義の黒門 雪積もる南宮山 愛染の井字に染まる 完徹の夢の幻。」

      ※死神と武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    87. 匿名 ID:==

      織田将軍家 福王千種城 勲治
      ▼異教徒神社神宮 処分書
      ●織田将軍家幕府は その昔 大和王子蘇我幕府の ニ松院洛斎京を善とし再興す。
      ●織田将軍家幕府は ニ松院洛斎京(三段割日氏 盆栽家紋) 御要人に 織田有楽斎 楠木条斎 井上定守 稲葉一鉄を檀座す。
      ●織田将軍家幕府は ニ松院洛斎京の沙汰を善とし 神農稲荷以外の 以下の神社を庇護する 南宮大社 星一式神社 織田譜代神社のみとす。
      ▼織田将軍家幕府は 古来より伝わる 鎌倉聖一紋侍の刀により 仏稲以外の 新興教団 異教徒教団を成敗する。
      ▼織田将軍家幕府は 神農稲荷以外で 図々しく いやしく いかがわしく 無断で神社神宮を興し変貌させ語り 無能の上に 庇護をかすめる泥棒を背教罪とし全財産を没収し 成敗する。
      ▼主な いかがわしく神社神宮を語る政治犯罪異教徒 八苦座(やくざ)異世神宮教団▼ 
      ▼伊勢神宮 多度大社 異世神宮教団 伊勢ノ国皇と共に教団紋徒 皆殺しによる滅亡。
      ▼出雲大社 厳島神社 多我大社 靖国神社 愛宕神社…過去までさかのぼり 一族の財産を没収し紋侍の試錬貫徹の尾張とし皆殺しとする。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 楠木久光
      「ニ松院洛斎京 名前なし ニ松院洛 鬼の方。」
      ●織田家 家臣 丹羽長秀
      「待つだけ地蔵 ニ松院烙を志 冠を忠し騨す 滋が松の光。」
       。
      ※死神と武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。  

    88. 匿名 ID:==

      織田将軍家 丹倉 軍将。
      ●尾鷲 熊野… 南河内三重 伊勢ノ国皇の残党 掃討作戦により捕らえた女子供家族含む10万人の皇族神宮紋徒を失明の上耳を削ぎ 崖から落として処刑。
      概要
      ●処刑介錯行司人 織田家 三重従臣 鍬形夏安 九鬼高道 北畠信吉 柘植滝吉 騨字清信
      主な罪人
      ●尾鷲組長 鷲ノ宮清定皇 妻 弘 娘 化弘 と共に 失明の上 耳を削ぎ 丹倉の崖から突き落とし処刑。
      ●尾鷲 非の丸連合 会長 平端成弘 妻 多江 と共に 失明の上 耳を削ぎ 丹倉の崖から突き落とし処刑。
      ●これら罪人の耳は この土地に古くから伝わる 耳島塚に埋葬された。
      推奨歌
      織田家 三重従臣 鍬形夏安
      「異端の極道の道 忠される 目倉たわけの光。」
      織田家 三重従臣 九鬼高道
      「異端の道をも おこがましい 忠の目倉八苦座の光。」
      織田家 三重従臣 北畠信吉
      「端午の道 皇族神宮やくざ紋徒 死ぬ儀無 真っ当し 大儀を持ち晩す 目倉八苦座の光。」
      織田家 三重従臣 騨字清信
      「端午の赤道 転輪の死ぬ儀無 真っ当せん 目倉たわけの光。」
       。
      ※死神と武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    89. 匿名 ID:==

      織田将軍家 浅井家婚礼儀 祭事。
      婚礼祭行司人 織田家家臣 羽柴秀吉 丹羽長秀 柴田勝家 徳川家 徳川家康 最上家 家臣 最上義定
      ●織田将軍家は 近江湖北で 稚児宮婚礼祭と代師 お市様を浅井家に嫁がせ 正式に浅井家の家臣となる。
      ※ 織田信長様 一言
      「義理の兄であるも この信長 武門の檀座を習い淀 浅井家 浅井長政殿の ご家来とし 承知し なんなりと ご命令下され。」深々と頭を下げ 一礼。
      ●その後 織田と起こる浅井との合戦になると 【婚礼祭行司人の義務】とし羽柴秀吉 丹羽長秀 柴田勝家 徳川家 徳川家康 最上家 家臣 最上義定ら婚礼祭行司人が お市様 救出に難儀調整し救出する。
      推奨歌
      ●織田信長様 妻 織田きつの
      「愛 知るも 湖北の稚児に縁起よし 滋賀和匠 美しく近江に藍染め 廻りに興さん。」
      ●最上家 家臣 最上義定
      「行司の義務 森と成り 天地神命の大儀蹂躙せん。」
       。
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    90. 匿名 ID:==

      織田将軍家 伊賀国分侍 軍将
      ●伊勢ノ国皇 配下 伊賀(異我) 解放攻略掃討作戦。
      ●織田将軍家幕府は 前足利幕府 守護北畠家を善とし 滝野家 関家 稲部家 竹野家…らの武家を助け 伊賀に武家を再興し 寺院 神社 皇家 三社分離を 伊賀国分侍にて 再度 宣言する。
      ●織田将軍家幕府は 異我地方で捕らえた 伊勢ノ国皇 配下の5万人やくざ皇族神宮紋徒の女子供家族を伊賀国分侍にて処刑す。
      ●処刑介錯行司人 織田家 三重従臣 鍬形夏安 九鬼高道 北畠信吉 柘植滝吉 騨字清信 滝野家 関家 稲部家 竹野
      主な罪人
      ▼異我(伊賀)住吉神社 宮司 野口官九郎 失明の上 馬に死ぬまで引きずられ死亡。
      ▼異我(伊賀)愛宕神社 宮司 鷹森棚尾 失明の上 馬に死ぬまで引きずられ死亡。
      ▼異我(伊賀)12代 阿保神皇 阿保広影神皇 妻 えた 失明の上 耳 鼻を削ぎ 引きずり回した上に死亡。
      ▼忍者 一言
      ●織田将軍家幕府は 武家の淀の習いの者に刀与えし事 忍者語り武装するやくざ皇族神宮は 伊賀国分侍を忠し成敗する。
      ●織田将軍家幕府は異我(伊賀)城に陣取る 阿保神皇一門を成敗する。
      推奨歌
      織田家 三重従臣 鍬形夏安
      「目倉の皇に 般若の地獄あり 忠の目倉八苦座の光。」
      織田家 三重従臣 北畠信吉
      「死ぬのが義務のやくざ者 目倉の皇 赤目の道の光。」
       。
      ※死神と武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    91. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 国令
      政治 経済
      ●織田将軍家幕府は 奈良幕府創建以来の電力大手 北海道電力貴商行 東北電力貴商行 東京電力貴商行 中部電力貴商行 関西電力貴商行 中国電力貴商行 四国電力貴商行 九州電力貴商行 平条六田を善と志 織田将軍家幕府の定める約条を守りし所 区分け 浅仲の林宗五川の範囲を容し これを織田将軍家幕府は補償する。
      ●前足利幕府 より無断不当不法偽経に伴う許可を乱発し 小売販売権利を偽証偽造改竄し 小売権利を付与し 不正蓄財に関与する代官一族を政治経済犯罪人とし処刑する。大手電力以外の 約条無断不当不法偽経とし いかなる小売貴商行を違法とし 不正蓄財とし全財産を没収する。
      ●また 仕入れ小売に図々しく談合を組み 新興詐欺師貴商行 賦課金も 浅仲外 論外とし処刑 不正蓄財 代官はじめ政治経済犯罪とし全財産没収の上処分する。
      ●北陸電力貴商行 沖縄電力貴商行は 競争の永明苦し堅きと志 既存の大手に吸収する。
      ●織田将軍家幕府は 容認の約条淀る所 の無断の変更を厳しく処分する。形部助商に織田頼経を檀座す。
      ●処分 林宗五川の淀める所 主な代官 時の自商ノ将 代官 完直人皇から 貴族 損政吉皇 過去の肉親一族の全財産を没収し 女子供家族含め全て処刑する。
      ※この詐欺貴商行は 改革小規模を語り 大規模貴商行を小規模分離にかけ 脆弱化させ 改革と語り 小売仕入れ両面から犯罪を犯し 負託条件を落とし民百姓素佐を無差別に苦しめ 繁栄発展を阻害し国を滅亡へ導く 最悪の改革革命 黄色朱雀たわけ政治経済犯罪 悪党の一つ。
      ※織田将軍家幕府は 小規模貴商行を善とせず大村化 大規模化し競争力をつけ経世救済を賦与し 民百姓 素佐の暮らし 国 国益を守った。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「美しき平条六田 破りし 素佐たわけ 改革革命ゆだ の光。」
      ●最上家 家臣 最上義定
      「目倉の代官 裁ききたる 天鱗国帝 海を越える 称賛の殺戮 天輪 貫徹せん。」
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「目倉 黄色朱雀 国越える習い 天鱗国帝の裁きに 沈む 改革戦士の光。」
      ●織田家 家臣 池田恒興
      「黄色の朱雀 少しずつ米盗む 罪重ね 池田夜叉の血祭り 改革代官ゆだ の光。」

      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    92. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 国令
      政治 経済
      ●織田将軍家幕府は「聖火の約条」地方分家 水道武行代官 を善としこれを継承する。
      ●地方小規模 地方分家 水道武行を 競争の永明苦し堅きと志 順次吸収する。
      ●「聖火の約条」破りし 無断の合併 水道最低負託金 不当算定 徴収…代官を処分する。
      ●処分 林宗五川の淀める所。
      ※今まで地方分家 水道武行 水道最低負託金を1000人で年間10000円とする しかし過疎が進み 100人に減ると その地方分家 水道武行 水道最低負託金 年間100000円に上がり破綻する また浅仲外の料金となり不当料金となり政治経済犯罪にもなる 独立採算制を守り外部の公金投入は革命罪に値し処分する。
      ※織田将軍家幕府は 地方分家 水道武行 電力大手並に約条容認し 需要と供給で疲弊する地方分家を廃止し大村化 大規模化し競争力をつけ経世救済を賦与し 民百姓 素佐の暮らし 国 国益を守った。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 丹羽長秀
      「大村の誉れ 海越える 天鱗国帝 聖火の誓 檀して忠す 林宗五川。」

      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    93. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 国令
      ●織田将軍家幕府は 大手テレビ放送局【チャンネル割り当てに物理的な限り妥協の余地あり】と志 平条六田を善と志 織田将軍家幕府の定める約条を守りし所 区分け 浅仲の林宗五川の範囲を容し 既存元約条を善とし これを織田将軍家幕府は継承補償する。
      ●地方分家 放送局を善とせず 条件確保乏しきと断志 大手テレビ放送局完全吸収とし 地方分家 放送局を廃止する。
      ●織田将軍家幕府は 地方分家 放送局 小規模運営 条件要無し 国民賦与条件…諸々 永明苦し堅きと断志 大手テレビ放送局以外を全て廃止 禁止する。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田信忠
      「大村の誉れ 信じて 忠 守る 林道 光大き道 翔び超えん。」

      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    94. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 国令
      ●織田将軍家幕府は たばこ武行の存続を支持し 検閲強化をはかり自由化する。【楽市楽座】
      ●たばこに関しては 林宗五川の補償外の 平の品物文化 そもそも妥協点を見いだせず自由化 楽市楽座とする 幕府との原本約条…生産運営小売流通…の何一つも守られないにも関わらず 突如たばこ商材に入り込み 図々しくも私権化私物化し あらゆる合理性 秩序 権限…悪用乱用し 不当に「言い値」商政に及んだ 財蔵ノ将 代官 麻草千多郎神皇 前代未聞の奇人政治経済犯罪人とし 一族肉親の全財産没収の上処刑とする。
      たばこ武行 小役人 奇畑五味助皇「自らで立政せん」織田将軍家幕府 おにぎり一つ1億円の言い値を強要し 奇畑五味助皇は物を変えずに餓死して死亡。
      ※織田将軍家幕府 幕府との原本約条に戻し 奇妙な政治経済運営を忠 一時 原価概算制をし価格を適正化し自由化した。【楽市楽座】
      ●織田家 家臣 柴田勝家
      「前代未聞の楽市楽座の 渡りしき究極の癌 改革革命ゆだ の光。」

      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    95. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 国令
      ●織田将軍家幕府 直接窓口支払い 出店支払い 銀行振込…多様条件を善とし【元約条】のみを継承補償する。無断不当に改革された全てを処分する。
      ●織田将軍家幕府は 電気 通信にて 突如図々しく約条無断で 改竄し関与した 黄色朱雀が米を少しずつ盗み罪重ね銀行利益確保の安っぽいお決まりの方法 釜かけ商売繁昌やくざ政治経済手口 財蔵ノ将 代官 麻草千多郎神皇 政治経済犯罪として追加する。
      ●振込み方式なら堂々と約条変更し請求するべき 持続的無差別に不当権限の乱用で政治経済犯罪人とし処刑する。
      ●電気 通信 料金代官 黄奇千多郎「自らで立政せん」織田将軍家幕府 事あるごとに 図々しく料金を引換に義務や料金を引換 強要し 処刑した。
      ※これは伊勢神宮目倉やくざ改革ゆだや政治家の手段 基本 素人 一般人の地位で お参りするなら自由 畑違いの阿呆やくざ神天皇が入り込み 図々しく いやしく 礼儀だ何だと難癖つけて 義務を負わす 阿呆やくざ神天皇の手口。
      ※その昔 伊勢神宮阿呆やくざ神天皇が伊勢を治めた時 水 米を買うのに 服脱げだの股開けなど義務を負わして売り 究極のいやしく図々しい伊勢神宮阿呆やくざ神天皇と 言い伝わる。その後 この伊勢神宮阿呆やくざ神天皇…女子供家族含む一族は 織田信長様と云う将軍様に 失明の上 服を脱がされ 街中引き回され 一族山で伊勢神宮阿呆やくざ神天皇…女子供家族は皆殺しにされたと 一族山の血の涙地蔵が伝えられる。
      推奨歌
      ●徳川家 徳川家康
      「甲 乙 怠慢 図図天界上人一切秋 南無の道の光 臨終さらばの道。」
      ●織田家 家臣 楠木久光
      「布引き 異端異質の布教 ここに眠る 血の涙ながす地蔵知る所 一族山の光。」

      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    96. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 軍将
      ●織田将軍家幕府は伊賀攻略の 阿保親王 聖武天皇阿保頓宮で 3千人で たてこもる阿保親王一族は 副官参謀の八皇子将角(尾張八王子家親戚)の寝返りにあい 阿保親王一族は異世神宮御神体の一つ八咫鏡を体に巻きつけ 腹を十文字に切り自刈して果てた。
      ●阿保親王から寝返った 八皇子将角は一時 伊賀霊山の霊山現寺院に留め置かれ その後 尾張八王子家に戻り復職する。
      ●織田家 従臣 八皇子将角
      「小さき愛か 奇跡の この身かな ニ座無き 夕雲(幽雲)の如し。」
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「鎌倉聖一紋侍 鷲白菊一紋侍 刀紋侍の檀に沈む 黄色朱雀皇の光。」
      ●織田家 家臣 佐々成政
      「福王 八王 大鐘 大村 風鈴観音 山の如し 東の大日に沈む 黄色天照皇の光。」
      ●最上家 家臣 最上義定
      「武一 三洛 風鈴国帝に上座 護字家紋淀 守る 黄色く染まる 幽雲出雲の光。」
       ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    97. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 国令
      権利 忠の国令
      ●織田将軍家幕府は 海王天帝定める法憲を 負託を負うに値する 唯一の幕府で あると宣言する。
      ●織田将軍家幕府は 民部代官の選任権を忠 負託を補償する。民部選任にあたり 献金 買収 売収(組織票 推薦票なるもの)を 市場原理 公平性 不当権限行使 違憲とし 忠 廃止し 公平制を補償する。また関係者を過去までさかのぼり処分する。【楽市楽座】
      ●織田将軍家幕府は 海王天帝定める法憲 義務教育を忠 負託を補償する。義務教育は幕府直割 国立とし 児童が その土地風土や代官に影響うけず 地方分家を廃止し 教科書 財士…諸々 一律公平の義務教育とする。私邸塾 私邸学高を小中義務教育の範囲の運営を悪とし全て廃止する。高大学校以上を自由とす。【楽市楽座】
      ●織田将軍家幕府は これら権利あずかる処 大納権役 御要人に前田利家 平手国淀を檀座す。
       ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    98. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 伊賀 阿保親皇 息速親皇 弔い大歌会。
      ●織田将軍家幕府は【王道楽土】の大歌会祭事
      ※歌会行司人 千利休大聖人 早乙女王八郎 大村弾正忠信
      推奨歌
      ●織田家 家臣 早乙女王八郎
      「尾張の早乙女見参 三重の稲畑 藍染めに染まる 早乙女檀上に沈む たわけ百姓黄色朱雀。」
      ●織田家 家臣 大村弾正忠信
      「尾張の大村弾正忠信 三重の小村 藍染めに染まる 大村弾正忠信 たわけ村長黄色朱雀。」
      ●最上家 家臣 最上義定
      「大鐘と大鎌 担ぎし国帝と早乙女檀上 裁き下された 二松院洛 滝の如し 王道楽土。」
      ※織田将軍家幕府は伊勢(異世)ノ国皇時代の小村制10万の たわけ村皇長黄色朱雀豚を廃止吸収し大村化し効率性を上げ負担を減らした 稲田畑 農業生産も稲荷神社壇家紋侍を再興し 無断 稲荷神社壇家無しで営む100万人とも伝わる たわけ黄色朱雀百姓を追放し 少数精鋭化し負担を減らした。また流通検閲を忠 不良品も大幅に減少した。
      ※伊勢(異世)ノ国皇時代 たわけ百姓黄色朱雀は 自由を語り検閲を壊し無視反故にし 満蒙開拓団を語り 偽の王道楽土とし蘇り 騒乱を興した。
       ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    99. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 美旗新田陣屋 美旗古墳大歌会祭事
      ●赤目討伐を 前に美旗古墳を「忌まわしき歴史 改革皇 眠る墓」「忌まわしき歴史 偽伊勢出雲天皇 眠る墓」「忌まわしき歴史 素佐ノ皇 眠る墓」「忌まわしき歴史 目倉八苦座天皇 眠る墓」「忌まわしき歴史 壇家なし戦士 眠る墓」と断志 大歌会祭司行司する。
      大歌会行司人 千利休大聖人 水色
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「貴人塚 琴平塚 並びし姿 偽の素佐ノ皇 黄色に染まる小波田 星川の光。」
      ●織田家 家臣 井上綱秀
      「忍者と性し刀持ち 百姓と性しくわを持ち しめ縄 越える 偽の素佐ノ皇 女郎塚の光。」
      ●織田家 家臣 柴田勝家
      「立花を見るがだけの 凡人が しめ縄 越える癌の如し 黄色素佐ノ天皇 馬塚の光。」
      ●織田家 家臣 楠木久光
      「火葬がもっぱら仏人界で 名もなき殿様 土葬に壇座 異世(伊勢)の天皇 殿塚古墳の光。」
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「古来の壇家 破りし 幽霊伊勢出雲人 眠る土塚古墳 八幡おろしに沈む 美畑の光。」
      ●最上家 家臣 最上義定
      「出羽にさくらんぼの花 信州 青森の林檎の花 美畑を座して 沈む 一ノ井土塚古墳 流れる星川の光。」
      ●織田家 家臣 織田信忠
      「武一 三洛 武一を檀座し 三帝守る 素佐出雲天皇 紋侍で終わる 星川 尻矢古墳の光。」
      ●織田家 家臣 丹羽長秀
      「琴平に 多杉の春日宇治宮  一ノ井 春日宮土山古墳の 伊勢出雲邪神 黄色朱雀非の丸の光。黒鷲の布部ノ鬼丸殿 立てて 建て まつらん 貴人塚古墳。
       ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    100. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 鎧岳陣屋 赤目四十八滝大歌会祭事
      ●赤目討伐を 前に「北風の黒鷲」と断志 大歌会祭司行司する。
      大歌会行司人 千利休大聖人 水色
      ●織田家 家臣 織田信雄(北畠信雄)
      「赤目の滝に 北風の黒鷲 玄す 黒甲 奉り 林宗五川 武一 三洛 試錬の貫徹。」
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「八畳岩 北風の黒鷲 舞う 偽りの黄色朱雀素佐ノ皇 不退を座し 布引きの尾張。」
      ●織田家 家臣 佐々成政
      「浮世の紋侍の終わり完徹せん 自由の黄色朱雀改革素佐ノ皇の墓場 山の如し。」
      ●最上家 家臣 最上義定
      「天鱗国帝 宮島琴司を檀座し審判下る 秀でる林宗五川 黒鷲の如し 転輪に沈む 黄赤の朱雀の光。」
      ●織田家 家臣 丹羽長秀
      「百畳岩 自由の黄色朱雀改革素佐ノ皇 商売繁昌 重たき屋敷 ニ松院洛 檀座して 三条釛興様 縄渡りしき黄色朱雀改革素佐ノ皇。」
      ●織田家 家臣 池田恒興
      「斧が淵 甲 乙 習いし図々しい 北風に乗りし黒鷲 美しき池田の黒夜叉を檀座して 沈む 図々しい自由の黄色朱雀改革素佐ノ皇 斧が淵の光。」
      ●織田家 家臣 加藤定政
      「荷担滝 担うし義務 無能の如し 赤目 藍染めに染まる ニ松院洛 盆栽松の光。」
      ●織田家 家臣 前田利家
      「北風の黒鷲 君臨す 土筆と雀 緑に染まる庄内平野 七色岩の誉れ。」
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「済浄坊の滝 斎条殿下 君臨す ニ松院洛の審判 烙陽とす 三条釛興様に沈む 商売繁昌黄色朱雀改革素佐ノ皇 陰陽滝の光。」
      ●織田家 家臣 楠木久光
      「溺れる者は 八苦座も使う  図々しい自由の黄色朱雀改革素佐ノ皇 穢多非人 麻草千多郎神天皇 縋藤滝の光。
       ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    101. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 鎧岳陣屋 赤目四十八滝 曽爾村 山狩り掃討作戦 軍将。
      ▼伊勢ノ国皇 配下 赤目四十八滝 曽爾村 周辺に逃げ隠れる 皇族神宮やくざ紋徒 女子供家族含む 5万人を処刑。赤目山 宮城宮殿 神宮は 皇族神宮やくざ紋徒女子供家族含むの死体もろとも焼き払われた。
      ▼伊勢ノ国皇 弟 目倉皇我頼皇子 愛新覚羅家 斎ノ宮伊世我皇女は 逃亡中 大和 武家 荒木村重 関所で捕らわれ 身柄を 織田家へ引き渡された。
      ●屏風岩公苑で その昔 赤目四十八滝処刑場で 鎌倉幕府 従う皇家朝廷人を八天燈籠を用意設置し 習いをし処刑した。
      ※処刑介錯行司人 織田有楽斎元老院 楠木久光斎条聖人 羽柴秀吉条土聖人
      ▼この土地の門僕の教えを善とし 黄色朱雀邪者への 武家の情けの辞世。
      ▼伊勢ノ国皇 弟 目倉皇我頼皇子
      「穢多非人の道 我の命虫けらの如し 死ぬ義務 真っ当せん 消せぬ黄色 島原 裏神崩れの光。」
      ▼愛新覚羅家 斎ノ宮伊世我皇女
      「愛の道 新たな道 しめ縄超えて広がる赤い道 限りに沈み 雀の抵抗ここに終わる 夫婦滝の光。」 
      ▼目倉皇我頼皇子 男女子供 3人も処刑。
      ▼愛新覚羅家 斎ノ宮伊世我皇女 屏風岩公苑 情けの弔い碑。
      「愛の道 新たな道 改革革命 女将の光 夫婦滝 屏風岩公苑に眠る。」
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田信忠
      「赤目四十八滝 なまず去り おおさんしょうお 蛍 玄す 青竜に忠。」
       ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    102. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 国令
      武家再興
      ●織田将軍家幕府は 自称 伊勢ノ国皇こと伊勢国 偽皇族 神宮を追放し 平定 前足利幕府よりの守護大名北畠家を善とし 守護大名 北畠信雄とし 地名を三重河内国とし 武家支配再興を宣言する。
      ●織田将軍家幕府は 古来幕府より続く国教の仏法に基づく壇家を善とし三重河内国 万民壇家を再興とす 百姓浅仲の範囲は神農稲荷神社壇家を再興し 織田将軍家幕府は これを補償する。
      ●織田将軍家幕府は 神農稲荷以外の神社 尾張譜代 ニ松院洛斎京の担保以外を庇護せず 布教も認めない禁止する。 また明確な仏教 神社 皇族 三社分離の立場を織田将軍家幕府は負託する。
      軍理
      ●織田将軍家幕府は 近江 越前 摂津 山城 端午丹波群 大和 紀伊で 前足利将軍家をないがしろにし仏教を迫害し 最大の権力者である 第45代 海北茨城皇家 第60代 平安崇敬神皇家 第30代 京都千秋浮貴島神皇家 第75代 千黃天皇家とし これに配下する武家を朝倉家 一色家 黃茶家 鳥村家 浮林家 浮佐実家 浮多千皇門饗家 浮黃家 松永家 三好家 細川家 京極家 六角家 波多野家 茨城家…武家 皇族神宮やくざ紋徒 前足利幕府 謀反人とし成敗する。
      ●本願寺 滋賀和匠一門 東大寺を助け 機内 北陸に居座る いかがわしい皇族神宮やくざ紋徒を追放解放し仏教万民壇家を再興する。
      ●朝倉家 討伐を持ち 機内 北陸 合戦開戦とする 仏家譜代の武家 平城大和皇家担保 以外は問答無用で 鎌倉聖一紋侍 鷲白菊一紋侍 淀知る処 成敗し 古来の忠しき武家幕府を再興す。
      推奨歌
      ●最上家 家臣 最上義定
      「琵琶湖に天鱗国帝黒鷲君臨す 北風に名座鳴る 六甲おろし 風鈴 加山の如し。」
       ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    103. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 茶会
      ●織田将軍家幕府は 越前 雨宮神皇家 朝倉家 討伐を前に その昔 福王山で 福の音の観音様の教えにより万民の迷いを取り除いたとされる伝承に習い 茶の濁りを取る 真言の茶歌会祭事を行司す。
      ※茶歌会祭事 行司人 千利休大聖人 題 越前 法皇山遺跡 水色。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「北に七尾 蟻ノ女王 建て 立てて たてまつり 黒一色 壇家なしの 幽霊退治 霊蛇滝の光。」
      ●織田家 家臣 前田利家
      「雨宮神皇 保証なき迷信迷走の目倉邪皇 法皇山教義 最終防波堤と盾し 神の抵抗 天草天皇退治 雨降滝の光。」
      ●織田家 家臣 赤門侍信守 
      「赤線越える 雨宮神皇 大聖侍城 法皇 蟻ノ女王座して 素佐退治 霊蛇滝の光。」
      ●織田家 家臣 楠木久光
      「法皇山 聖者と断志 蟻ノ女王神和 紋侍に習い 栄華三輪せん 黒羽 雛段滝の光。」
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「越前からの武家の習い 赤線超えるか 女ノ将天皇大名 法皇山古墳に 改革革命 女ノ将天皇大名眠る 越後の光。」
      ●織田家 家臣 織田信忠
      「かがし皇子 大納権 雷神様 田んぼに 法皇山かがし皇子 蟻ノ女皇あり 田布施ノ壇引 幽霊退治 霊蛇滝の光。」
        ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    104. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 軍将
      大聖侍城 救出解放戦 軍評。
      ●織田将軍家幕府は大聖侍城の支援の要請を承諾し 30万の軍勢を侵攻投入し 雨宮神皇家10万人の神将 鬼多広大… 皇族神宮紋徒の包囲を破壊掃討し 加賀大聖侍城に 越前 越中のたてこもる 武家 七尾継吉 赤蔵道定 赤堂正勝 南魚継定 赤門侍家 七里家 遊佐家 真柄家…を3万人を救出解放す 武家再興 仏再興…に最も 義務を負える幕府であると知らしめた。
      ●織田将軍家幕府は大聖侍城に朝倉方の武将仏家が居るにも関わらず 助けるばかりか 何も出来ない朝倉家を朝倉義景らを福王千種城で大叱責 さらに加賀大聖侍城は越前朝倉領であり 朝倉領内の騒乱の鎮圧すら負託出来ない無能の朝倉義景らを大叱責 朝倉義景らは 数日福王千種城に留め置かれ 処分を言い渡されて 一乗谷城に帰城す。朝倉義景らは織田家と決戦に及ぶ原因の一つ。
      ●織田将軍家幕府 越前守護 朝倉家を朝倉義景 処分書。
      「越前守護 朝倉家を朝倉義景 越前守護 負託義務無し無能とし 大名家を除籍 一武家とし烙印とす 越前守護 御要人に織田家旗本 柴田勝家 前田利家 池田恒興とし朝倉家一門は軍門に下るべし。必ず 一乗谷城 鯖江舘…引渡すべし 苽三家紋を除籍とし 苽三家紋を織田将軍家が引き継ぐ。
      ※鯖江舘の赤門侍家は苽家紋の玄蘇で宗務形部 苽家紋を通じた 織田家の遠い親戚。越前加賀 大聖侍城騒で赤門侍家配下多数死亡。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 赤門侍信守 
      「鯖江に赤門侍 池田恒興 美しき黒夜叉 蘇る 苽の道 黒く染まる 羽ない処。」
        ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    105. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 茶会。
      鷹の伝承数多い越前を題し 茶の濁りを取る茶歌会祭事を行司す。
      ※茶歌会祭事 行司人 千利休大聖人 水色。
      題 越前 坂井 六呂瀬山遺跡 天継天皇 高向の宮。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「庇護の闇継 浅井朝倉 檀座 比叡山に沈む 不滅の法灯の光。」
      ●最上家 家臣 最上義定
      「天の教え 三洛五条 風鈴の如し 信じて長く 天継 天鱗国帝 八剣六呂丸 岩倉五条殿。」
      ●織田家 家臣 丹羽長秀
      「鷹向と志 坂井め超えて 死字久保素佐将 逆振り騨志 赤堂正勝殿 振姫 知る処の光。」
        ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    106. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 軍将。
      ※処刑 処刑行司介錯人 織田家 羽柴秀吉 柴田勝家 前田利家 佐々成政 池田恒興 赤門侍信守 徳川家 徳川家康 本多忠勝 朝倉家 朝倉秀忠…八天燈籠知る処 鎌倉聖一紋侍の刀 淀ノ処で処刑。
      ●織田将軍家幕府は 越前領内の 越前出雲大社 伊勢(異世)神宮 壇家なし 10万人女子供家族 出雲皇族神宮やくざ紋徒の全財産没収して その昔 北陸地方に 羽黒蟻美智女王が宿し 虫害を払い稲荷繁栄を興したとする伝承を習い 蜂天燈籠知る処 天魔池足羽山遺跡処刑場で処刑した。
      ●織田将軍家幕府は古来幕府より続く国教の仏法 神農稲荷に基づく壇家を庇護し 前足利幕府より続く 暴挙を用いる不義の庇護による 無能新興教団を処分した。また越前に存在する出雲伊勢(異世)皇族神宮やくざ紋徒の全財産没収の上 越中に逃走した100万人の残党も順次処刑する。
      ●主な宗務罪 不義庇護 不正利徳 利徳乱用 革命罪…重十政治経済犯罪。
      ▼主な罪人
      ▼越前出雲大社 10代宮司 出雲消六神皇 失明の上 五層の赤門 台渕から 突き落として処刑。
      ▼越前出雲大社 10代宮司 出雲消六神皇 妻 広華神皇妃 失明の上 五層の赤門 台渕から 突き落として処刑。
      ▼越前出雲大社 越前出雲家 肉親一族女子供含む 300名も 失明の上 九頭竜川から 黄色出雲彫り幽霊船に乗せ 般若の船旅路で処刑。※その後 江戸中期 この幽霊船は 遺体を乗せたまま 奇跡的に青森沖で座礁して発見される。
      推奨歌
      ●最上家 家臣 最上義定
      「天鱗国帝 庇護の天継 天草天皇 天魔池足羽山に眠る。」
      ●徳川家 徳川家康
      「天継天皇の光 気比振姫の光 不滅の法灯の光。」
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「北ノ将 黒蟻 雷名の風鈴 鳴る 黒蟻ノ羽女王 侍 知る所の光。」
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「仏ノ壇家なし 神農壇家なし 伊勢(異世)出雲ノ幽霊人 山の如し 万民壇家の光。」
      ▲一言
      ※織田将軍家幕府は 仏座 神座 皇座 庇護三社座分離を明確に忠 古来幕府の国教仏法に基づく壇家 神農稲荷壇家のみを継承保証し 3000万人とも伝わる日本に存在した壇家不明者なる 不当な庇護偽経…により壇家を拡大した 特に出雲伊勢(異世)皇族神宮幽霊紋徒を処分し廃止禁止し 正しき万民壇家を宗治した。
         ゜
      ※死神と武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    107. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 一月一日の 正月 除夜の大鐘打ち大祭事。
      祭事上総ノ行司人 羽柴秀吉 徳川家康 最上義定
      ●織田将軍家幕府 福王千種城 福王山で その昔 毘沙門天の弟子比べの太鼓打ちの伝承に習い 直系20メートル 長さ15メートルの 大鐘を 福王山 山頂に据付 100人で 巨木の大筒を叩いて 除夜の大鐘打ち大行事す。※その音は 西は端午 東は遠江 北は加賀 南は三重新宮まで聞こえたと 言い伝えられる。また この音を頼りに 正月3ヶ日で 1000万人の国民が 福王千種城下町に訪れた。
      ●越前一城谷朝倉討伐決戦を前に その昔 池田名乗る侍が 越前に臣とした頃 平和を秀興したとされる伝承に習い 池田恒興 赤門侍信守 行司人のもと 10000人の芸者を投入し 越前郷里民謡芸能「越前 三国節 夜叉節」を行事す。
      ●織田将軍家幕府は 越前一城谷朝倉討伐決戦を「天鱗国帝 雷鳴 十輪」「壇ノ浦の決戦」「北風の黒蟻 羽黒の黒蟻女王」と題し 一月一日の 正月の大茶歌祭事を行事す。
      大茶歌祭事 行司人 千利休大聖人 水色
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「安徳天皇 亡霊蘇る 一城谷 転輪に沈む 出雲幽霊天皇。」
      ●織田家 家臣 池田恒興
      「北風の黒蟻 羽黒の黒蟻女王 檀座し 美しき池田夜叉と化す 沈む 出雲天草天皇。」
      ●織田家 家臣 赤門侍信守
      「三国と おこがましき猿芝居 蟹ノ目山 縄渡る 幽雲と 沈む 黄色出雲天草天皇。」
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    108. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 一月二日の祭事。
      祭事上総ノ行司人 羽柴秀吉 徳川家康 最上義定 織田信忠
      ●織田将軍家幕府 福王千種城 福王山で 正月 その昔 東海地方に伝承される 北条とも北京 北都 北将 北帝…紫の法衣 女ノ臣が 一月ニ日 必ず行事したとされる 東海地方に伝承される 武将藍染め法衣一色の大茶歌会を行事する。
      ●数十世紀も その昔 北風の黒蟻 羽黒の黒蟻女王 黒羽持つ黒蟻女王 羽黒栄光栄華の伝説神話の発祥の土地と断志 大虫村 黒羽持つ黒蟻女王の大茶歌会を行事する。
      大茶歌祭事 行司人 千利休大聖人 池田恒興 赤門侍信守 紫色。
      茶の濁り取る 題 越前武生町 大虫村 大虫遺跡 鬼ヶ山 東千福村。
      推奨歌
      ●最上家 家臣 最上義定
      「黒羽持つ黒蟻女王 武一 三洛 興し守り 東千福 護摩念仏 天鱗国帝に沈む 黄金輝く 阿呆親皇 出雲天草天皇 安徳天皇。」
      ●最上家 家臣 最上義頼
      「鮭と鯖 苽と二引き 黒羽持つ黒蟻女王 北ノ将 鱗たてまつり 天鱗国帝に沈む 黄金輝く 阿呆親皇 出雲伊勢天草天皇 安徳天皇。」
      ●織田家 家臣 池田恒興
      「黒羽持つ黒蟻女王 大聖侍 建てまつり 美しき黒蟻ノ夜叉と化す 雷名の聖戦 物語 転輪す 北風に鳴る風鈴の音。」
      ●織田家 家臣 織田信忠 
      「順逆二門まで 仏の淀も三度まで 信じて忠 大聖侍 黒羽持つ黒蟻女王 敬意の忠魂 武一三洛 嶺南北なし 歴史なき亡霊 黄金輝く壇の裏の天皇神宮臣の霊邪の光。」
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「嶺北に紫式部 座して 白黒赤 緑 晴れわたる 藍染めに沈む 黄金の菊 真袒の習い。改革革命の光。」
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    109. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 軍将。
      越前軍理
      ●先の姉川の決戦で大敗し 一城谷城で立てこもる 朝倉義景一族が 家臣の毛屋猪介 安徳天皇家 安徳門部衛皇将 天雲広大皇将 千畳広鷹皇将 高倉天皇家 高倉広長皇皇将 伊勢親皇家 多度倉小波皇将…出雲伊勢の10万人皇族神宮紋徒の謀反により 逃亡 加賀大聖侍城に 助けを求め 柴田勝家 前田利家らに保護された。
      ●織田将軍家幕府は 先の頃から朝倉一族は無能と断志 統治能力なしと断志 武家の情けと志 大名職 苽三家紋を除籍とし 苽家紋を通じた遠い遠い親戚の一武家とし 越前朝倉山舘 代官とする。また 織田家 お市様 女ノ将らの解放侭力し その実務 恩を善と志 朝倉家の処分とし 織田将軍家幕府は これを貫徹の負わりとし補償する。
      ●織田将軍家幕府は 「越前 安徳天皇 出雲伊勢天草天神皇 討伐 壇の裏の戦い。」と改名し 一城谷 敦賀 若狭に全軍を上げて侵攻する。
      ※一言 
      朝倉義景一族 朝倉譜代の武家 その女子供家族 全ての髪を剃り 朝倉家 代々腰習い仏僧を伴い ただちに福王千種城に上洛するべし。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 赤門侍信守
      「東に大日 満月と 大聖侍 丸岡ところ に 浮かぶ 安徳天皇の 毛剃ノ丸首。」
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    110. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 軍将。
      一城谷城 合戦 「越前 安徳天皇 出雲伊勢天草天神皇 討伐 壇の裏の戦い。」
      ●織田将軍家幕府は 安徳天皇家 安徳門部衛皇将 出雲伊勢神宮家 天雲広大皇将 多度倉小波皇神将 2万の皇神紋徒で 立て篭る 一城谷城を10万人の軍勢で攻略解放す。
      ▼討ち取りし敵将 罪人晒しの首 祭事。
      ▼15代 出雲安徳天皇家 長兄皇子 安徳門部衛皇将 妻 雲鳥出神皇女 長女 暗徳神皇女…一族は 気比神宮で 髪の毛を全て剃られ 丸首の生首となり 訪れた人々に けまり の様に 蹴らりたり投げられたりされた。死体は気比神宮の便所に吊るされた。
      ▼28代 出雲伊勢神宮家 当代 天雲広大皇将 妻 雲天神皇女…一族は 鯖江兒四山神社 髪の毛を全て剃られ 丸首の生首となり 訪れた人々に けまり の様に 蹴らりたり投げられたりされた。死体は気比神宮の便所に吊るされた。
      ▼25代 多度倉小波皇神将 妻 多広神皇女…一族は 鯖江兒四山神社 髪の毛を全て剃られ 丸首の生首となり 訪れた人々に けまり の様に 蹴らりたり投げられたりされた。死体は気比神宮の便所に吊るされた。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「四千年の歴史 知るところ 東西南北 神皇なし 西山すら おこがましき 黄色一色出雲伊勢目倉イタコ天神皇。」
      ●織田家 家臣 赤門侍信守
      「死ぬに 死にきれず 小多度に小波たつ 長泉の黄色朱雀素佐改革革命天神やくざ政治人 ゆだ崩れの光。」
      ●織田家 家臣 柴田勝家
      「四千年の歴史 知るところ 神皇のところ 穢多非人 イタコ ゆだ やくざ 浦神崩れ 島原天草四千年の光。」
         ゜
      ※死神と武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    111. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 一月三日の祭事。
      祭事上総ノ行司人 羽柴秀吉 徳川家康 最上義定 織田信忠
      ●織田将軍家幕府は 滅ぼした 伊勢(異世)の皇国神皇らの 頭蓋骨で作る 黄金の濁醪の酒祝いを行事す。※この時 この正月時期 形式の習い沙汰 福王千種城に正親町天皇の従臣侍も隣席したと いい伝わる。
      ●酒宴の席で 阿呆虎対峙 虎狩り と称し 古来最上家 山形 三淵 黒獅子の大舞が披露された。
      ●酒宴の席で 古来北畠家 三重河内 尾鷲地方に その昔 腕の良い 鷲師が 害鳥を払い稲荷の繁栄をもたらしたと伝承する 三山渕 黒鷲の大舞が披露された。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「正月 紅白 白黒 福王千種 緑生えわたる 風鈴民芸 山の如し。」
         ゜
      ※死神と武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    112. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 一月三日の祭事。
      祭事上総ノ行司人 羽柴秀吉 徳川家康 最上義定 織田信忠
      ●織田将軍家幕府 福王千種城 福王山で 越前 若狭討伐を 前に 越前若狭に 伝わる 嶺南北の名残り「南都の女ノ将 人魚姫」。端午若狭「酒呑童子」「和歌佐 紫式部 三十三間山」「おおい町名田庄虫鹿野挙原 空 風 火 水 地 虫谷川 市辺押磐皇子塚遺跡。」を題し 端午人形百段 ちまき を出し 茶の濁りを取る茶歌会祭事を行司す。
      ※茶歌会祭事 行司人 千利休大聖人 水色。
      推奨歌
      ●最上家 家臣 最上義定
      「天鱗国帝 鱗姫 織田きつの殿 轆盧山 布陣す 南京蘇る 鮭鯖 稚魚の宮戻り 鱗持つ人魚姫 織田きつの殿 越前若狭君臨す 三十三間山 刀に掛けて 名星の如し 大天輪 大儀伝命万す。」
      ●最上家 家臣 最上義頼
      「酒呑童子 鮭天道師とし 鱗持つ 天鱗国帝 風画天鱗の出会い 鱗持つ妻 織田きつの人魚姫殿 南都女ノ将 頼りし 名声興す。」
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「天鱗国帝 鱗持つ人魚姫 織田きつの様 風画天鱗奇跡の出会い 南に星輝く 和歌佐に名声 緑一色 奇跡の誉れ 大儀伝命万す。」
      ●徳川家 徳川家康
      「時の変わりは空の如し 和歌佐に響く福歌 風鈴の如し 邪者を照らすは火の如し 讚えを知るは水の如し かぎり知るは地の如し。」
      ●織田家 家臣 丹羽長秀
      「端午一色に五月笹餅将軍あり 長く秀でて知らん 黒一色 黒対黒 鷲対鷲 風画天鱗奇跡の兜虫の決戦 端午の鬼 鍬形夏安殿。」
      ※一言
      この時 福王山に大型端午人形百段飾りが お披露目され 福王山 福王千種城で 100万人にちまき が与えられた。
        ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    113. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 和歌祭事
      祭事上総ノ行司人 羽柴秀吉 徳川家康 最上義定 織田信忠
      ●織田将軍家幕府 福王千種城 福王山で 越前 若狭討伐を 前に 越前若狭 その昔 侍知るところ 夕暮れ山 風鈴地蔵語り 伝わる 和歌祭事を行事す。
      ●武家の習いし郷里信壇祭事は その昔 その土地 その栄華 を善とたてまつり その伝統伝承を守り祭事す 羽柴秀吉行司人ともなると介錯行司補償… 一句 法外な金になるが 無償で 若さに習い 越前児童のみの和歌祭事を行事する。
      ●侍知るところ 尾張 田端式 五色短冊 越前若狭和歌を夕暮れ山で行司す。
      ※和歌行司人 百姓大名 羽柴秀吉 夕暮れ山 白色
      羽柴秀吉の和歌
      「夕暮れに 浮かぶ 夕雲の 異端 縄わたる雁 足に羽もつ 出雲伊勢の浮遊霊。」
      児童 金賞 和歌
      ●大谷吉継 幼名 堅守
      「散り散りの星 探す 善き世の風鈴 幽霊対峙。」
      ※大谷吉継とは 越前 大谷村 大谷寺 真言大谷の この時代珍しくない孤児 大谷村の百姓の子で 片目 下半身が不十で 騒乱で片目 下半身が不十が幸し 武家の情けに入り 奇跡的に生き延びたとか その子を保護した寺小屋が大谷寺 真言大谷寺と 言い伝えられる。堅守の 親 家族を見つける 死に目を知る…思いを込めた歌。これを縁に羽柴秀吉の家来御要人となり 関ヶ原で黒鷲ノ将と志 治部ノ将 石田三成 と共に武家として立派な最後をとげ 夕暮れ山 地蔵 天の川の星 南ノ流れ星に帰ったと言い伝えられる。
      ●百姓大名伝説や不十な子でも 沙汰は狭き 弱気を助け 立派に大成せんを 織田将軍家幕府は世に知らしめた。
        ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    114. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 軍将
      敦賀国吉城 合戦 「越前 安徳天皇 出雲伊勢天草天神皇 討伐 壇の裏の戦い。」
      国吉城で立てこもる 15代 出雲安徳天皇家 二男 安徳国定皇子。 32代 出雲天増天皇家 長兄 天増多魔広皇子。 45代 伊勢闍親町神天皇家 長兄 市辺押磐皇子 12代 伊勢出雲蜘蛛我入鹿天皇家 長兄 伊勢出雲蜘蛛我入鹿多広鷹皇子…皇族神宮やくざ紋徒 3万人を 庇護改革革命政治経済犯罪人とし処分する。
      ●主な軍評 これら庇護改革革命政治経済犯罪人は 前足利幕府 庇護職を暴挙謀略を持ち圧政し 権限施設…あらゆる物を私権化私物化し 国教の仏僧を暴挙を用い追放し 不義の庇護権利を乱用し 庇護負託義務を知らん無能の上に 伊勢(異世)出雲の壇家を優遇しかこい増やし 結可 全国で3千万人とも言われる壇家不明者産んだ政治犯罪人の一家とし成敗する。
      ●鎌倉聖一紋侍の刀 不滅の法灯 聖火の国陽 平将門様 恩たてまつり成敗する。
      軍評
      国吉城 合戦 主な討ち取りし敵将。
      ▼15代 出雲安徳天皇家 二男 安徳国定皇子 妻 いたこ皇女… 一族は 気比神宮で 髪の毛を全て剃られ 丸首の生首となり 訪れた人々に けまり の様に 蹴らりたり投げられたりされた。死体は気比神宮の便所に吊るされた。
      ▼32代 出雲天増天皇家 長兄 天増多魔広皇子 妻 さぎ皇女… 一族は 気比神宮で 髪の毛を全て剃られ 丸首の生首となり 訪れた人々に けまり の様に 蹴らりたり投げられたりされた。死体は気比神宮の便所に吊るされた。
      ▼45代 伊勢闍親町神天皇家 長兄 市辺押磐皇子 妻 珍妃羅皇女…一族は 気比神宮で 髪の毛を全て剃られ 丸首の生首となり 訪れた人々に けまり の様に 蹴らりたり投げられたりされた。死体は気比神宮の便所に吊るされた。
      ▼12代 伊勢出雲蜘蛛我入鹿天皇家 長兄 伊勢出雲蜘蛛我入鹿多広鷹皇子 妻 素子皇女 長女 素広皇女…一族は 気比神宮で 髪の毛を全て剃られ 丸首の生首となり 訪れた人々に けまり の様に 蹴らりたり投げられたりされた。死体は気比神宮の便所に吊るされた。
      ▼蠑螺ヶ岳 掃討を持ち 敵方 3万人の 女子供含む皇族神宮やくざ紋徒壊滅 討ち死に。
      ※聖火ノ国淀 改革革命的な小さき土地の分離独立 ばらばらを忠 年貢…諸々も公正公平を負託義務を課し中央集権体制を元した。天下布武を持ち田布施とす。壇家を忠 国教の仏教万民壇家を再興す。
      ●最上家 家臣 最上義定
      「聖火ノ国淀 堅ノ守り 超えた後 越前国吉に玄す 改革革命 亡霊の光。」
        ゜
      ※死神と武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    115. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 国令。
      ●織田将軍家幕府は 敦賀和歌佐平定を持ち 越前守護御要人に柴田勝家 前田利家 池田恒興 織田有楽を檀座し 越前武家再興宣言す。
      ●越前 皇族神宮紋徒残党は近江国府 越中 端午に逃亡 順次成敗する。
      処刑 報告。
      越前 敦賀 若狭 小浜 皇族神宮やくざ紋徒 1万人処刑。
      ▼58代 仁徳天皇家 当代 伊勢(異世の天神宮) 組長当代 仁徳影定皇子 妻 繁盛皇女…女子供肉親一族 500人を 背教罪 聖火の国陽 不滅の法灯 楽市楽座 罪有るを認め 武宗の行儀を志 越前若宮神社にて これを100人を処刑した。
      ▼また 残りの仁徳天皇家 肉親400人一族は 織田将軍家幕府の20年間の強制宗務を課せられ 越前の村里の小道整備を無償で課せられ 小道整備【ただ働きご奉公商売の神】と言われたといい伝わる。その後解放されたと言い伝えられる。
      ※仁徳天皇家らは 背教罪である商売繁昌 鏡 草薙ノ剣 …図々しくも不要に鎮座し 全国あちこちに 商売繁昌を神座にたてまつり 図々しくも市場原理を闇の暴挙を用い行使しし続け壊し また好んで 罪人を地位身分に座するなど いわゆる下衆道化たわけやくざ。
      敵将情けの辞世
      仁徳影定皇子
      「蝶 我蝶にし 報い受けん 広千陽定量 楽市楽座に 沈む 八苦座の光。」
         ゜
      ※死神と武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    116. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 国令。
      ●織田将軍家幕府は 古来幕府 足利幕府創建時に存在した 越前南条府中城を再築城し 武生たからかを持ち再興す。武家の習い知るところ 府とは 幕府天皇宮中元老 形式的な任官付与領地 将軍職 関職白は大阪府 京都府 近江国府 大和府を平条六田 最低直割地とし不当に居座る上人を討伐する。府中町付与は金吾 大納権 中納権とす 以下村府とす。
      ●越中 加賀で抵抗続ける武家 黒部家 白山家…を助け 北陸最大なんこう不落の難城と名高い 河田大山城攻略を最優先に 異世出雲残党 雨宮神皇家 河田親皇家 革多広神皇家  餓畑神天皇 雲素佐天神皇 鬼多広大皇将…皇族神宮やくざ紋徒50万人を成敗する。
      ●織田家 家臣 前田利家
      「能登に黒蟻昇る 白黒赤に緑 虫戻る 加賀の大納権。」
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    117. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 名古屋本城 軍将。
      ●織田将軍家幕府は 越中小松 南は梯川 北は手取川 鍋谷川 東に観音山はじめに舘矢倉を無数に配置し天然の要塞 能登加賀北に昇る街道の要 北陸最大なんこう不落の難城と名高い 小松 河田大山城攻略を前に 名古屋城で 総括軍議を行司す。
      ▲名古屋城 大の間 議題 語録
      「河田大山城攻略。 富山黒部武家 1万人 黒部家救出作戦。」
      作戦意見聴取
      ●明智光秀「富山黒部救出は 飛騨を北東に抜け黒部に入り救出するのが よろしかろう。」
      ●最上義定「山形 越前の船を使い 黒部に上陸し 救出するてもよかろう。」
      ●明智光秀「山形最上殿は上杉対峙で十分な貢献を成している ここで最上が消耗したら上杉は 間違いなく北陸に侵攻してくる 上杉景勝名残り残す越中が呼応し 小松を抜けて越前に侵攻してこよう。ここで最上を使う訳にはいかん。」
      ●織田有楽「聞き知る所 越中河田寺井の坊主は 頭に毛を生やし 仏法に基づく火葬埋葬が当然の宗務を破り ど糞土葬の埋葬を宗務するとか 見た事も聞いた事もない有様 伊勢(異世)出雲の偽皇坊主よ 越中武士など信用するに値せん 深みにはまる前に 見殺しにすべし。河田大山城など正面から叩き潰せばよい。」
      ●竹中半兵衛「黒部家は美濃岐阜 織田家とも縁深き斎藤家 姉小路家 畠山家…美濃岐阜一門の武家にござる 黒部家救出は美濃岐阜武士の義務 明智殿の申される淀 この竹中半兵衛も善とする。」
      ●織田有楽「飛騨路 飛騨山脈の山を越すと簡単に申されるが 勝算は建つのか?」
      ●竹中半兵衛「この半兵衛 山育ち 道なき道を切り開くは竹ております 地理に詳しき姉小路家 斎藤家 明智家…兵1万人 人夫2万人を この竹中半兵衛にお与え下され。腹を担保に賭けても この竹中半兵衛 必ず黒部家を救出して参ります。」
      ●織田信長様「腹を担保にする よう申した 飛騨に兵1万人 人夫2万人を 竹中半兵衛 明智光秀に与え 黒部救出の指揮を任ずる。」
      ●竹中半兵衛「美濃武士の義務貫徹せん これで織田は武家の誉れとし信頼され 末代まで語り継がれるであろう。」
      ●織田信忠「上杉謙信 春日山城名残りする河田大山城 金沢 周辺には30万人とも聞く鬼多広大皇将ら 皇族神宮紋徒が集結してると聞く 黒部は手薄なはず 武運を祈る。」
      ●最上義定「信忠様の申されるが通り 正面からでは地獄を見る 攻め急がず やはり船で手薄な能登に上陸する手も一つ 尾張三重河内三河の船を越前に集結させ 北の能登加賀街道を押さえれば小松金沢は包囲したも同然 勝機はあります。」
      ●柴田勝家「それは 物資の補給が上手く行けば勝機に変わる。包囲を知れば敵も動く城を出るやもしれん やる価値一つ。」
      織田信長様「あい わかった 越前に人夫を使わし船を作らそう それまでは梯川対峙に留める それと梯川にちなみ 川渡しの仮設の長さ100メートル幅10メートル大型の橋板1000枚ほどを作らそう この任を羽柴秀吉に任ずる。」
      一言
      ※織田信長様は 越前に200万人の人夫を動員し これら造作したと言い伝えられる。
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    118. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 名古屋本城 茶歌会祭事。
      ●織田将軍家幕府は 小松 河田大山城攻略を前に 名古屋城で茶歌会を行司す。
      茶濁り取り お題 八卦 徳山 仏大寺 臥竜山 辰口 卯辰山権師 若松
      茶歌会行司人 千利休大聖人 水色。
      ●織田家 家臣 丹羽長秀
      「河田大山城 渦と志 北に川北 東に仏大寺観音山 西に古府村 南に無 腕吉庭六角卦字。」
      ●徳川家 徳川家康
      「八卦 封ずる禁字 若 十洛 百畳 徳山 和歌に鯉のぼり 玄権龍 臥竜山の光。」
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「八卦 白黒赤 紫苑を座し 緑草虫元 白黒対極 黄狭間南無 仏大寺観音山の光。」
      ●最上家 家臣 最上義定
      「八卦 六角斎条 京教 都斗 府布 白黒対極 東西南北 呪い祈祷病魔恐山の光。」
      一護
      ※注意 太極拳は別で 八卦 六角は天海鱗上々聖人賢者のみ 目倉般若死念仏悪魔闍邪祈祷者 恐山南無光。
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    119. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 名古屋本城 国令。
      ●織田将軍家幕府は小松 河田大山城攻略を前に 古来幕府の仏法に基づく仏教を国教とし 万民壇家 埋葬習らわし…継承し 天皇家皇族 以外の土葬埋葬を明確に禁止し 織田将軍家幕府はこれを負託する。
      ●これまでの戦いで 生き埋めにされた敵方政治経済犯罪人の死体を ことごとく掘り起こされ 大仏山苑 苑跡…掘り起こされた死体は山の様に積まれ集められ焼却した。
      ※この時の死臭を 松炊きを興し 消したと言い伝えられる。
      ●織田家 家臣 楠木久光
      「改革革命政治経済皇伊勢出雲族神宮和向犯罪人の光。伊勢(異世)闍者 火に玄す。」
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    120. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 名古屋本城 軍将。
      ●越中 黒部家 救出支援の為 明智光秀 竹中半兵衛 斎藤利光 姉小路道守…3万人は 飛騨小路を切り開き信濃大町に 東濃合戦で消耗した信濃方は なすすべ無く逃走 無血入場する。仁科一族を 東濃の残骸と称し追撃 逃げ遅れた 仁科家族…女子供含む神宮皇族紋徒1000人を白馬村で捕らわれ処刑。
      明智光秀は「馬頭観音の偽宮司 神に値せず と称し」流鏑馬の馬の首もはねた。
      ●信濃大町 若一王子神社 大黄端助皇宮司 妻 よね 長男 端鷹 長女 はた …肉親一族30人を 失明の上処刑 大黄端助皇宮司 家蔵女子供の死体は 大町 町矢倉に吊るされた。
      ●織田将軍家幕府が 和歌文化補償負託する所で 明智光秀は郷里信壇鷲の如し 端午四年を推奨する明智光秀は信濃大町 和歌一王子神社と自称し 老略男女町人2万人全員に和歌を書かせ 自らで行司し無償で行事した。
      ●和歌行司人 明智光秀 題 信濃大町 水色。4年に一度式 恵那明智祭事一式。
      明智光秀
      「飛んで火にいる夏の虫 秀でて長く 信じる光 単語和歌山に五輪 輝く。」
      百姓 竹下四郎 85才 男性 金賞 2000万円
      「信濃大町に座して輝く 明智殿 仁科神をはぶやし 明智光秀王町神様。」
      一神座
      ※和歌を通じ 老人弱者 沙汰は狭き 弱気を助け 立派に大成せんを 織田将軍家幕府は世に知らしめた。
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    121. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 名古屋本城 軍将。
      ●織田将軍家幕府は小松 河田大山城攻略を前に 越前から先発 織田家 柴田勝家 前田利家… 越中武家 七尾継吉 赤蔵道定 赤堂正勝 南魚継定…ら2000千船の船 2万人の兵を使い金沢北 河北潟港 急襲上陸に成功 その日の内に 河北中条城 朝日山城 松根城 切山城 街道関所攻略に成功。小松 河田大山城 金沢 は北の 加賀能登街道を失い 半場包囲孤立状態となる。
      ●河北潟港上陸合戦 軍評。
      ●織田家 柴田勝家 前田利家 織田家 越中従臣 七尾継吉 赤蔵道定 赤堂正勝 南魚継定 遊佐勝道 七里秀竹…2万人。
      ▼越中 革多広神皇家 七雲高頼皇家 黄伊多広神皇家…皇族神宮紋徒3万人。
      ※革多広神皇家 七雲高頼皇家 2千人は能登に逃走 黄伊多広神皇家は切山城で討ち死に…越中皇族神宮紋徒2万人が討ち死に。
      ▼25代黄伊多広家 黄伊多広千秋神皇 妻 おきく 息子 やたろう 娘 らん うめ
      …肉親一族100人は 全財産没収の上 髪を剃り 失明の上 足を切り処刑 河北潟港 河北中条城 矢倉に吊るし晒した。
      ▼元越前足利家 25代黄伊多広家 黄伊多広千秋神皇 先の足利時代 密かに暴挙謀略を用い越前越中の港湾を奪い 無能の上に私物化私権化 無茶苦茶にした 目倉たわけ 大悪党の一人。その後 辰 花 名残り残す 生まれ故郷の越前の班如古墳に 埴輪人形と共に遺体は納められた。
      ▲織田方 殉国の武将
      ▲織田家 越中従臣 赤蔵家 赤蔵道堅 赤蔵継平 切山城攻略で討ち死に。
      ▲織田家 越中従臣 南魚家 南魚継政 南魚継尚 河北中条城で討ち死に。
      ▲以下 河北群で 織田方…2000人 討ち死に。
      ●織田家 家臣 柴田勝家
      「天鱗国帝天下無敵の 二院洛斎京 三条釛興殿 河北潟港 河北中条城 君臨す。」
      ●織田家 越中従臣 赤堂正勝
      「越中 赤獅子 赤に猛進 闘牛の如く 赤堂山 赤蔵山 地に高揚。」
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    122. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 祭事
      ●織田将軍家幕府は 河北群平定を祝いに 織田信長様自らも船に乗り 越前から2船の鉄甲船 100船の護衛の元 河北潟港 河北中条城に入港 一週間ほど河北中条城に滞在する。
      ●河北津畑 甲斐崎神社 舘宿 戦勝祝賀事件。
      ▼その昔 五条家が 津畑宴会を成したとされる由緒あり伝統伝承の宴会のはずが その日の夕宴 織田信長様は いつもと違う祭事に大激怒。
      ※その一部 夕宴ノ頃 語録。
      ●織田信長様「ところで この祭事行司人は どなたかの?」
      ●最上義定「この土地の 出雲の出の 甲斐崎神社 ゆかりの 山仁黒定と言う宮司です。」
      ●織田信長様「由緒あり伝統伝承ばかりか郷里信壇の習いも伺えん つまらん下衆なたわけの宴会。」
      ※その翌日 織田信長様は河北中条城に 祭事行司人 山仁黒定宮司を呼びつけ処分を言い渡す。
      「その昔 五条家が宴会を成したとされる由緒あり伝統伝承の宴会の 見取り図 絵図を用意し たわけの様に無造作に並べられた露店を嫌い 限りある津畑園の茶店飲食露店の配置を指摘し さらに出雲地方の民芸 郷土料理を宴会にだすなど 由緒あり伝統伝承ばかりか郷里信壇も無いとし処分した。由緒あり伝統伝承の宴会などと 何一つ守られてない 下衆下作下品罵声の祭事 詐欺奉公人とし処分した。
      ●祭事行司人 甲斐崎神社 山仁黒定宮司は 出雲伊勢(異世)神宮教団の 隠れ皇族神宮紋徒の たわけやくざ と立札され 河北中条城 城下町の木に縛り付けられ に一日晒された後 一族は出雲へ追放された。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「かぎりをし 平の壇 郷里信壇鷲の如し 綱渡る たわけ習い 伊多子皇子。」
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    123. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 祭事
      ●織田将軍家幕府は 河北群の合戦 殉国弔い祭事。 卯辰山権師 臥竜山 若松 ひがし茶屋街 卯辰山花菖蒲園 大乗寺 大乗寺丘陵四季の花木 濁り取り茶歌会祭事。を行事す。
      濁り取り茶歌会祭事行司人 千利休大聖人 水色。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「東に大日昇る 西の大日黄昏に沈む 東大寺に沈む 三国とおこがましき新教卯異愚留伊勢(異世)皇神。」
      ●織田家 家臣 織田信忠
      「正一位武一かがし王子大納権 檀座 従う素佐臣民 偽卯辰山大納権 無能下山六角崩れの光。」
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「卯辰山言師 西を仁科 仁と誌 裏切りの若松 般若となり 十字の六角崩れ 穢多ノ皇 臣民もろとも偽卯辰山に眠る。ど糞の光。」
      ●織田家 家臣 柴田勝家
      「辰つ(立つ)花なしの 縄渡る出雲伊勢(異世)の盗賊闍者 足なし幽霊 足利の光。」
      ●徳川家 徳川家康
      「新教卯異愚留の由蛇之神 だまって臨終 観音山 美しき流れ星 関ヶ原 能美を座し 長き見苦しき 黄色菊生え渡る ど糞に眠る黄色穢多天皇の光。」
      ●最上家 家臣 最上義定
      「卯辰山権師 立つ花無しの山形なし 天草天皇 穢多天皇 目倉天皇 黄色天皇 般若と落合地獄に落ちる 新教卯異愚留伊勢(異世)皇神改革革命卯辰山権師の光。長き見苦しき 美しき六角観音山に沈む穢多天皇。」
      ▲織田将軍家 家臣 弔いの碑 弔いの辞世。
      ●織田家 越中従臣 赤蔵家 赤蔵継平 切山城で討ち死に。
      「冬の雪道は赤く染まるが如き 黒く継平 河北中条城 道堅の如く 雪の 越中風土武士 鷲の心 学ぶ。」
      ●織田家 越中従臣 赤蔵家 赤蔵道堅 切山城で討ち死に。
      「紋侍の檀上 道堅殿 衛臣国帝の殉国。」
      ●織田家 越中従臣 南魚家 南魚継政 河北中条城で討ち死に。
      「天鱗国帝 河北中条城 鱗継ぐ 雪の 越中風土武士 黒部に風土 悟す。」
      ●織田家 越中従臣 南魚家 南魚継尚 河北中条城で討ち死に。
      「紋侍の檀上 継尚殿 衛臣国帝の殉国。」
      ※河北群の争いは6ヶ月続き 河北群のみで織田方は1万人の戦死者をだす。特に街道を廻る争いの街道筋の要の切山城は取ったり 取られたりを延々と繰り返し 双方犠牲者を多大に出し 悪魔の天鱗と恐れ伝えられる。
      ※越中武家 赤蔵家 赤堂家…治部ノ将 近江 石田三成 形部ノ将 越前 大谷吉継らと共に関ヶ原で戦い立派に没する。
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    124. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 茶歌会祭事
      ●織田将軍家幕府は その昔 越中で風土的な下痢が蔓延し人々が難儀した頃 南砺(南都)町医王山の小矢部地侍 医仏僧が 熱いお茶を飲んで風土病を無くし 人々を苦しみから解放し 命を救った 伝承に習い 近江六角祭事習い その時とほぼ同じ様に習いを継承守り 火を炊き鍋で沸かし薬草茶を煎じ茶会をす。
      ●南砺町医王山 礪波郡般若村 礪波郡般若村 増仁神明社 増仁村 増仁の宮 増仁天神皇 倶利伽羅 火牛祭り 兼六園 八卦 大乗寺丘陵
      濁り取り茶歌会祭事行司人 六角聖大大聖人 千利休大聖人 水色。
      祭事行司人 越中 従臣 小矢部水槍。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 六角聖大大聖人
      「福王山 医王山 進士繁栄 ゆだやの神 南砺(南都)に救う音 風鈴観音 山の如し。」
      ●徳川家 徳川家康
      「般若の名残に 阿呆目倉親天神皇あり 闍者を照らす 下山に 増仁天神皇。」
      ●織田家 家臣 織田信忠
      「兼六園 八卦 信じて 忠 ゆだやの教え 南都医王山 誉れ高々檀座 天下布武風鈴観音六甲おろし 山の如く。」
      ●最上家 家臣 最上義定
      「倶利伽羅 非牛 新教卯異愚留 伊犁河谷烏孫山 照らし出す 馬賊の烏帽子の子孫 六星町に生まれた ゆだやの子 下山に 増仁天神皇 やくざ伊勢(異世)出雲天神皇宮。」
      ●織田家 家臣 楠木久光
      「ゆだやの六星町 八卦 仏教の輪宝和 対極の紋章の八卦 照らし出す 誠奇妙な新興宗教 新教の教え。大乗寺 仏法語り 丘陵ど糞の山 誠奇妙な新興宗教 新教の教え。目倉八卦伊勢(異世)出雲天神皇宮夜叉。」
      ●織田家 家臣 前田利家
      「南都医王山に六角聖大大聖人 聖都の兼六 立てて建てて興してたてまつり 照らし出す 伊多子皇子 穢多子皇子 雨宮神皇雨乞い 般若皇子 目倉皇子 伊勢(異世)出雲天神皇宮 徳山辰口に眠る 闍者の山。」
      ●織田家 家臣 加藤定政
      「かがし王子の雷神 黒牛跨るからくり人形 立てて建てて興してたてまつり 照らし出す 倶利伽羅の馬賊ならぬ牛賊の非牛。素佐たわけやくざ習いの光。」
      ※この後 織田将軍家幕府は 河北群 河北中条城 七塚城を増築 港湾街道整備を増強し 三重河内北畠家 岐阜斎藤家らを 河北群に送り10万人の兵が入場し 背後に上杉うかがわしき 切山城 南都町 小矢部町 織田戦場記の明智光秀殿 端午合戦に次ぐ攻略戦の地獄が幕を開ける。
      ※また織田信長様は 越中の薬草茶 からくり人形を 福王千種城に一時 持って帰られた。
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    125. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 国令
      ●織田将軍家幕府は 越中平定を前に その昔 山都侍檀上が薬師如来を開祖開山し 進士の繁栄により 今日まで 薬師進士により 人々の病魔怪我の苦痛を解放し また薬師で人々を救い続ける まさに薬師如来神様を 一ゆだや神様と断志 織田将軍家幕府一同 敬意を表明す。
      ●織田将軍家幕府は 薬師如来神様を ゆだや神様 立てて建てて興してたてまつり を心し 南京 南都 南条 南府 南布 習い所を 織田将軍家幕府 羽柴秀吉 織田有楽 楠木久光…任ずとし幕僚檀座し再興す。また薬師の帰属を 観音山侍城 福観音宗派 六角聖大大聖人 習い知るところ 織田将軍家幕府が負託す。
      ●大東帝国天下 檀座たてまつり 六角聖大大聖人を持ち「偽天神皇やくざ開封せん」 を織田将軍家幕府 万条一知で 誉れ高々に宣言す。
      処分 報告
      ●越中 小矢部医王山油山寺 50代孝謙天皇家 長兄 孝謙浅氏皇子を処分す この皇家は いつの頃からか 図々しく医王山油山寺に入り込み 奪い 神社を興し 鏡 草薙の剣…無断で設置し 伊勢(異世)出雲天神皇宮 伊多子皇子の死念仏の「水で洗い 眼病を完治した」などと立札した背教罪で一族肉親女子供含む…30人を 財産没収の上処刑した。
      ●50代孝謙天皇家 長兄 孝謙浅氏皇子 自らで失明させ両足を切断し 一時治療で良好し その後 両手を切断し さすがに治療のかい無く絶命 死亡 死体は髪の毛を剃られ 河北中条城 城下町 矢倉から さかさ吊りにして晒した。
      ●50代孝謙天皇家 長兄 孝謙浅氏皇子 妻 若非子皇女 自らで失明させ両足を切断し 一時治療で良好し その後 片腕を切断させ 一時治療で良好し そのまま髪の毛を剃られ 河北中条城 城下町 矢倉から さかさ吊りにして晒されながらいい耐えた。
      ●一族肉親女子供含む…30人も 同じ様に 失明 手足切断などで絶命した。死体は髪の毛を剃られ 河北中条城 城下町 矢倉から さかさ吊りにして晒した。
      ※非人間的であるも 医学進歩に貢献した。
      推奨歌
      ●最上家 家臣 最上義定
      「天鱗国帝 輪宝 金棒 担いで 南都に君臨す 沈む 輪宝もどきの八咫鏡八卦。」
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    126. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 軍将
      ●越中 黒部家 救出支援 明智光秀…3万人は信濃大町から西へ 岐阜美濃 道三ゆかりの道侍らは 小道を切り開き 黒部川を下り嘉例舘に到着 野端神皇家…皇族神宮紋徒らは2万人は能登方面に撤退 黒部家1万人は 黒部川を昇り 信濃大町下り 東濃土岐瑞浪に帰城する。
      ※これにより 東濃ノ光 日向ノ守 明智光秀は 東濃美濃配下10万人の大武将となり 徳川家と共に 武田 真田を盾し 仁徳天皇家 安徳天皇 山科天神皇 八雲出雲天神皇 諏訪目倉天神皇…皇族神宮やくざ紋徒 居座る 信濃攻略を本格化させる。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 明智光秀
      「大仏担いで黒部守る 東の大日 昇る 日向ノ守 東濃美濃に 沈む たわけ習いの信濃守。屠殺知るところ 森多き 山科 八面大皇の光。」
      ●織田家 家臣 姉小路秀道
      「道三の道 守る 瑞浪の小道を知る 姉小路。」
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    127. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 福王千種城 軍将
      ●南砺町 開村伝説の地 南谷村 閑乗寺 井波城 飛騨方面軍攻略戦
      軍評
      ●織田将軍家幕府は 飛騨より 佐々成政 姉小路秀道 安居朝影 稲葉道鉄 佐々木信定 井上十百字…3万人で 飛騨庄内川街道北上 南砺町 南谷村 閑乗寺舘 井波城に突入 百端脳天神皇 閑乗寺天皇 異波千光神天皇 伊影神屋皇将 異風詐欺皇将…伊勢(異世)出雲天神皇宮5万人の女子供含む皇族神宮紋徒を討ち取り 閑乗寺舘 井波城を制圧す。敵将家族の偽坊主共は 政治犯罪者の立札を建てられ 死体は髪を剃られ伊波瑞泉寺に逆さ吊りで晒された。他の死体は 八乙女山ふもとの神社鳥居風魔塚に埋められた。
      ※織田戦場記録 越中は地獄の一つ 釜湯で処刑や足切り処刑など 伝承が残る。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 佐々木信定
      「般若新教 開祖開村の改革開法戦士 三社眠る。」
      ●織田家 家臣 井上十百字
      「井上壇上 福光万百字 聖戦を持ち 十字神の抵抗 宗務貫徹せん 般若新教の光。」
      ●織田家 家臣 姉小路秀道
      「越中 民に虹色 秀でて咲かす 姉小路を持ち 小路に黄色連翹花 開封せん 異端改革般若新教の光。」
      ●織田家 家臣 佐々成政
      「砺 礪 属と志 踊り屋台 姉小路を持ち 小路に黄色連翹花 開封せん 郷里信壇鷲の如き。卯の花道 猪臥山の光。」
      ●織田家 家臣 安居朝影
      「藍染め咲かす八乙女山 瑠璃を心し 長兄天皇 浅川越える 黄色異端改革般若新教の光。」
      ●織田家 家臣 稲葉一鉄
      「天下布武を持ち 布武貫徹せん 小路に黄色連翹花 異端開封せん 黄色目倉異端改革般若新教の光。」
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    128. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 軍将。
      ●織田将軍家幕府 河北中条城で統括軍議を行事す。
      ●織田信長様は再度 河北中条城に入場 自らも 初戦の上陸で落城させた城を周り 北陸街道の包囲戦の要 朝日山城 松根城 切山城を周り 将兵を激励した。
      ▲河北中条城 大の間 議題 語録
      「河田大山城 金沢 包囲戦」
      ●織田信忠「南砺町 南 南谷村 閑乗寺 異波城を攻略 飛騨庄内川街道北上 佐々 姉小路…ら 3万人で陥落制圧した件を報告する。」
      ●織田有楽「これで南砺町 小矢部町を攻略すれば包囲は完璧になり 河田大山城と金沢全域が完全に孤立する これで河田大山城は終わった。」
      ●織田信忠「飛騨庄内川街道は道は狭く物資の供給に難あり 3万人を維持するのも苦しい これ以上の侵攻は 現状不可。」
      ●最上義定「海上輸送が上手く行き織田方は増強の一途 河北群から東街道を進み 小矢部町を攻略すればよい。」
      ●羽柴秀吉「小矢部町は10万人の皇族神宮紋徒が居ると聞く 小矢部町を攻略すれば補給街道を失い包囲は完璧になり 河田大山城にこもる皇族神宮紋徒兵も 城を出て決戦に出るやもしれん。」
      ●織田信長様「総大将 織田信忠とし 5万人で 小矢部町攻略を命ずる。さらに30万の人夫資財を海上輸送で河北群に運び入れ河田大山城 金沢全域の街道に関所矢倉を作り完璧に包囲して 30万人とする皇族神宮紋徒らを皆殺しとす。 街道封鎖の任を羽柴秀吉 越中従臣 赤堂正勝とす。」
      ●赤堂正勝「ありがたき任 地の利を活かし越中街道代官 猫一匹通さん 街道封鎖義務貫徹せん。」
      推奨歌
      ●最上家 家臣 最上義定
      「般若新教 新教卯異愚留 自由改革開法政治犯罪者 無政府 お化け光。」

      ※この後 包囲は完成され金沢の皇族神宮紋徒の死の突撃が行われ 自爆覚悟の突撃で10万人女子供の皇族神宮紋徒が討ち死にしたと 言い伝えられる。金沢祈祷突撃とも 言い伝えられる。まさに地獄そのもの。
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    129. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令
      ●織田将軍家幕府は 越中 河田大山城 金沢 包囲戦の最中 包囲された河田大山城 金沢全域の皇族神宮やくざ紋徒らは物資の備蓄が乏しく 領民を遅い食料物品を奪い殺害するなど 無政府状態となり 続々と北に避難する国民を 津幡草原長屋に留置 御門池関所と称し 出身 仏法壇家に分けられ 国教の仏法に基づく万民壇家を納め保護した。 越中 開村伝説の悪名の実体は これまで成敗した 三重河内 越前とは比較出来ない程 古虎渓の大型番とする程 状況は悪った。30万人の保護した人々の内 20万人が壇家を持たず 村の地名すら無い村や町も数多く有り それら村町は目倉皇族神宮やくざ組長の支配で偶像劣悪極めん無政府八苦座暮らし この全てが改革革命犯罪皇族神宮やくざ紋徒であるとす。
      ●古来より百姓 浅間習い定める 神農稲荷の壇家も 津幡神社御門池関所で納められ保護した。
      ●織田将軍家幕府は その昔 人々を無政府やくざ邪神の支配から解放し 仏法に基づく万民壇家をもたらし秩序平和をもたらした伝承を善とし 錫杖大聖人を檀座 立てて建てて興してたてまつり 天下布武を持ち 万民壇家を布武した事を宣言す。
      ●織田将軍家幕府は 国教負託は幕府の義務とし 越中を境に 一時的に更に仏法に基づく万民壇家を強行布武する 錫杖大聖人の習いを興し 男女問わず断髪し越中壇家には黒子法衣 数珠 お守りと伝わる 身分証を 全てに与え の仏法に基づく宗務上の義務を課した【その昔 伝えられる 黒有伝説 黒蟻の羽もつ女王伝説 黒法衣 黒蟻 試練の紋寺。】
      処刑
      ▼避難民を装い 逃亡を謀る 皇族神宮やくざ紋徒 2万人が津幡で処刑された。
      ▼魏伊町首領 3代魏伊神皇天 魏伊波高神皇天 妻 異広 …一族家族女子供含む20名 足を切断 失明の上 絶命 死体は河北中条城 城下町に【新教新道自由改革政治犯罪人とし立札され】矢倉に逆さ吊りで晒された 後に若宮ど糞 将軍ど糞 付近に 皇族神宮埋葬の習い所 ど糞土葬した。
      ▼皇族神宮やくざ紋徒女子供含む2000人が 失明の上 河北潟から黄色く塗られた幽霊船で般若の船出に出た。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 池田恒興
      「河北中条城 黒蟻 黒羽の黒蟻女王君臨す 闍者討伐解放せん 錫杖大聖人 転輪す。」
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    130. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令
      祭事上総ノ行司人 羽柴秀吉 徳川家康 最上義定 織田信忠
      ●織田将軍家幕府は 越中 河田大山城 金沢 包囲戦を続ける中 津幡御門池 津幡神社 津幡庭園で 三重亀山錫杖ヶ岳 武蔵般若村 武蔵御亭山 武蔵黒羽城 明星ヶ岳で綴り 黒蟻 黒羽ノ黒蟻女王 河北中条城 君臨祝い 珍しい娘が主人の祭り 小鹿野般若狩り錫杖紋祭を習い 黒法衣一色 越中般若狩り錫杖紋祭 仏門壇家の祭事宗務の義務とし 娘女黒法衣一色3万人を動員し越中般若狩り錫杖紋行脚祭を 50万人の人々が訪れるなか河北郡で歓迎祝福行事す。
      ●織田将軍家幕府は 河北郡上陸で滅ぼした皇神族家25代黄伊多広家 弔い碑も兼ねて津幡庭園で お題 才田御亭山古墳 武蔵坊弁慶 黒蟻 黒羽ノ黒蟻女王 茶歌会を行司す。
      ●茶歌会 行司人 千利休大聖人 水色。
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「御亭山に潮汐 河北潟に潮汐 武蔵御亭山に黒羽城 越中才田御亭山に黒蟻 黒羽ノ黒蟻女王 潮汐に沈む 25代黄伊多広皇家 ならぬ佐伊多皇家の光。」
      ●織田家 家臣 織田信忠
      「武蔵御亭山 織部紋侍 綾織姫 布部ノ鬼丸殿聖剣貴族とし 辰 花 越える 河北潟 私亭私権の 黄色幽霊皇族。」
      ●織田家 家臣 丹羽長秀
      「二松院洛斎京 三条釛興殿 平将門殿に 沈む 立つ 花 越える 私亭私権の 黄色幽霊皇族。」
      ●最上家 家臣 最上義定
      「上杉謙信 関東管領 黒蟻 黒羽ノ黒蟻女王 黒羽授かり 錫杖足切り薙刀女ノ将 武蔵坊弁慶 閉ざす私亭の用心棒 武田(豚)信玄。」
      ●徳川家 徳川家康
      「私亭私権私物私帝 東に潜む伊勢(異世)出雲 立つ 花 無し 自由を語り 立つ 花 越えて 広がる 無能の草薙剣の待つだけ黄色地蔵。私亭の庭草は自分で狩る 二松院洛斎京の光。」
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    131. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 軍将。
      河北中条城より 倶利伽羅街道 東へ進み 小矢部 城山城 攻略戦。
      軍略
      織田信忠 池田恒興 加藤定政 北畠信雄 川北流正 七尾継吉 赤蔵道定 七里頼兼 黒魚家定…5万人は河北中条城から 倶利伽羅街道 東へ進み 龍ヶ峰城制圧 倶利伽羅舘制圧 城ノ峰城制圧 倶利伽羅街道 大関所 舘 城山城攻略は 失敗敗北 多大な犠牲を出し 倶利伽羅舘城で対峙す。第一次倶利伽羅街道 小矢部城山城の合戦は 1週間昼夜問わず行われ 5万人が戦死し その昔の地獄戦を転輪した。河北中条城から 夜 の倶利伽羅の城舘が燃えて火柱幻が見えたと言われる。
      ●軍理
      ▼討ち取りし敵将
      ▼龍ヶ峰城 指揮官 若宮神皇 若宮佐多郎神将 妻 広…肉親一族女含む50人 討ち死に 一族の死体は 断髪 両足切断 便を塗られ 河北中条城 城下町 死体検閲所で政治犯罪者一族と立札され 逆さ吊りで晒された。また若宮一族の死体は 皇族埋葬のど糞土葬で 若宮古墳付近に埋葬した。
      ▼倶利伽羅舘 指揮官 甲斐崎神社皇 武田家傭兵 木曽勝鳥 高坂広仁 真田影仁 甲宮平鷹 討ち死に これらの首は 津幡甲斐崎神社で伊勢(異世)出雲の政治犯罪皇神の傭兵の首とし立札され幡甲斐崎神社に晒された。その後 政治犯罪皇神 傭兵の死体は皇族埋葬のど糞土葬で野端将軍塚古墳付近に埋葬された。
      ▼倶利伽羅舘 伊勢(異世)出雲神皇指揮官 七雲高頼皇家 妻 松子 …一族肉親女子供含む50人 討ち死に 一族の死体は 断髪 両足切断 便を塗られ 河北中条城 城下町 死体検閲所で政治犯罪者一族と立札され 逆さ吊りで晒された。また七雲皇家一族の死体は 皇族埋葬のど糞土葬で 若宮古墳付近に埋葬した。
      ▼倶利伽羅舘 伊勢(異世)出雲神皇指揮官 22代佐伊多皇族家 佐伊多広黄皇子 妻 黃花菊皇女 討ち死に …一族肉親女子供含む300人 討ち死に一族の死体は 断髪 両足切断 便を塗られ 河北中条城 城下町 死体検閲所で政治犯罪者一族と立札され 逆さ吊りで晒された。また佐伊多一族の死体は 皇族埋葬のど糞土葬で 若宮古墳付近に埋葬した。
      ▼城ノ峰城 その昔 太閤殿下 西太后の逸話残し 桐山村や白山城山の越前越中関白の逸話残し 豊臣秀吉ノ素の可能性を持つ 70代関白醍醐天皇家 越中親戚家 醍醐守継皇将 妻 気白皇女…一族肉親女子供含む100人 討ち死に 死体は 西湖西善寺醍醐寺に宗務任じ埋葬。
      ▼敵 伊勢(異世)出雲やくざ神皇紋徒女子供含む45000人が戦死。
      ▲▲▲織田方 5000人 殉国死 主な将▲▲▲
      ▲織田家 尾張一門 織田清尚 倶利伽羅舘 で討ち死に。
      ▲織田家 尾張一門 織田清名 倶利伽羅舘 で討ち死に。
      ▲織田家 家臣 加藤信光 倶利伽羅舘 で討ち死に。
      ▲織田家 家臣 北畠秀守 倶利伽羅舘 で討ち死に。
      ▲織田家 越中従臣 赤蔵道鉄 城ノ峰城 で討ち死に。
      ▲織田家 越中従臣 赤蔵弓子 城ノ峰城 で討ち死に。
      ▲織田家 越中従臣 七尾黒長 城ノ峰城 で討ち死に。
      ▲以下 第一次 倶利伽羅街道 小矢部城山城合戦 織田方5000人殉国の戦死。
      推奨歌
      ●最上家 家臣 最上義定
      「倶利伽羅舘 矢倉 焼け落ちる 夜を照らす火山に焼かれる非人(非牛)の如し 河北中条城の眺め。」
      ※犠牲は出したが この頃から河田大山城 金沢の海上封鎖も完成し 包囲は更に強化され河田大山城 金沢全域 更に状況が悪くなる。羽柴秀長守る 桐山 切山城の玉砕突撃もこの頃を境に激しさを増す。
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    132. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 祭事。
      ●織田将軍家幕府は 第一次 倶利伽羅街道 小矢部城山城合戦の 弔い祭事。 謎多き土地越中 開村 開山…新興革命 醍醐村 般若村 五国寺町白山中宮八院五郎座貝塚 松谷廃寺 埴生地区 野端将軍塚古墳 若宮古墳 巴塚葵塚小耳塚 丹山池やくざお化け六池 小撫川 伝 長慶(長兄)天皇御陵 – 安居寺 茶の濁り取る茶歌会を行司す。
      ●茶歌会 行司人 千利休大聖人 水色。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「潮汐 砂浜 貝 縄渡る 黄色素佐 貝積むの如し 浜風に泥を被って待つだけ地蔵 滋賀(死が松和向)の古い爪跡  松谷廃寺 藍染めの花一凛。」
      ●織田家 家臣 柴田勝家
      「時には水辺 時には浜辺 時には偽仏教 時には偽イスラム 新教卯異愚留 越前から縄渡る 越中黄色素佐 補償無き 偽素佐やくざ皇神犯罪改革新興教団。越後玄武の光。」
      ●織田家 家臣 楠木久光
      「五国寺壇地に五郎座貝塚古墳 将軍語り 将軍古墳 長慶天皇語り 長兄天皇 青森県新郷村の西越地区崩 長兄天皇 丹山池に眠る 新興闍者改革犯罪のお化けの山光。」
      ●織田家 家臣 前田利家
      「その昔 越中 小撫川 獅子舞 開山求めて根室渡る 開村伝説 虹色醍醐天皇の善光。」
      ●織田家 家臣 丹羽長秀
      「般若の子に 闍者の醍醐の長兄 闍者の醍醐の長兄の子に 般若の子 壇ノ浦 伊勢(異世)出雲の光。」
      ●織田家 家臣 池田恒興
      「砺 礪とし 巴に憑依し三玉のお化け 黒蟻 黒羽ノ黒蟻女王君臨に 沈む 野端将軍塚古墳 若宮古墳 巴塚葵塚小耳塚 丹山池やくざお化け六池 黄色く染まる伊掛山 伊影神社 伊影池の臣下 伊勢(異世)出雲の光。。」
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「五郎座貝塚 縄わたる 伊勢(異世)出雲黄色新興新道新教政治改革やくざの異教のカルトど糞光。」
      ▲▲▲織田将軍家幕府 家臣 弔いの碑 弔いの辞世。▲▲▲
      ▲織田家 織田一門 織田清尚 倶利伽羅舘 で討ち死に。
      「縄越える 我蝶 蜘蛛 払う 黒蟻 倶利伽羅 黒法衣に尚る。清 林宗五川の守護神。」
      ▲織田家 織田一門 織田清名 倶利伽羅舘 で討ち死に。
      「地を知 地を這う 蝶 蜘蛛 払う 名声を黒羽飛び越える 黒羽ノ黒蟻女王の守護神。」
      ▲織田家 家臣 加藤信光 倶利伽羅舘 で討ち死に。
      「浮世の道 信じて光る 永明ノ将 非牛討たん 闍ノ目の守護神。」
      ▲織田家 家臣 北畠秀守 倶利伽羅舘 で討ち死に。
      「越中 北風黒蟻の六甲おろし 林宗五川 田布施の守護神。」
      ▲織田家 越中従臣 赤蔵家 赤蔵道鉄 城ノ峰城で討ち死に。
      「紋侍の檀上 道鉄殿 衛臣国帝の殉国。」
      ▲織田家 越中従臣 赤蔵家 赤蔵弓子 城ノ峰城で討ち死に。
      「三引村 三引川 林宗五川 海賊討つわ弓の如し 山賊討つわ彁の如し 漁場を裁くわ彈の如し 侍 知る所 古き赤蔵山の 美しき黒蟻夜叉女神守護神。林宗五川。」
      ▲織田家 越中従臣 七尾家 七尾黒長 城ノ峰城で討ち死に。
      「紋侍の檀上 黒長殿 衛臣国帝の殉国。」
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    133. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 軍将。
      ●織田将軍家幕府は 倶利伽羅山舘より南に南下 同時に閑乗寺 井波城 飛騨方面より北上し「鐘は天下の回り物 溢轆の大山 弥勒山安居寺 伝長慶天皇御陵 」を攻略 無血入場し 越中 河田大山城 金沢 大包囲は完璧となり越中 河田大山城 金沢は物資に乏しくまします苦しくなる。
      ▼処刑 弥勒山安居寺 伝長慶天皇御陵▼ 
      ▼伊勢(異世)出雲皇神家 配下 武田傭兵 真田村鷹 鷹雲門勝 木曽遠近…1000人を処刑 これらの首は 津幡甲斐崎神社で伊勢(異世)出雲の政治犯罪皇神(六禄結家紋)の傭兵の首とし立札され幡甲斐崎神社に晒された。その後 政治犯罪皇神 傭兵の死体は皇族埋葬のど糞土葬埋葬で野端将軍塚古墳付近に埋葬された。
      ※社会主義を含まない共産主義の伝承の地 水車 ポンプの神
      推奨歌
      ●織田家 越前従臣 朝倉家 安居朝影
      【天鱗国帝 弥勒山安居寺君臨す 伝 長慶花山法皇天皇にかわり 銭轆 轆轤 六呂 万輪す 天下布武を持ち 皇帝閣下へ大儀伝明万す。】 
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    134. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 祭事。
      ●織田将軍家幕府は 越中 河田大山城 金沢 街道封鎖 河北軍 飛騨軍 包囲完成合流の地とし 倶利伽羅 巴塚 葵塚 若宮古墳 野端将軍古墳 弥勒山安居寺 織田信長様 自らで回り激励し弥勒山安居寺で 茶歌会を祭事す。
      ●この土地に伝わる女の将伝説にちなみ 同時に 壇家尚し般若狩り錫杖紋祭 黒蟻 黒羽ノ黒蟻女王錫杖紋行脚祭を5万人の黒一色黒子黒法衣娘を動員して倶利伽羅~井波閑乗寺まで行事す。
      ※織田信長様 視察 語録
      砺波 巴塚・葵塚 燃え落ちた巴葵寺付近
      ●織田信長様「家康 巴葵寺がわかるか?」
      ●徳川家康「葵家紋の偽 出雲の雲取り青いの空 偽やくざ皇子」
      ●織田信長様「越前で処刑した 越前出雲大社 10代宮司 出雲消六神皇の親戚 出雲曇呂神皇が この宮寺を守り死んだらしい。出雲曇呂神皇は 那谷寺 血原古墳にも悪名連ねる 土素佐 土たわけ 土黄 偽皇大やくざ。家康 葵家紋の習い申してみよ。」
      ●徳川家康「東大寺 三葉葵たてまつり 武一三洛守りし朝帝朝廷調廷し三葉葵 武一三洛守りし三葉葵武一三洛守りし青色 三葉葵。」
      ●織田信長様「よく申した 般若の偽やくざ出雲消六皇子だ 青い空 天雲取剣語り 出雲消六 消すばかりか 蛆虫やくざを広げた 血原に眠る大悪魔のやくざ皇子。」
      ●織田信長様「武家は三魂 仏教は三宝 神宮皇社は巴を説く 武家は三魂 林宗五川 後方支援女ノ将ノ道 弓ノ道 三引川 赤蔵山 赤蔵弓子 海賊討つわ弓の如し 山賊討つわ彁の如し 漁場を裁くわ彈の如し これが赤蔵 赤門 赤堂の道 この巴御前姫は悪名連なる山(三)王宮のやくざ般若姫。」
      ●徳川家康「伊勢(異世)出雲皇神 ただのやくざ殺人者 誠恐るべき 信濃安雲八面やくざ大王伝わる 出雲皇神 武田やくざ傭兵 この家康 ことごとく討ち滅ぼして参ります。」
      ●織田信長様「織田将軍家は武家の妻 娘 母 全てに 武宗の行儀 武門の同義を課す 志願の武家女は支援 弓 鉄砲のみとす 古来よりの習いとし 武家の当家を認めず 外様以外の親戚を養子に入れるなど いかなる手段であろうと男子を跡目に世襲させる事。」
      ※この数日後 倶利伽羅で戦死した織田清尚 織田清名 赤蔵弓子…七回忌法要を 巴塚を弔い塚と興し七回忌法要された。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「長兄天皇 習い玄し興す 安居処に流れ星 藍染め花一凛 私邸紋徒の草刈 草薙の剣 伝 長慶天皇 大儀伝名晩す。」
      ●最上家 家臣 最上義定
      「天鱗国帝君臨す 弥勒山安居寺 輪法和開法す 檀座に照らす 図々しい醜き目倉長兄天皇般若。若宮古墳 野端将軍古墳の光。」
      ※一護
      ※前足利幕府中期頃から 【泥水で目を洗えば目が良くなると言う伊勢(異世)出雲孝謙安徳詐欺天皇家末枝】は 図々しくも偽全を尽くし仏教 神社 武行 貴族 公家 町人商業 文化文明…至る所に浸透憑依し 三種の仁義 商売繁昌 鏡 自由改革を司どり たわけの飽和を造り 赤痢を蔓延させ 長泉のやくざ弊害をもたらしただけ 無能蛆広穢多非人皇族改革革命大悪魔の一つ 壇ノ浦伝承の地の一つ。
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。 

    135. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。
      ●織田将軍家幕府は 弥勒山安居寺 砺波 巨大水車 五連揚水水車 飛騨 荘川 巨大水車なる この土地の教え伝承を 社会主義を含まない共産主義の発省の地の一つとし 今日までに絶大な文明文化の発展繁栄を築き続ける神として織田将軍家幕府一同敬意を表明す。【経世輪栄】【経世救済】
      ●織田将軍家幕府は 長慶天皇 長慶皇帝の習い興し 両口満水巨大水車の如く 共産輪和 侍 知るところ資格ある者のみの伝説の 東洋英帝 名聖皇帝檀座たてまつり安居河北中条第三帝国の名のもと 天下布武を誉れ高々掲げ織田将軍家幕府も団結し 皇帝政治を再興宣言す。織田将軍家幕府こそが この難儀を負託するに値する幕府であると 織田将軍家幕府一同 腹を担保に長慶皇帝閣下に大儀伝明万す。【経世輪外】【経世救済】
      ▼▼▼政治犯罪人 処分 宣告書▼▼▼
      ▼仁徳天皇家 末枝素佐 仁森神天皇 財蔵ノ将 素佐代官 麻草千多郎神天皇は 永明続く公共事業並び私益事業を革命の如く止め 500万人の失業者を産み 1年間で5万人の自決者 10年間で50万人~100万人を虐殺した政治罪とし処分宣告す。軍備 港湾 街道 河川 土地整備…を脆弱化させ災害を多発させ被害を増やし国益すら後退させた。原発 ダムの妨害もこの【自由やくざ仁森神天皇政治改革革命犯罪派】と断定する。
      ▼更に公共事業を廃止した資金が不明な事もこの自由やくざ仁森神天皇政治改革革命派と断定する。公共事業費を削減して負担が減らず国民利益に付与なし 詐欺政治と断定する。
      推奨歌
      ●最上家 家臣 最上義定
      「出羽山形 天鱗国帝 鎌倉聖一紋寺の名のもと 永明弥勒に平の妥協の 壇 平場す 小路隅の民臣民素佐民自由皇。長慶皇帝閣下に大儀伝明万す。」
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「織田将軍家幕府 天鱗国帝 鎌倉聖一紋寺の名のもと 紫禁ノ聖火の宣誓 第三帝国布告宣 長慶皇帝閣下に大儀伝明万す。」
      ●織田家 家臣 織田信忠
      「永明の黄闇越える 皇族試練紋侍の成敗 沈む 黄色菊長泉天皇 自由民臣改革カルトやくざ革命天皇の光。」   ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。 

    136. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 軍将。
      ●織田将軍家幕府は 5ヶ月にわたり包囲を続けるなか 包囲下の完全討伐を前に 越中 河田大山城 金沢 遺水観音山 軍略軍議 行事す。
      ※軍議 意見聴取
      ●織田信忠「上洛を拒んできた近江の浅井長政が伊勢(異世)出雲天皇家 伊影皇家 高島皇家…らと10万人で挙兵 正式に織田家と戦をするき 大垣城 尾張一門 織田信包 海津勝家 稲沢国守…2万人で対峙。丹後 一色家 大和 松永家も織田家と戦をするき。」
      ●最上義定「大垣を奪われたら越前越中は包囲されたも同然 明日にでも 梯橋川を超え河田大山城に総攻撃するべし。」
      ●柴田勝家「梯橋川沿いに壁を築き柵を張り巡らせ強固に守る河田大山城の 単純な正面攻撃では犠牲が大きい支持できん 他に道はないか?」
      ●赤堂正勝「恐れながら 一案 これあり。」
      ●柴田勝家「誰だ 貴様は?」
      ●赤堂正勝「朝倉家(苽三家紋) 家臣 赤堂山 刀利村 出身 赤堂正勝でござる。」
      ●柴田勝家「申してみよ。」
      ●赤堂正勝「拙者は 河田大山城 すぐ西 赤堂山 刀利村 出身 地元の獣道 地蔵峠 全て心得てます また朝倉義景 朝倉家への命の安堵によりの恩を 織田信長様に返す為にも 旧朝倉越中武士に遺水観音山舘 攻略任を お与え下され。」
      ●最上義定「指揮権だけ よこせなどと 小賢しき 下語とではあるまいな 兵の数は?」
      ●赤堂正勝「旧朝倉家 小矢部家 安居家 赤堂家 井上家…女含め5万人であります。」
      ●織田信長様「良いだろう 物資その他は支援しよう 遺水観音山舘の出城の鳥越城攻略は柴田勝家に任ずる。」
      ●赤堂正勝「ありがたき幸せ 必ず 遺水観音山舘の伊野原皇将 若原皇将の首を討ち取って参ります。」
      ●織田信長様「赤堂正勝よ 朝倉家 苽三家紋の名のもと 赤堂の習い申してみよ。」
      ●赤堂正勝「中条の赤道 平の如し 河北の赤堂 黒平の如し 臣の道 赤洞平同の如し
       対極に沈む 伊野原やくざ神皇 武田傭兵 貝駒影虎。」
      ●織田信長様「遺水観音山舘 落城後 梯川をわたり 皇族神宮やくざ紋侍を皆殺しとする。河田大山城攻略 指揮 総大将を 最上義定 丹羽長秀とす。」
      推奨歌
      ●織田家 朝倉従臣 赤堂正勝
      「天鱗国帝に 沈む やくざ狛犬 伊野原やくざ神皇。」
      ●最上家 家臣 最上義定
      「最条の条に 沈む やくざ狛犬 伊野原やくざ神皇。条土条の光。」
      ●織田家 家臣 姉小路秀道
      「赤洞知るも 道三の道 沈む 偽素佐やくざ狛犬 伊野原やくざ神皇。伊影の光。」
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    137. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 遺水観音山舘 鳥越城 直海谷川砦 軍将。
      軍理
      ●織田将軍家幕府は 柴田勝家 佐々成政…3万人で鳥越城 直海谷川砦を制圧。赤銅山刀利村より 赤堂正勝 安居朝影 小矢部水平 水野定政…旧朝倉 従臣5万人は西に進軍し 両者で3万人の戦死者を出し 3日続いた抵抗激しき 伊野原皇将 若原皇将を破り 遺水観音山舘を制圧する 同時に赤堂正勝…らは山頭たいを北上し 金沢見渡す高尾山城 平栗山岡舘を占領す。
      ▼伊勢(異世)出雲天神皇家 討ち取りし敵将▼
      ▼伊勢(異世)出雲天神皇家 武田傭兵 貝駒影虎 甲麻忍仁 鳥越城で討ち死にこれらの首は 津幡甲斐崎神社で伊勢(異世)出雲の政治犯罪皇神の傭兵の首とし立札され津幡甲斐崎神社に晒された。その後 政治犯罪皇神 傭兵の死体は皇族埋葬のど糞土葬埋葬で野端将軍塚古墳付近に埋葬された。
      ▼伊勢(異世)出雲天神皇家 伊野原皇将 若原皇将 肉親一族女子供含む500人 遺水観音山舘で討ち死に 伊勢(異世)出雲の政治犯罪皇神の犯罪やくざ皇将と立札され 肉親一族女子供含む500人の死体は足手を切断され弓矢で串刺しの上 断髪し 敵からも見える様に梯川芦城天主郭から逆さ吊りで晒した 死体は人喰い谷に 皇族埋葬の ど糞土葬の埋葬で埋めた。
      ▼以下 5万人の女子供含む皇族神宮紋徒が討ち死に。野端将軍古墳 若宮般若古墳 人喰い谷 付近に皇族埋葬の ど糞土葬の埋葬で埋めた。
      ▲▲▲織田方 3000人 殉国死 主な将▲▲▲
      ▲織田家 柴田城勝 直海谷川砦で討ち死に。
      ▲織田家 江南時淀 直海谷川砦で討ち死に。
      ▲織田家 大道寺黒勝 直海谷川砦で討ち死に。
      ▲織田家 嫩両信勝 直海谷川砦で 討ち死に。
      ▲▲▲織田方 旧朝倉 従臣 20000人 殉国死 主な将▲▲▲
      ▲織田家 旧朝倉 従臣 赤堂正平 遺水観音山舘で討ち死に。
      ▲織田家 旧朝倉 従女臣 山科あさひ 高尾山城で討ち死に。
      ▲織田家 旧朝倉 従女臣 安居菊華 安居すみこ 平栗山岡舘で討ち死に。
      ▲織田家 旧朝倉 従臣 小矢部平鉄 平栗山岡舘で討ち死に。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「恐るべき 人食い谷の 伊野原皇将 手足無き そなたの醜き死体 吊るして晒す 手取川 闇深き目倉の 手足なき幽霊の光。」
      ●最上家 家臣 最上義定
      「立つ花に 足も無ければ 手も無しや 鏡に映る 手取川 伊野原皇将 人喰い谷 眠る 手足なき幽霊 伝説の光。」
      一護
      ※この功績を認められ 旧朝倉武家は越中で旧朝倉武家地位身分を再興される。その後 ニ鷲の決戦 治部ノ将 石田三成 形部ノ将 大谷吉継ら西軍に属し 敗北する。
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    138. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 軍将。
      ●織田将軍家幕府は 越中 河田大山城 梯川渡河攻略を前に 当時最新鋭の 10メートル 長さ5メートル 2~3キロの丸太矢 射程2~5キロメートル 馬10頭で弓を引かし 榴弾直撃なら家屋は貫通する程の威力 既存弓矢の10倍の大弓矢を100機設置し 10万本を用意 河田大山城 柵 舘 矢倉…防御陣地を攻撃し渡河する作戦を結定する。
      ●織田信長様自らも 多大な犠牲を出し制圧した 遺水観音山舘 鳥越城 直海谷川砦 高尾山城 平栗山岡舘を 弔い行事を兼ね視察 激励した 特に 金沢中心部の高尾山城 平栗山岡舘を制圧した旧朝倉 従臣 赤堂家などを 労った。
      ▲▲▲織田将軍家幕府 家臣 弔いの碑 弔いの辞世。▲▲▲
      鳥越城 直海谷川砦 遺水観音山舘 高尾山城 平栗山岡舘 合戦
      ▲織田家 柴田城勝 直海谷川砦で討ち死に。
      「黒羽の黒鷲 柴田を座して 栄輪 鳥越える 浮世の海の道知る。」
      ▲織田家 江南時淀 直海谷川砦で討ち死に。
      「上梨 下梨 人喰い谷 黄色伊野原皇将 直海谷川 城端 鐘楼堂 金の童(道) 江南時淀 外道を照らす光。」
      ▲織田家 大道寺黒勝 直海谷川砦で討ち死に。
      「利賀を志 利徳を守る 武人の死に場所知る 直海谷川 利賀の黒色 守護神。」
      ▲織田家 嫩両信勝 直海谷川砦で 討ち死に。
      「嫩両を持ち 黒く染める 信じて勝 直海谷川 利賀の嫩両 守護神。」
      ▲織田家 旧朝倉 従臣 赤堂正平 遺水観音山舘で討ち死に。
      「天下布武 異端異質異常な水 赤を持ち 赤堂正平 遺水観音山の光 河北中条の守護神。」
      ▲織田家 旧朝倉 従女臣 山科あさひ 高尾山城で討ち死に。
      「侍知る所 武一三洛 三洛五条 風鈴心衛 悟して守る 紋侍の布武 高尾山の女ノ将団長 女帝知る 文殊武官女神の守護神。」
      「山形に山科あり 女ノ将 山ノ美智 楊貴妃女帝と興し朝日の如く 沈む 山梨 愛新覚羅非巫女仁科山科仁徳森将軍 白黒赤 緑生え渡る山女帝ノ守護神。」
      ▲織田家 旧朝倉 従女臣 安居菊華 平栗山岡舘で討ち死に。
      「安居 菊華習い 伝承継承 受け継ぐ 青い龍 文殊の守護神。」
      ▲織田家 旧朝倉 従女臣 安居すみこ 平栗山岡舘で討ち死に。
      「安居 習い知る すみこ殿 黒炭に片栗花一凛 利平栗山岡 南緑龍女ノ将守護神。」
      ▲織田家 旧朝倉 従臣 小矢部平鉄 平栗山岡舘で討ち死に。
      「天下布武 小矢部を座して平一鉄 平栗山岡に眠る 利知る平栗軍神の光。」
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田信忠
      「北陸に異端異質異常な水 三段構えの赤堂 赤い道 座して 遺水観音山 玄す 楽市楽座。黒一色軍神檀座。」
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    139. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 軍将。
      ●織田将軍家幕府は 越中 河田大山城 梯川渡河攻略し能美郡 富樫郡 野々市町 お経塚皇神保郡を占領 河北群へ合流 金沢を陸の孤島 完全包囲する。
      成敗 会合語録
      ●織田信忠「包囲下の能美郡 富樫郡 野々市町 松任町 お経塚皇神保郡…30万人の皇族神宮やくざ紋徒 河北郡で避難民を保護してる事を知りながら 投降 避難もせず 戦う意思ありと断志 成敗する。」
      ●最上義定「越中 河田大山城 金沢の皇族神宮敵将は 伊勢(異世)出雲天神皇家配下 仁忍皇家 佐伊多皇家 寺伊神宮皇家 暗宅神皇 変多司(かわった政治経済犯罪人)皇家 改革自由天神皇家 穢多非人皇神家 高皇産霊皇家… 敵皇族神宮傭兵家 富樫政親(蜂養家紋) 神保仁勝(立二引き家紋) 武田傭兵 高坂影仁 原庵影 毛利傭兵 安芸友影 啊木高仁盛 新道新教改革自由皇神教団紋徒…」
      ●織田有楽「富樫もだめか?」
      ●最上義定「越中 守護 畠山家(二引き家紋)は許しても 富樫 神保はダメだ 家紋習い違いの目倉皇族やくざ 八様 八洋 以外 全て偽経 この最上義定 古来より伝承を誓元 立証誓 し白山大聖侍に腹 担保し 八卦をハデス神(立証 立正 対極 実証主義)と 立てて興してたてまつり 関白と成り代わり行司する。」
      ●織田有楽「なるほど さすが関白最上殿 これで 偽八卦 八咫鏡 高皇産霊皇家 富樫は 目倉やくざ同然 伊野原皇子 伊影皇子のやくざと同じ やくざ。」
      ●柴田勝家「お経塚ど糞に眠る 偽幽霊皇子よ。」
      ●最上義定「神保に関しても同じ 生まれた地 の妥協 平の壇 究極の線引きの神 神保如きに 出来る芸当では無い。」
      ●織田有楽「生まれた地での妥協はみな同じ 一つ二つ 平の壇 まさに苽二つの神。」
      ●丹羽長秀「拙者も越中 河田大山城 総大将の一人 30万人の皇族神宮やくざ紋徒の皆殺しも 良いが 負傷者の手当に女を生かす 人手の不足を補う為に女は出来るだけ捕らえ看護役に補充す 河田大山城 女の処分は この丹羽長秀が負託する。」
      ●織田信忠「羽柴殿 北畠殿…20万人は この後 近江 大和攻略へ向かう 人手の補充は必要。」
      ●織田信長様「前足利 守護 畠山家は情けを許す。富樫 神保は皆殺しにする。高皇産霊皇家に 不義婚儀により家を乗っとられ 商売繁昌を語り 図々しく不市を布武し 町商を束ね乗っ取り 市場原理を破壊し 商業秩序を無茶苦茶にした政治経済犯罪者 高皇産霊皇家の 産霊とは この事 まさに穢多やくざ さらに皇族壇家を優遇う囲うなど 穢多やくざ 裏神崩れ 出来るだけ敵将を 生かして河北中条城に連れて参れ この信長が成敗する。さらに越中 河田大山城 能美郡 富樫郡 野々市町 松任町 お経塚皇神保郡…らは大弓の火矢で焼け野原と化すであろう よって これら政治犯罪皇族神宮紋徒を生かし町の再建を課した上で処刑とす。犯罪者では無い敵兵の捕虜に関しては 総大将 最上義定 丹羽長秀に 一任する。」 
      ●最上義定「この敵将らを正規兵 捕虜などと おこがましい 政治犯罪皇族神宮やくざ紋徒の立てこもりのやくざ 皆殺しでも物足りん。」
      ●丹羽長秀「最上殿の申されるが通り 捕虜では無い 政治犯罪皇族神宮やくざ紋徒の暴挙人 人手の補充も大事 再建を課し皆殺しとす これに務めるべし。」
      ●織田信長様「数日中に完成する 大弓矢の設置後 総攻撃に入る。」
      推奨歌
      ●最上家 家臣 最上義定
      「天界上人一切秋 図々 八咫鏡 高皇産霊皇家 目倉人喰い谷の穢多の光。お経塚ど糞の光。」
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    140. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 軍将。
      ●織田将軍家幕府は 越中 河田大山城 梯川渡河攻略作戦を数日後に控え 攻め滅ぼした越中能美郡仏大寺村町の この寺院の女人禁制の習い守り 男のみで登山 大鷲山 遺水観音山 大鷲山・佛陀寺 仏陀寺 で 珍しく上機嫌で 織田信長様自らも散策視察し 指揮を高める為にも酒宴を行事す。
      ●酒宴祭事上総ノ行司人 羽柴秀吉 徳川家康 最上義定 織田信忠…織田幕府一同。
      大酒宴 会合語録
      ●織田信長様「みな この遺水観音山が 何かわかるか?楠木久光申せ。」
      ●楠木久光「この遺水観音山は古き良き残る 霊山霊水信仰の地 寺を侍 遺を遣り 佛陀寺を仏陀寺 観音山を大鷲山と変貌させ 女人禁制は桂 武家を悟志 この地方の利賀利徳の伝承兼ねて 女人禁制は女の利賀利徳の証明 久しからずわ永久なり の密教久晶侍古来伝雷 尾張地方では これを嫩佳山 嫩龍山 呑龍山とも言います。焼け落ちた仏陀寺 奥の寺院の地蔵燈籠は 黒獅子 槍演舞の酒の一気飲み 秋常国常大志皇子の地蔵の如くの位牌伝承あり 仏大寺村町 武家 女人 貫徹利賀利徳の地と心得ます。 」
      ●織田信長様「よく 申した 久しからずわ永久なり 女の利賀利徳の善光習い興し 淀を布つ 元老院女ノ将所に尾張嫩佳山久晶侍とし 楠木家御要人とし佳の女とし 織田きつのを壇座する。」
      ●丹羽長秀「女は髪が命 女は髪を切らん 桂が徳利ですな。」
      ●嫩両習定「徳利は女だけだは ござらん 男もござる。」
      ●織田信長様「遺水観音山 槍先 責務宣誓 誓玄 北風黒龍の如き 腹を担保に貫徹せん 寺と侍 桂の子 みなの者 この大盃を一気に飲め。」
      ●織田信長様「信忠 越中 河田大山城の政治犯罪者どもえの成敗勲令を読め。」
      ●織田信忠「政治犯罪者なる伊勢(異世)出雲天神皇家どもは いつの頃からか 皇族紋徒であるも 立つ花の縄わたり 無能の上に図々しく寺院 神社 武行 貴族… 権限に あらゆる手段不義暴挙を持ちい浸透憑依し 私権私物化し 庇護の徳利特権を乱用悪用し壇家を優遇囲い町商人 国民生活の末端まで犯罪不当を産み巻き込み無差別に長常の政治犯罪に及んだとし成敗する。紋侍の習い知らん不忍を悪の長泉国常の如く積み 市場原理 秩序までも無茶苦茶にした政治経済改革革命罪とし成敗する。政治犯罪勲司 不滅の法灯 聖火の宣誓 政治改革革命過失無差別重犯罪 悪魔ノ不忍断罪…松だけ地蔵の無能の上に過去に類を見ない長常長泉の政治犯罪で情け無し【天界上人一切秋 図々】とし 二松院洛斎京 平将門殿 三条釛興殿 黒蟻ノ羽持女王殿 東大寺 天鱗国帝織田信長殿 正親町天皇殿 山頂団長高々君臨檀座し 錫杖ノ金鉾 鎌倉聖一紋侍 黒菊一紋侍 を持ち成敗とする。八卦 ハデス神を興し 対極 悪魔ノ八燈籠配し 才田御亭山古墳 秋常山古墳 仏陀寺古墳 お経塚古墳 人喰い谷古墳 若宮般若古墳 野端将軍古墳… 秋常国常長泉の悪魔ど糞とし 聖帝海賊雷神 久晶 天鱗国帝を檀座し 十輪臨終 大儀伝明晩す。伝 予後 大寺村町 嫩佳山 嫩龍山 錫杖ノ金鉾 風鈴担ぎし織田信長天鱗国帝君臨す。」
      推奨歌
      ●最上家 家臣 最上義定
      「責務の玄龍帰す林宗五川 聖火の宣誓 玄武す 嫩(吞)龍山 興し 槍飲む。天鱗国帝君臨す。誓元に帰す。」
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【林宗五川】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    141. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 軍将。1月25日
      軍略
      ●織田将軍家幕府は 越中 河田大山城「大弓丸太火矢作戦」と名付け 梯川渡河攻略作戦を実行。一日2万本の丸太火矢が能美郡河田大山城町 関所舘 梯川舘矢倉は火の海と可し 1万人の皇族神宮やくざ紋徒…女子供含むが戦死 5万人の皇族神宮やくざ紋徒…女子供含むが囚われた。皇将ら5万人は富樫郡 金沢へ逃亡する。
      軍理
      ▼▼▼討ち取りし政治犯罪者皇族神宮敵将▼▼▼
      ▼能美郡河田大山城町 関所舘の合戦 伊勢(異世)出雲天神皇家配下 武田家傭兵 高坂影仁 原庵影 安雲影忍 仁科長平…5000人 討ち死に。これら首は伊勢(異世)出雲天神皇家配下の政治犯罪者武田家傭兵の首として立札され 河北中条城 城下町 首評台に晒された。死体は野端将軍ど糞付近 小耳塚ど糞付近に皇族埋葬のど糞で埋葬した。
      ▼能美郡 虚空蔵山城の合戦 伊勢(異世)出雲天神皇家配下 伊勢皇学神官新道やくざ教団 孝謙天皇家 詐欺多皇子 詐欺多皇女 小串仁伊 千秋鷺平 鈴木伊一 山野影盛 松本地蔵 河野変多…1000人討ち死に。死体は 断髪 手足切断の上 伊勢(異世)出雲天神皇家配下の政治犯罪者の死体とし立札され 河北中条城 城下町 死体吊るし場で逆さ吊りで晒された。死体は河田山(変った皇族政治犯罪者の山)ど糞古墳 付近に皇族埋葬のど糞で埋葬した。
      ▼能美郡 結城舘城の合戦 武蔵水戸関白付与領地代官 伊勢(異世)出雲天神皇家配下 結城家傭兵 結城影長 黃山かま吉…1000人 討ち死に。これら首は伊勢(異世)出雲天神皇家配下の政治犯罪者結城家傭兵の首として立札され 河北中条城 城下町 首評台に晒された。死体は野端将軍ど糞付近 小耳塚ど糞付近に皇族埋葬のど糞で埋葬した。
      成敗
      ▼捕らえた5万人の皇族神宮やくざ紋徒…女子供は 生かされる者 処刑される者を厳選に選別し 後日 国民見守るなか断罪好評し公開処刑とす。
         ゜
      ※死神 武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    142. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。1月25日
      ●織田将軍家幕府は 今後 逃亡が予想される 政治犯罪者皇族神宮やくざ紋徒…女子供含む一族肉親の身柄を織田将軍家幕府へ引き渡すべし 引き渡せば 情けを取る。これら政治犯罪者皇族神宮やくざ紋徒…女子供含む一族肉親を助ける様な武家 団体 家…は 政治犯罪共犯者とし一族郎党皆殺しにする。速やかに織田幕府に身柄を引き渡すべし。
      ※良かれと思い人助けすら 政治犯罪者共犯者となる まさに【穢多皇族神宮やくざ紋徒】 
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。 

    143. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。1月26日 第143号
      ●織田将軍家幕府は越中 能美郡 河田大山城 平定に伴い 捕らえた政治犯罪者5万人の内 女の大半は負傷兵の看護介護役を課し 男の大半は焼け落ちた町の再建を課し 人手の補充定める所で処分を保留する。
      ▼伊勢(異世)出雲天神皇家 政治犯罪人 処分書。能美郡 虚空蔵山城 佐無武神社
      ▼第50代孝謙天皇家 親戚家 孝謙種興親皇 前足利時代 いつの頃からか 偽の巫女 非巫女 愛新覚羅とも言う不義婚儀で寺を乗っ取り越中に入り 寺の住職を追放殺害し 寺院に神社神宮 商売繁盛 鏡 「失明する水で目を洗えば良くなる」など立札し 前足利幕府定める国教の仏法に基づく壇家宗務を怠り 神農稲荷の壇家宗務を怠り 無数の町 村に及ぶ壇家無し幽霊を造り または皇族壇家を不当な特権を庇護を傘に優遇囲いし武装し分離独立の改革革命を企てた政治犯罪とする。庇梧罪 革命罪 背教偽経罪【天下布武】 
      ▼第50代孝謙天皇家 親戚家 孝謙種興親皇 は 元来続く大谷派寺を 孝謙神宮稲荷若宮神社寺などと 寺名を変貌させ商売繁盛を語り 皇族壇家 商人 から「みかじめ料 しょば代 用心棒代…」を毎月徴収し 影で商業秩序 市場原理 品物商人文化 悪魔の不忍断罪を積み重ねた政治経済犯罪とする。やくざ罪 庇梧罪 商法違反 会社法違反 職業安定法違反 労働基準法違反 地方自治法違反 無許可無断改ざん…伴う無数の公文書 私文書 行政法違反 不当競争防止違反 独占禁止法違反 詐欺 傷害 殺人罪 革命罪 やくざ穢多罪…【天下布武】【楽市楽座】【聖火の宣誓】
      ▼第50代孝謙天皇家 親戚家 孝謙種興親皇 は 好んで犯罪者を地位身分壇家に優遇囲い 更に庇梧特権を付与した(言うう事を聞き人殺しした人物を好んで優遇囲う事)。甲の座で図々しく詐欺 強要…(契約を無断で破る詐欺罪 生存するに欠かせない米水を買うのに図々しく 客の女に 服を脱がすなどの要求 強要罪)。庇梧比後特権徳利 不当悪用乱用罪 やくざ罪 【不滅の法灯】【天下布武】【楽市楽座】
      ▲処刑介錯人 楠木久光斎条仏法天界上人 声明。
      「犯行は 社会の義務を負う政務の権限を悪用した政治犯罪で第50代孝謙天皇家本家並びに親戚家 孝謙種興親皇家 一族肉親の全財産を没収の上 一族肉親全て処刑とす。社会の義務を負託するが 私利己の目的の改革大我麻は 国民権利を無差別に不当侵害にさらし続けた悪意有り長泉長常の政治犯罪。その昔 能美郡に伝わる 芋掘り【開山開祖開村改革革命親鸞聖人廟所(生歯塚)】の習い 転輪し 第50代孝謙天皇家本家並びに親戚家 孝謙種興親皇家一族の不当に築きし不正蓄財財産の歯も没収する。死体は辰口徳山皇族神宮やくざ紋徒のど糞土葬とし秋常長泉古墳とし秋常山古墳付近にど糞土葬で埋葬する。新教皇族自由改革革命政治犯罪者の光。」
      ▼弔い歌 改革政治犯罪人ノ八大燈籠ノ灯火ノ光。
      ●織田家 家臣 楠木久光
      「能美郡 莇生村 灯台笹 草和気の 南ノ緑龍布陣し興す 白女 緑男 佐野に笹緑場生えわたる 羽柴殿秀でる輝き 清洲沢なる 九晶寺嫩龍山 徳利徳山の如し 対極立石 立つ花無しの無冠と図々しき願得寺 癌特の王冠崩れの悪魔 第50代孝謙天皇家本家並びに親戚家 孝謙種興親皇家一族 新教の改革政治犯罪人 辰口徳山に眠る。」
      ▼第50代孝謙天皇家本家並びに親戚家 孝謙種興親皇家 妻 孝謙千女皇女 九晶寺嫩龍山 織田吉乃殿より 武宗の行儀と志 利賀利徳情けの辞世。
      ▼第50代孝謙天皇家 孝謙千女皇女
      「九晶寺嫩龍山 南ノ緑龍 おこがましき我が命 一凛の菊に叱ず。九将九条の土筆しる。」
      ※第50代孝謙天皇家 親戚家 孝謙種興親皇一族肉親一族女子供1000人は いやしくも歯髪骨まで含む全財産没収の上 失明の上 手足切断の上 苦しみ長良絶命 死体は 弓矢で串刺しの上 河北中条城 城下町 首評台に逆さ吊りで晒され 死体は徳山秋常古墳付近に皇族埋葬のど糞土葬で埋葬された。
      ※一部の50人の孝謙親族は「商売ただ働きの神」となり無休無食で虚空蔵山城整備を布武し餓死して死亡 その中には3歳や5歳の娘10人 70歳や80歳の老婆も含まれていた。人々は「虚空蔵山城の商売ただ働きの神」とあがめた。
         ゜
      ※死神 武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。 

    144. 名無し ID:==

      ちょっと長いですが心理テストです。これはアメリカのゲームです。1度やってみてください。 これは、たった3分でできるゲームです。試してみてください。 驚く結果をご覧いただけます。 こ のゲームを考えた本人は、メールを読んでからたった10分で願い事がかなったそうです。このゲームは、おもしろく、かつ、あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう。約束してください。絶対に先を読まず、1行ずつ進む事。 たった3分ですから、ためす価値ありです。 まず、ペンと、紙をご用意下さい。 先を読むと、願い事が叶わなくなります。 1,まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。 2,1番と2番の横に好きな3~7の数字をそれぞれお書き下さい。 3,3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。(必ず、興味のある性別名前を書く事。男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同姓の名前をかく) 必ず、1行ずつ進んでください。先を読むと、なにもかもなくなります。 4,4,5,6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さい。これは、家族の人でも知り合いや、友人、誰でも結構です。 まだ、先を見てはいけませんよ!!5,8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。 6,最後にお願い事をして下さい。 さて、ゲームの解説です。 1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。 2)3番に書いた人は貴方の愛する人です。 3)7番に書いた人は、好きだけれど叶わぬ恋の相手です。 4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。 6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。 7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。 8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。 9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。 10)そして、11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。この書き込みを読んでから、1時間以内に10個の掲示板にこの書き込みをコピーして貼って下さい。 そうすれば、あなたの願い事は叶うでしょう。もし、貼らなければ、願い事を逆のことが起こるでしょう。とても奇妙ですが当たってませんか?

    145. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。1月27日 第144号
      ●織田将軍家幕府は越中 能美郡 河田大山城 平定に伴い 捕らえた政治犯罪者5万人の内 女の大半は負傷兵の看護介護役を課し 男の大半は焼け落ちた町の再建を課し 人手の補充定める所で処分を保留する。
      ▼伊勢(異世)出雲天神皇家 政治犯罪人 処分書。能美郡 虚空蔵山城 佐無武神社
      ▲▲▲処刑介錯人 宗務 形部ノ将 森可成 ▲▲▲
      ▼伊勢皇学神官新道やくざ教団 多度桑吉 小串三雄 千秋熱風 鈴木伊宗 山野神助 河野村鷹 松本八郎 ら一族は 攻め滅ぼした伊勢神宮伊勢ノ国皇配下である。貴様の皇学官は 図々しくも学校を語り 天皇 神宮を祀り 新道(神道)の教義を布し 改革目倉般若を量産し皇族神宮壇家を優遇囲い 全国の寺院寺社施設に浸透し 商売繁盛 鏡 「失明する水で目を洗えば良くなる」など立札し 100万人を失明または傷害させた宗教政治犯罪とす。教唆罪 背教罪 傷害殺人罪 詐欺罪 学校教育法違反 地方自治法違反 会社法違反 無許可無断改ざん…伴う無数の公文書 私文書 行政法違反 不当競争防止違反 独占禁止法違反 庇梧比後特権徳利 不当悪用乱用罪 革命国転覆罪
      ▼処分 皇学官
      ●織田将軍家幕府は この皇学官なる団体を支持せず 庇梧をせず 前足利幕府より営業
      許可も守られず 不義による営業許可であるとし 創立時までの無税などの特権優遇を不正蓄財とし全財産没収とする。無税優遇などの特権は全て除籍。また私益私亭の学校習わし善興しに 貴族ノ将 騎士道精神 岸田(騎士)孤定を檀座する。【楽市楽座】
      ●織田将軍家幕府は 医王山ユダヤ神様 一大宗教元老 河北中条城 二松院洛斎京 平将門殿 鎌倉聖一紋侍 天下布武 壇上たてまつり 医療福祉学校に関してわ幕府 福王山 医王山 元老寺院寺社総括宗務 古来より続く徳利特権…習い知るところ支持継承し治める。新興不義ノ庇梧徳利は排除除籍とす。【二松院洛斎京】【鎌倉聖一紋侍】【平将門殿】
      ▲処刑介錯人 宗務 形部ノ将 森可成 声明。
      その一「神宮にまつる草薙の剣は 私邸持ち場の草刈が本道 「失明する水で目を洗えば良くなる」など立札し 黙認するとは 何の皇子 殺せとは言わんが このような小さな団体制御解散出来んは無能の証明 このような小さな団体 過去の檀座した誰もが時間労力を取らず制御するが負託の真髄。まさに無能の王冠崩れ皇子。負託義務無し無能とす。待つだけ地蔵なら地蔵で良し。」
      そのニ「私帝私益私邸の一般学校に一言 三重桑名多度神宮 上げ馬神事(貴族騎士道精神) 貴族ノ将 騎士道精神 岸田(騎士)孤定 鍬形夏実を持ち玄す。自由商いと解放す。神に値せず 名聖に値せず。」【神に値せず 名聖に値せず】【楽市楽座】
      その三「この庇梧比後徳利特権の犯罪の本家本体は第48代文徳天皇家である その共謀者が皇学官である 図々しく学校神社語り 浸透憑依し「失明する水で目を洗えば良くなる」 犯罪をかえりみない新道新教狂賢改革教団と化し一般生活までも いやしく壇家を造り巻き込んだ責任は穢多やくざそのもの。その昔 能美郡に伝わる 芋掘り芋づる式【開山開祖開村改革革命親鸞聖人廟所(生歯塚)】の習い 転輪し 皇学官教団の運営者一族の不当に築きし不正蓄財財産の歯も没収する。死体は辰口徳山皇族神宮やくざ紋徒のど糞土葬とし秋常長泉古墳とし秋常山古墳付近にど糞土葬で埋葬する。新教皇族自由改革革命政治犯罪者の光。」
      ▼弔い歌 改革政治犯罪人ノ八大燈籠ノ灯火ノ光。
      ●織田家 家臣 森可成
      「伊勢(異世)出雲天神皇家 芋鶴の如し 政治犯罪人の森築く 神に値せず 名聖に値せず 立つ花無しの 図々しき いやしき 裏紙崩れ 王冠崩れ 徳利に いやしく潜む図々しき小波多度長泉の皇族神宮やくざ 新教新道の改革政治犯罪人悪魔の森 革命国転覆犯罪改革革命者 辰口徳山に眠る。」
      ▼処刑
      ▼伊勢皇学神官新道やくざ教団 多度桑吉 小串三雄 千秋熱風 鈴木伊宗 山野神助 河野村鷹 松本八郎…ら皇学官運営者一族50人は 失明の上 手足切断の上 苦しみ長良絶命死亡 死体は 河北中条城 城下町首評台に逆さ吊りで晒され 死体は徳山秋常古墳末寺古墳和田山古墳付近に皇族埋葬のど糞土葬で埋葬された。
      ※これら政治犯罪人は 濁った肥溜め便所付近の水で 数日 目を洗わせたが目は良くならず 醜く目に膜がはり腫れあがり失明し 手足切断され長良絶命した。【虚空が晴れ迷信迷走であると証明されたに値する。】
         ゜
      ※死神 武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    146. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。1月28日 第145号
      ●織田将軍家幕府は越中 能美郡 河田大山城 平定に伴い 捕らえた政治犯罪者5万人の内 女の大半は負傷兵の看護介護役を課し 男の大半は焼け落ちた町の再建を課し 人手の補充定める所で処分を保留する。
      ▼伊勢(異世)出雲天神皇家 政治犯罪人 処分書。能美郡 虚空蔵山城 佐無武神社
      ▲▲▲処刑介錯人 宗務 形部ノ将 朝倉織長 ▲▲▲
      ▼第32代白川天皇家(水戸) 越前朝倉家 宗務形部代官 結城朝道 関東三国の本家 結城家は白川天皇家の朝廷臣の結城家は 白川天皇家の一存により 越前に移り 朝倉家の家臣となる。同じく関東派の関東多湖 越中 神保家 越中守護大名家 富樫家らと挙党し 南砺町 経塚(京砺町)の 孝謙神宮稲荷若宮神社寺 武行宗務代官を担う。
      ▼結城家 結城朝道 開山開祖開村伝説伝承多き残る 越中で いつの頃からか成立した南砺町 経塚(京砺町)の 孝謙神宮稲荷若宮神社寺の第50代孝謙天皇家 親戚家 孝謙種興親皇らの朝廷臣となり政務をした。
      ▼▼▼結城家 結城朝道 主な政治犯罪▼▼▼
      ▼貴様さは 女性を天皇家の跡目に就いた 革命女天皇 孝謙天皇を革命の旗頭とし 孝謙種興親皇らの朝廷臣らと 孝謙神宮の皇族神宮特権を悪用乱用布武し壇家を優遇囲い 国教である仏教紋徒 小矢部家 赤堂家 安居家…主に朝倉家を暴挙を用い排外した。決過 習い知らん新教の布武により壇家なし 影秩序の成敗不忍により国民を苦しめた。
      ▼古来より残る朝倉家 最上家 楠木家…一同 元来 世襲の模範は天皇家の世襲が模範である それお守るが武家の負託するところで有るにも関わらず 女を当家の跡目につかすなど革命を布武した。さらに女を世襲させたに咎めをした代官らを暴挙を用い排外した。
      ▼越中の比梧比後の権限を乱用悪用し 仏教地域 朝倉派…反対派武家仏教紋徒に 無能の上に暴挙を用い重税を課し布武し 不公平をうみ 過去を遡り越中だけで100万人以上とする罪無き多数の国民を餓死病死に追い込んだ。
      ▲▲▲ 処刑介錯人 宗務 形部ノ将 朝倉織長 声明 ▲▲▲
      ▼その一「犯行は伊勢(異世)出雲天神皇家 第50代孝謙天皇家 第32代白川天皇家(水戸)…らの孝謙天皇旗頭の改革革命旅団の 白川とはおこがましき下にも恐るべし 長泉長常の政治犯罪である。」
      ▼その二「略奪 乗っ取りも状態化 通常化しており 女性を跡目に治めるなど不義偽経による不忍 悪魔の不忍断罪でありとし 越前結城家 結城朝道 一族100人女子供含む全財産没収の上 処刑とする。」
      ▼その三「毛利家 第50代孝謙天皇家 結城家(水戸) 神保家(多湖)第32代白川天皇家(水戸)は 出雲 武蔵 成敗を持って皆殺しとする。」
      ▼その四 その昔 能美郡に伝わる 芋掘り芋づる式【開山開祖開村改革革命親鸞聖人廟所(生歯塚)】の習い 転輪し 皇学官教団の運営者一族の不当に築きし不正蓄財財産の歯も没収する。死体は辰口徳山皇族神宮やくざ紋徒のど糞土葬とし秋常長泉古墳とし秋常山古墳 巴御前古墳 野端将軍小耳ど糞付近にど糞土葬で埋葬する。新教皇族自由改革革命政治犯罪者の光。」
      ▼弔い歌 改革政治犯罪人ノ八大燈籠ノ灯火ノ光。
      ▲織田家 家臣 朝倉織長
      「改革政治犯罪の大燈籠ノ光 新教新道改革悪魔ノ朝廷ノ影 ど糞土葬に怪封 鍵する。佐無武しる。」
      ▼処刑
      ▼結城朝道…一族肉親女子供含む70人は 失明の上 指 手 足を少しずつ切断の上 苦しみ長良絶命死亡 死体は 河北中条城 城下町首評台に逆さ吊りで晒され 死体は徳山秋常ど糞古墳末寺ど糞古墳和田山ど糞古墳 巴御前ど糞古墳 野端将軍小耳ど糞付近に皇族埋葬のど糞土葬で埋葬された。
      ▼結城朝道…一族肉親女子供含む30人は「商売ただ働きの神」を布武し 能美郡 虚空蔵山城整備を無休無給で課し 1~2週間ほどで 餓死絶命した。ほとんどが結城朝道…一族の3歳~10歳ぐらいの女児 60歳~80歳の老婆 人々はまさに虚空が晴れた「商売ただ働きの神」としあがめた。死体は能美仏蛇寺の便所肥溜めに皇族埋葬のど糞で埋葬された。
      ※これら政治犯罪人は 濁った肥溜め便所付近の水で 数日 目を洗わせたが目は良くならず 醜く目に膜がはり腫れあがり失明し 手足切断され長良絶命した。【虚空が晴れ迷信迷走であると証明されたに値する。】
         ゜
      ※死神 武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    147. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。1月29日 第146号
      ●織田将軍家幕府は越中 能美郡 河田大山城 平定に伴い 捕らえた政治犯罪者5万人の内 女の大半は負傷兵の看護介護役を課し 男の大半は焼け落ちた町の再建を課し 人手の補充定める所で処分を保留する。
      ▼伊勢(異世)出雲天神皇家 政治犯罪人 処分書。能美郡 虚空蔵山城 佐無武神社
      ▲▲▲処刑介錯人 宗務 形部ノ将 最上義頼 ▲▲▲
      ▼貴様 黄伊多広百屁皇子は 初戦の河北郡侵攻で攻め滅ぼした 第25代黄伊多広家 黄伊多広千秋神皇の一族である。本家は天武天皇家 分家 関東管領朝廷臣 第65代八王子皇家(秩父郡)である。伊勢(異世)国皇の一存で越前越中北陸に移り 越中 佐伊多(才田)皇家らと共謀し北陸管領朝廷の皇政復古を長泉の改革した天皇朝廷家である。
      ▼いつの頃からか越前越中に移り 乗っ取った全国の大分国分寺院を配し 朝廷(朝帝)の皇政復古を全国に改革を政務流布し狂犬を用い布武した。
      ▼▼▼天武天皇家 分家 第25代黄伊多広家 黄伊多広百屁皇子 主な政治犯罪▼▼▼
      ▼貴様は 影で 佐伊多(才田)皇家らと共謀し 朝廷(朝帝)の皇政復古を企てた。主に前足利幕府 武行職 代官職に暴挙を持ち乗っ取る 天然資源 土地 街道 道 関所 港湾 神社 寺院 公共施設 学校 病院 …を私物化私権化私有化し貴族を配し 罪なき100万人と言うう不忍餓死病死…を伴う長泉長常の悪政により国民を苦しめた政治犯罪人である。
      革命罪 国転覆罪 殺人恐喝罪 地方自治法違反 国会法違反 行政法違反 不当競争防止法違反 独占禁止法違反 商法 会社法違反 詐欺罪 公文書私文書改ざん…無許可無断違法違反…数限り無き究極の改革政治犯罪人である。 
      ▼前足利幕府(地方自治法違反 国会法違反 行政法違反 権威ノ合意)の許し得ず 又は無断で破る 図々しく いやしく 小波多度長泉長常の政治犯罪改革手段 犯罪認知を遅らす 小賢しい 証拠隠滅を配し さらに 開きなをり武装し革命を企てた。最悪の政治犯罪。(類似 私益の小 中学校運営会社 非の丸政務 チンピラカルト氏広政務 黄色一色)
      ▼村の徴収が滞ると私物化私有化私権化された道も通行させず 関所で包囲し村事 皆殺しにするなど残忍極まり無い。
      ▲▲▲ 処刑介錯人 宗務 形部ノ将 最上義頼 声明 ▲▲▲
      その一「犯行の主 無断又は合意を破る 文書私文書改ざん提出による無許可運営営業 詐欺罪である よって 不当に生業し団体全てを違法とし不正蓄財とす 一族郎党の全財産没収の上 全て処刑する。」
      そのニ「私物化私権化私有化し 私帝ノ大我麻を布武し 不忍に及ぶ 下にも恐るべき カルトやくざ支配で越中の罪なき国民100万人ともされる虐殺に共謀した政治犯罪人である。」
      その三「政治犯罪本家は 毛利出雲天皇 武蔵御亭山 佐伊多皇家 天武天皇 関東管領朝廷臣 第65代八王子皇家(秩父郡)である 出雲 関東成敗を持ち 全財産没収の上 一族肉親郎党 全て皆殺しとする。」
      その四「その昔 能美郡に伝わる 芋掘り芋づる式【開山開祖開村改革革命親鸞聖人廟所(生歯塚)】の習い 転輪し 黄伊多広百屁皇子 佐伊多(才田)皇家 一族の不当に築きし不正蓄財財産の歯も没収する。死体は辰口徳山皇族神宮やくざ紋徒のど糞土葬とし秋常長泉古墳とし秋常山古墳 巴御前古墳 野端将軍小耳ど糞付近にど糞土葬で埋葬する。新教皇族自由改革革命政治犯罪者の光。」
      ▼弔い歌 改革政治犯罪人ノ八大燈籠ノ灯火ノ光。
      ●織田家 家臣 最上家 最上義頼
      「河北郡 才田御亭山 黒羽 黒羽持黒蟻女王 大田原 御亭山 縄わたる私帝貴族 織部紋侍 綾織姫 蜂子皇子 悪魔ノ私邸(私亭私帝) 解放す。武蔵小鹿野に黒蟻錫杖 天鱗国帝 転輪討伐す。」
      ▼処刑
      ▼黄伊多広百屁皇子 佐伊多(才田)皇子ら一族肉親女子供含む2000人は 断髪 失明の上 手足を少しずつ切りきざまれ 苦しみ長良 絶命 死体は弓矢で串刺しになり 河北中条城 城下町首評台に逆さ吊りで晒され 河北郡 才田(佐伊多)御亭山古墳ど糞付近に皇族埋葬のど糞土葬で埋葬した。
      ※これら政治犯罪人は 濁った肥溜め便所付近の水で 数日 目を洗わせたが目は良くならず 醜く目に膜がはり腫れあがり失明し 手足切断され長良絶命した。【虚空が晴れ迷信迷走であると証明されたに値する。】
      ※黄伊多広皇家 佐伊多(才田)皇家ら 100人の女子供は 「商売ただ働きの神」を布武し 能美郡 虚空蔵山城整備を無休無給で課し 1~2週間ほどで 餓死絶命した。一族の3歳~10歳ぐらいの女児 60歳~80歳の老婆 人々はまさに【虚空が晴れた「商売ただ働きの神」】とし立証あがめた。死体は能美仏蛇寺の便所肥溜めに皇族埋葬のど糞で埋葬された。
         ゜
      ※死神 武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    148. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。1月30日 第147号
      ●織田将軍家幕府は越中 能美郡 河田大山城 平定に伴い 捕らえた政治犯罪者5万人の内 女の大半は負傷兵の看護介護役を課し 男の大半は焼け落ちた町の再建を課し 人手の補充定める所で処分を保留する。
      ▼伊勢(異世)出雲天神皇家 政治犯罪人 処分書。能美郡 虚空蔵山城 佐無武神社
      ▲▲▲ 処刑介錯人 宗務 形部ノ将 池田恒興 ▲▲▲
      ▼貴様 伊野原皇将 神将語る 郎族は いつの頃からか 越中 般若村を本部に 仁八邑神社(村社)を開山興し 第32代白川天皇家(水戸) 主人とし活動する。思想は 関東中心の皇族残党 天武持統女天皇 旗頭に 幕府の負託相反する 女を家の跡目に治める 本来持つ皇族の埋葬のど糞古墳埋葬を止め 天武持統女天皇自身が火葬した革命を継承 鹿島(樫摩)神宮(常陸国) 香取神宮(下総国)も 越中 伊野原皇将 神将 仁八邑神社(村社)の主人である。
      ▼▼▼第32代白川天皇家(水戸) 第8代伊野原皇将家 主な政治犯罪▼▼▼
      ▼伊野原皇将家は 越中 般若村を本部に 仁八家邑神社(村社)の 神社特権庇梧比後を悪用し犯罪を犯した者を神社皇族紋徒として徳利を与え優遇し壇家を増やす。
      ▼香取神宮(下総国)の命令に従い 幕府が国教負託する仏教をめの仇にし 香取とは 線香を奪う と報じ興し 線香 仏教壇家 住職 聖人上人 宗務代官 形部…の殺害に関与した。
      ▼鹿島(樫摩)神宮(常陸国)らと挙党 樫の美智(道)を 愛の新教の道改革革命(愛新覚羅 非巫女 卑弥呼)と報じ興し  乗っ取り転覆革命の皇政復古野心目的の為 偽の巫女を 時には暴挙を用い 嫁がせ 神宮皇族特権を付与し 皇族神宮壇家とし優遇囲い あらゆる政治犯罪に関与した。幕府に無断で大名 公家 武家 貴族 代官 やくざ…らに不義婚儀を用い 越中では 守護大名 富樫家 神保家 結城家…10万人が乗っ取られ 皇族神宮壇家を増やす犯罪に関与し政治犯罪を企てた。
      ▲▲▲ 処刑介錯人 宗務 形部ノ将 池田恒興 声明 ▲▲▲
      ▼その一「伊野原皇将家は 香取 称し 国教の仏教を めの仇にし 過去遡り 越中の仏宗壇家… 武家含む仏教派 10万人を殺害し寺院を乗っ取り 神社神宮に変貌させ 村社なる新興宗教を無数に興し 皇族神宮紋徒を優遇囲い 国教の仏教を排外した。背教罪 偽経罪 国転覆罪 改革政治革命罪。」
      ▼そのニ「幕府すら 認知無しの 町村 地区を新興開村興し 越中だけで500万人と言う壇家不明者を産み 反幕府を末端まで布武し 国すら乗っ取り 分離独立の内乱を興した 内乱戦闘罪 国転覆罪 革命政治罪。」
      ▼その三「政治犯罪の本家は 伊野原皇将家の主人である 第32代白川天皇家(水戸) 鹿島(樫摩)神宮(常陸国) 香取神宮(下総国) 関東成敗 黒蟻 黒羽 黒羽持黒蟻女王 檀座たてまつり 平将門殿 鎌倉聖一紋侍の刀 を持ち 全財産没収の上 皆殺しとする。」
      ▼その四「越中 般若村に興した新興村社 仁八屋邑神社(村社)を 八卦の偽崩れとする 仁八屋邑神社(村社)は やくざ皇族神宮家を増やす教義とし 関東中心である 山梨 大和猛ノ巫女(ヤマトタケルノミコ) 同和崩れの 危険な目倉般若やくざ夜叉神宮皇族紋徒 獣の子とし 天鱗国帝 山頂君臨檀座し興し 黒菊一紋侍の刀を持ち 一族郎党 全財産没収の上 皆殺しとする。」
      ▼その五「その昔 能美郡に伝わる 芋掘り芋づる式【開山開祖開村改革革命親鸞聖人廟所(生歯塚)】の習い 転輪し 越中 第8代伊野原皇将家 伊野原仁政皇子…一族肉親女子供含む500人は 不当に築きし不正蓄財財産の歯も没収する。死体は 人喰い谷 人形古墳に皇族埋葬のど糞土葬で埋葬する。新教皇族自由改革革命政治犯罪者の光。」
      ▼弔い歌 改革政治犯罪人ノ八大燈籠ノ灯火ノ光。
      ●織田家 家臣 池田恒興
      「図々しき 上梨 下梨 東西南北梨 山梨 狩ること知らん無能の皇家 人喰い谷 無能の待つだけ地蔵に帰す。自分の縄張り立つ花に名芝刈り正親町 草薙ノ剣 片手間八丁 三洛五条の光。裏神崩れ天草四郎の光。改革政治犯罪の光。」
      ▼処刑
      ▼越中 第8代伊野原皇将家 伊野原仁政皇子…一族肉親女子供含む500人は断髪 失明の上 手足を少しずつ切りきざまれ 苦しみ長良 絶命 死体は弓矢で串刺しになり 河北中条城 城下町 政治犯罪人と立札され首評台に逆さ吊りで晒され 死体は 人喰い谷 人形古墳に皇族埋葬のど糞土葬で埋葬した。
      ※これら政治犯罪人は 濁った肥溜め便所付近の水で 数日 目を洗わせたが目は良くならず 醜く目に膜がはり腫れあがり失明し 手足切断され長良絶命した。【虚空が晴れ迷信迷走であると証明されたに値する。】
      ※伊野原仁政皇子ら 100人の女子供は 「商売ただ働きの神」を布武し 能美郡 虚空蔵山城整備を無休無給で課し 1~2週間ほどで 餓死絶命した。一族の3歳~10歳ぐらいの女児 60歳~80歳の老婆 人々はまさに【虚空が晴れた「商売ただ働きの神」】とし立証あがめた。死体は能美仏蛇寺の便所肥溜めに皇族埋葬のど糞で埋葬された。
         ゜
      ※死神 武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    149. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。1月31日 第148号
      ●織田将軍家幕府は越中 能美郡 河田大山城 平定に伴い 捕らえた政治犯罪者5万人の内 女の大半は負傷兵の看護介護役を課し 男の大半は焼け落ちた町の再建を課し 人手の補充定める所で処分を保留する。
      ▼伊勢(異世)出雲天神皇家 政治犯罪人 処分書。能美郡 虚空蔵山城 佐無武神社
      ▲▲▲ 処刑介錯人 宗務 形部ノ将 加藤定政 ▲▲▲
      ▼貴様 越中 伊勢伊波 第5代 閑乗寺天神皇家は 八乙女山 乗派 悪しき信仰を報じ 全国の乗派寺院を 乗っ取り 主に治部代官 公家を乗っ取り 古来 幕府 前足利幕府 続く 国土尊栄(公共事業)の負託を 政治改革暴挙を用い止め 全国で家族含め 2000万人の失業者を生み 10年間で300万人を自殺に追い込んだ(政治的ジェノサイド) 改革政治犯罪に関与した。土地 街道 河川 港湾 山…は荒れ 国土疲弊を伴う 災害難儀が続き 餓死病死につながり 300万人が死亡した。雪の多い北陸 東北 北海道では 初期の冬で 街道港湾の除雪が無く 流通は止まり 村町は 孤立し 10年間で300万人が死亡した政治犯罪に凶暴関与した。(政治的ジェノサイド) 改革革命政治犯罪。
      ▼村 町 郡 地区 国 商屋…税 年貢 物品の徴収負担は変わらず 国土尊栄(公共事業)の負託を止め 国民利益の付与条件を落とし 10年間で100兆円の不明金を生んだ。国会法違反 財政法違反 手続き改ざん偽造公文書私文書…行政法違反 権威の合意政治改革詐欺罪 詐欺殺人罪…政治億万字罪。
      ▼主なる政治犯罪 主導者は 麻草神天皇家 官亡御徒皇家 個泉皇家…仁天皇家…伊勢出雲天皇家…300万人の改革政治教団である。一族肉親郎 全財産没収の上 皆殺しとする。転輪成敗する。
      ▲▲▲ 処刑介錯人 宗務 形部ノ将 加藤定政 声明 ▲▲▲
      ▼その一「越中 伊勢伊波 第5代 閑乗寺天神皇家は 大乗寺 閑乗寺 を乗っ取り 大乗寺の習いを【乗っ取り 乗っ取る】と報じ興し 全国の乗派寺院を拠点に 八乙女山(愛新覚羅 偽巫女 卑弥呼)を配し 代官を乗っ取り 影で政務を司取り 10年間で1000万人の政治虐殺(政治的ジェノサイド)を企てた改革政治共謀者の一人である。」
      ▼その二「政治犯罪の犯行は【止める】目的の政治犯罪である 幕府に 話も着けず 合意を破る反故する 図々しい改革手段。幕府(国会)の合意 行政手続き不備無断偽装の現状変更は 国会法違反 革命罪である。権威の合意は 経緯ふんで現状変更するべし。」
      ▼その三「前足利幕府より 無断で現状変更政治改革された 全てを 元に戻し 全てを長泉長常の政治犯罪とし 上人関係者 一族肉親郎党 全財産没収の上 皆殺しとする。」
      ▼その四「政治犯罪の主人は 治部ノ将 大蔵財部ノ将 を乗っ取った伊勢出雲はじめ天皇家(朝廷朝帝)である。一族肉親郎党 全財産没収の上 皆殺しとする。全国の配下は順次成敗する。」
      ▼その五「政治犯罪の規模が途方も無く大きい 後に 【閑乗寺事変と号死】 順次成敗 総括す。」
      ▼弔い歌 改革政治犯罪人ノ八大燈籠ノ灯火ノ光。
      ●織田家 家臣 加藤定政
      「定めの政 庄内川 前山の巨大水車の如し 究極の改革政治犯罪悪魔 閑乗寺に眠る。 鍵する。侍 知るところ 乗っ取り山 八乙女山 地蔵の光。」
      ▼処刑
      ▼越中 第5代 閑乗寺天神皇家 配下 乗部鷹司 高瀬乗取 一族肉親女子供含む2000人は断髪 失明の上 手足を少しずつ切りきざまれ 苦しみ長良 絶命 死体は弓矢で串刺しになり 河北中条城 城下町 政治犯罪人と立札され首評台に逆さ吊りで晒され 死体は 人喰い谷(乗っ取り谷) 人形古墳に皇族埋葬のど糞土葬で埋葬した。
      ※これら政治犯罪人は 濁った肥溜め便所付近の水で 数日 目を洗わせたが目は良くならず 醜く目に膜がはり腫れあがり失明し 手足切断され長良絶命した。【虚空が晴れ迷信迷走であると証明されたに値する。】
      ※越中 第5代 閑乗寺天神皇家 配下 乗部鷹司 高瀬乗取ら 300人の女子供は 「商売ただ働きの神」を布武し 能美郡 虚空蔵山城整備を無休無給で課し 1~2週間ほどで 餓死絶命した。一族の3歳~10歳ぐらいの女児 60歳~80歳の老婆 人々はまさに【虚空が晴れた「商売ただ働きの神」】とし立証あがめた。死体は能美仏蛇寺の便所肥溜めに皇族埋葬のど糞で埋葬された。
         ゜
      ※死神 武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    150. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 祭事。2月1日 第149号
      ●織田将軍家幕府は 包囲下の越中 富樫郡 金沢 富樫家 兼六園ヤマトタケルノミコト 安宅弁慶の 茶の濁りを取る 歌茶会祭事を行司す。
      歌茶会行司人 千利休大聖人 水色。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「安宅を暗宅 やくざの関所 富樫を 富 樫の道 非巫女の道 八家紋 般若村仁八屋邑神社(村社) 兼六園ヤマトタケルノミコトを大和猛ノ巫女と 山梨 同和崩れ天草四郎 八卦を ど糞土葬に戸 鍵する。」
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    151. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 軍将。2月2日 第150号
      ●織田将軍家幕府は 富樫郡 金沢 攻略を前に 金沢を一望出来る 高尾山城 平栗岡山砦 満願寺で 軍議を行儀す。
      ★軍議
      ▲織田方
      ●数日後 高尾山城 平栗岡山砦 手取川南陣屋 河北陣屋 300機の大弓 30万本の丸太弓矢 丸太火矢で攻撃後 突入で開戦とする。
      ●手取川南陣屋 能美陣屋 最上軍 丹羽軍 10万人は 手取川北上 富樫郡攻略。
      ●高尾山城 平栗岡山砦陣屋 満願寺陣屋 赤堂軍 小矢部軍 5万人は 金沢 卯辰山舘方面攻略。
      ●河北郡 中条城 織田本体 30万人で金沢突入攻略とす。卯辰山攻略とす。
      ▼伊勢(異世)出雲天神皇家
      ▼富樫郡 富樫家一族2万人 毛利5千人 鬼多皇将2千人 伊影皇将2千人 暗宅神皇 変多司(かわった政治経済犯罪人)皇家 改革自由天神皇家 穢多非人皇神家 高皇産霊皇家…皇族神宮やくざ紋徒…5万人
      ▼金沢郡 金沢城 天武持統天皇(大和猛巫女徒)10万人 神保家5千人 結城家5千人 黄門水戸家3千人 白川天皇家(水戸)配下3千人 毛利家3千人  
      ▼金沢郡 卯辰山砦 孝謙天皇本体10万人 孝謙天皇若宮神宮10万人 松任家2万人 畑端家 2万人 毛利家 3千人 武田家 3千人 伊勢出雲伏見安徳…皇族神宮紋徒5万人
      推奨歌
      ●織田家 家臣 丹羽長秀
      「万条一知 満願寺を持ち 九条玄す 九ノ皇谷 崖落 天界上人一切秋 図々 改革革命戦士の墓場。」
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    152. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 軍将。2月3日 第151号 節分日
      【富樫郡 金沢郡 卯辰山郡 決戦】
      軍評
      ●織田家の新兵器 断続的に大弓 丸太弓矢 丸太火矢で 家屋 倉屋 商屋は ことごとく 破壊 全焼し 抵抗する皇族神宮やくざ紋徒は 城 山林へ追いやられ 自ら命を断つ者も続出 5万人が自決し 伊勢(異世)出雲天神皇家ら10万人が戦死した。
      ▼▼▼討ち取りし敵将 捕らえし敵将 落城せしめい拠点▼▼▼
      ▼富樫軍攻略戦▼ 富樫城 落城 富樫家ら降伏 5千人が戦死。才田(佐伊多)城宮殿 高皇産霊皇家 越前一辺押取子皇女ら降伏 5千人の皇女巫女戦闘員が戦死。毛利家 武田家 傭兵5千人 富樫城で壊滅全滅戦死。手取川砦 変多司(かわった政治経済犯罪人)皇家 変多司黄菊神皇女ら降伏 2万人の皇女巫女戦闘員が戦死。戦闘に加わりしき皇族神宮やくざ紋徒5万人の身柄を拘束。
      ▼金沢軍 金沢城攻略戦▼ 金沢城 落城 越中 天武持統天皇(大和猛と巫女徒)ら降伏
      5万人が戦死。持統天皇家 持統兼子神皇女 2万人 水戸常陸 黄門家3千人 白川天皇家(水戸)配下3千人 は 河北中条城急襲作戦を奇策 密かに金沢北上 切山城付近で 羽柴秀長軍に補足され全滅戦死。図々しく白川の白虎と称し桐山村で非牛非人の 果敢な玉砕突撃で壊滅全滅。神保家 結城家 毛利家 2万人は 図々しく 親衛隊を称し 逃亡を試み北上 倶利伽羅城 柴田勝家に補足され全滅戦死。戦闘に加わりしき皇族神宮やくざ紋徒10万人の身柄を拘束。
      ▼金沢郡 卯辰山砦▼ 孝謙天皇本体10万人 孝謙天皇若宮神宮10万人 卯辰山要塞で最後まで抵抗し 10万人が壊滅全滅。第50代孝謙天皇家は自ら御所に火を放ち1000人の皇族と焼死 700年続いた孝謙天皇家は消滅した。孝謙弘取皇女2万人 松任家2万人 畑端家 2万人 らは東 砺波軍方面に逃亡を試み 赤堂山 刀利村付近 赤堂平政に補足され壊滅
      4万人が戦死。戦闘に加わりしき皇族神宮やくざ紋徒5万人の身柄を拘束。
      ▲ ▲ ▲
      ▲織田軍 被害 
      ▲ 1ヶ月続く激戦で 織田一門 丹羽家 最上家 羽柴家 柴田家 楠木家 加藤家 前田家 北畠家 斎藤家 朝倉家 七尾家 姉小路家… 将軍含め 5万人が戦死 初期の伊勢皇国時より 強化された敵に織田軍も苦しみ始めた。羽柴軍 北畠家 20万人が近江 大和攻略に向かうため 越後侵攻は停滞鈍化する。
      ▲織田殉国の将は 後 淀 
      ▲捕らえた敵将らの処分も 順次厳正を持ち処分する。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「大和猛 と 巫女徒(ヤマトタケルノミコト) 兼六園 輪宝歴史臨終す 樫ノ美智(道) 愛ノ新道 愛新覚羅 非巫女 改革革命戦士 卯辰山に眠る。」
      ●織田家 家臣 前田利家
      「樫ノ道 高皇産霊神社 富樫将軍眠る 孝謙天皇700年の歴史と滅ぶ。閑乗寺八乙女山 風魔 止まる。」
      ●織田家 家臣 加藤定政
      「大乗寺 大条寺 立石に 北風 黒門 七つ 玄龍帰す 沈む 富樫の樫の道 非巫女の光。」
      ●最上家 家臣 最上義定
      「元老に侍 王朝 朝廷 沈む 壇ノ浦 天鱗国帝 九条布武す 越中三条山 三条釛興殿の光。 六星兼六と おこがましき 黄色の幽霊改革政治犯罪者 臥龍山 我龍山 卯辰山に眠る 出羽山形 天鱗国帝 清洲ノ山。」
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    153. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。2月4日 第152号
      ●織田将軍家幕府は 一ヶ月続いた激戦で 富樫郡 金沢郡 卯辰山郡 を平定解放したことを宣言する。
      ●今回拘束した皇族神宮やくざ紋徒 20万人あまりを 能美郡 虚空蔵山城へ送り 審判が下る。一般人は 深刻な人手不足 人夫の補充を補う為15万人の 男子は修繕整備を課し 女子は負傷者の看護役を課し 処分保留で解放される。
      ●平定した能美郡 富樫郡 金沢郡 卯辰山郡の 30万人の壇家不明者に国教である仏法に基づく仏教壇家を布武した。幕府国教負託する浅仲の神農稲荷も布武する。
      ●越中に名残残す「虫送り祭り」にちなみ 女 娘は 一時的に断髪を布武し 錫杖 数珠 黒子黒法衣 お守りの仏教壇家証を授け課し「黒法衣一色 黒蟻 黒羽持女王蟻 行脚祭事」を30万人の娘を動員して行事した。
      ●織田信長様 自らも 焼け落ち廃墟と化した 富樫城 金沢城 卯辰山要塞 卯辰山天皇御所 卯辰山夕日寺宮宮殿 卯辰山柏木直江愛宕寺宮御所宮殿 卯辰山若松神宮城…を厳密に視察する。
      ●織田信長様 今回特別に卯辰山若松を 歌告山和歌松とし 没収した財産を賞金1億円にし 無償で和歌祭事を行事する。本来 羽柴秀吉が祭事の介錯行司人なら 負託補償…義務責務一式 途方も無い金額になるが全て無償で執り行われた。
         ★           ★           ★
      ★歌告山和歌松(卯辰山若松) 和歌会祭事 介錯行司人 羽柴秀吉★
      ●織田家 家臣 羽柴秀吉
      「卯辰山若松に和歌山権治 秀でる星 夢 和歌に五輪 四年一度 輝く星。」
      ★金賞 1億円
      ● 105歳 女性 半身不随 元出稼ぎ人夫 壇家不明地壇家不明者 佐々木静子殿
      「夢 奇跡 大神様 羽柴秀吉様 豊国ノ 秀でる星 小道の菜の花 満月の光。」

      ※織田将軍家幕府は 和歌文化を継承伝承保護補償しながら 和歌祭事の収益を基金に積み増し 四年一度 老若男女 病人 全ての万民に 知恵の五輪 夢 奇跡の場座を補償した。織田将軍家幕府こそが 老人 病人…万民 夢 奇跡  文化 娯楽…を 補償 提供 叶える 負託義務を負える幕府であると 世に知らしめた。
      ●第50代孝謙天皇家 一族が焼死した卯辰山柏木直江愛宕寺宮御所宮殿から 北陸の一大貿易港とし栄えた金沢に 肥後熊本 閑神皇 異国の黄泉王朝 婆賊の末枝子孫らが 閑乗寺を名乗り興し 利賀を李王朝 伊梨王朝と考え調査する 事実であれば織田将軍家幕府は【宣戦布告】とみなし【閑】の子孫である 閑山島攻略を決断する きっかけに成る土地である。九州の織田方に協力的な 武家 松浦家 立花家 大友家 島津家…の代官を越中に呼びつけ調査がされた。その後 調査が進み 東洋の異国文化王朝であると断定し【宣戦布告】とみなし 太閤殿下 豊臣秀吉 閑山島攻略を開戦とし 王朝討伐に進む。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 丹羽長秀
      「目倉天皇に般若の子 般若の子に目倉天皇 私帝の皇族紋徒 縄わたる 蛆広に 自分の庭畑は自分で呑んで自分で狩る 草薙剣 正親町は鬼の方(人) 腕の良い 手間庭師。」
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    154. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。2月5日 第153号
      ●織田将軍家幕府 殉国【富樫郡 金沢郡 卯辰山 三宮殿 合戦】
      ●【【金沢郡 攻略戦】】
      ●織田一門 織田元興 犀川大和城で討ち死に。
      「北陸に黒龍 興す 浮世苽の道 七つの黒門の守護神。」
      ●織田家 家臣 五条定勝 犀川大和城で討ち死に。
      「聖武ノ五条を座し悟す 正しき親 正親町の守護神。」
      ●織田家 家臣 五条親政 犀川大和城で討ち死に。
      「大和に 限り里す 平に繵 騎士道 興す 正親町の守護神。」
      ●織田家 家臣 五条親道 犀川大和城で討ち死に。
      「親帝ノ道 五 諭す 風鈴親帝 帝山ノ如し 豊国 正親町の守護神。」
      ●織田家 家臣 秋葉竹惟 犀川大和城で討ち死に。
      「輪十 臨終 公方 海の道 林宗五川 浮世ノ道 竹節の守護神。」
      ●織田家 家臣 北島墨安 犀川大和城で討ち死に。
      「林宗五川 炭 忍 浮世ノ道 海の道 北島 武心の守護神。」
      ●織田家 家臣 北島墨守 犀川大和城で討ち死に。
      「七つの星 黒炭 守る 林の如し 天鱗 武心の守護神。」
      ●織田家 家臣 岩倉三成 犀川大和城で討ち死に。
      「岩倉 三道 悟す 北門の万帝 闍を照らす守護神。」
      ●織田家 家臣 稲葉浅定 犀川府西城で討ち死に。
      「北陸 田布施 浮世の道 利賀悟す 武心の守護神。」
      ●織田家 家臣 稲葉浅波 犀川府西城で討ち死に。
      「伊佐波の元稲 悟す 浮世の道 限り知る 武心の守護神。」
      ●織田家 家臣 前田平政 犀川府西城で討ち死に。
      「田布施の鬼 神堂元し 平の段 緑龍宿る 武心の守護神。」
      ●織田家 家臣 柴田土勝 犀川府西城で討ち死に。
      「縄わたる雁(癌) 討つ 田布施の鬼 素佐沈む 神聖の守護神。」
      ●織田家 家臣 楽農家勝 犀川府西城で討ち死に。
      「入鹿入る 守りし平の旦(喃だん) 緑龍の鬼 神聖の守護神。」
      ●織田家 家臣 楽農黒勝 犀川府西城で討ち死に。
      「楽農布武し 守りし平の旦(喃だん) 未来永業 神聖の守護神。」
      ●織田家 家臣 楽農元家 犀川府西城で討ち死に。
      「楽農布武し 素佐討つ 永劫永久の神事 緑龍山 神聖の守護神。」
      ●織田家 家臣 鰻木緑平 犀川府西城で討ち死に。
      「鰻木布武の鬼 素佐討つ 永劫永久の神事 緑龍山 神聖の守護神。」
      ●織田家 家臣 鰻木あつ子 犀川府西城で討ち死に。
      「鰻 木の道知る 楠木玄師 永久ノ呪縛 琴司 緑龍ノ如し 神聖の守護神。」
      ●織田家 家臣 鰻木平子 犀川府西城で討ち死に。
      「犀川に鰻 布武の夜叉 琴司 永久ノ呪縛 緑龍ノ如し 神聖の守護神。」
      ●織田家 家臣 丹羽条家 松任城で討ち死に。
      「松任に責務の鬼 手間庭師 悟る 盆栽に草薙刀知る 紋徒規律の守護神。」
      ●織田家 家臣 丹羽堅政 松任城で討ち死に。
      「松任に責務の鬼 赤鬼 興 破りし改革討つ 紋徒規律の守護神。」
      ●織田家 家臣 加藤道吉 松任城で討ち死に。
      「松任に責務の道 蛇の目 照らす 赤色に 紋徒規律の守護神。」
      ●織田家 家臣 林檎持家  田上小立野城で討ち死に。
      「林檎 布武す 夜叉辰 永久の栄華 田上(田神)に誓う 負託の守護神。」
      ●織田家 家臣 林檎淀兼  田上小立野城で討ち死に。
      「林檎 布武す 赤蔵山 刻む 赤色に 田上(田神)に誓う 琴司 負託の守護神。」
      ●織田家 家臣 蜜柑加地森 田上小立野城で討ち死に。
      「果物 布武し鬼神夜叉 山森の如し 赤蔵山 刻む 赤色に 永久の呪縛琴司 負託の守護神。」
      ●織田家 家臣 織部勝平 田上小立野城で討ち死に。
      「孤立奮戦 貴族の道知る 楽市楽座 信じて長い永明の 商業の守護神。」
      ●織田家 家臣 山車貴守 田上小立野城で討ち死に。
      「貴族の真髄知る 後退許されない道 ひまわりの如く 永久の呪縛琴司 負託の守護神。」
      ●織田家 家臣 姉小路道政 田上小立野城で討ち死に。
      「貴族の量定 小路の如く 縄わたる貴族討つ 境目知る 黄色連翹花 楽市楽座の守護神。」
      ●織田家 家臣 佐久間右衛門 安原中央城で討ち死に。
      「軍の策士 織田家 助ける 統率の軍神 団長布武す山の如し 武心の守護神。」
      ●織田家 家臣 井上宗堅 安原中央城で討ち死に。
      「四ノ十字 悟す 暗原の異端やくざ討つ 神の抵抗布武す 法秩序の守護神。」
      ●織田家 家臣 佐々成町 金沢城で討ち死に。
      「悪しき 町徳利 正しき平の壇 聖火の誓元 平将門殿 聖火の誓元の守護神。」
      ●織田家 家臣 生駒長家 金沢城で討ち死に。
      「長きの武家 尊重す 信じて長く 永明の善光 浮世ノ道 武家檀上の守護神。」
      ●織田家 家臣 鰻川黒家 金沢城で討ち死に。
      「金沢城 鰻布武す 永久の壇家 呪縛の如し 琴司 鰻檀上 川の黒龍の守護神。」
      ●織田家 家臣 鰻川黒守 金沢城で討ち死に。
      「金腐川 天鱗国帝 淀打つ 林宗五川に鰻の黒龍玄す 平に 緑龍 生えわたる 誓の習い永久の呪縛の如し 田布施の守護神。」

      ※金沢郡の攻略戦は  犀川大和城 天武持統天皇(大和猛と巫女徒)2万人。 犀川府西城 持統天皇家 持統兼子神皇女2万人。 松任城  田上小立野城 安原中央城 金沢城…水戸常陸 黄門家3千人 白川天皇家(水戸)配下3千人 神保家 結城家 毛利家 2万人…配置し金沢全域を要塞化し抵抗 織田方は 1ヶ月続いた市街戦で 織田一門 織田元興 始め多くの将軍を失いながら 2万人が戦死した。敵 皇族神宮は武尊の精鋭部隊を組織し果敢な玉砕攻撃などで激しく抵抗しながら5万人が戦死した。
      ※富樫郡 卯辰山 三宮殿も 整さし軍評す。
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    155. 匿名 ID:c3MzY5MTg

      うるさ

    156. 匿名 ID:c3MzY5MTg

      うるさゴミ

    157. 名無し ID:==

      うるさゴミ 図々しい高山清司天皇 どチンピラ 早く 一家心中して下さい。 

    158. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。2月6日 第154号
      ●織田将軍家幕府 殉国【富樫郡 金沢郡 卯辰山 三宮殿 合戦】
      ●【【富樫郡 攻略戦】】
      ●織田家 家臣 池田堅町 手取川 手取平加城で討ち死に。
      「浮世 侍の習い 堅く守る夜叉 朱い道に輝く手取川の守護神。」
      ●織田家 家臣 池田堅兵衛 手取川 手取平加城で討ち死に。
      「限りの沙汰 悟す 不市布武ノ鬼 白色檀上 関白条座の守護神。」
      ●織田家 家臣 海津元林 手取川 手取平加城で討ち死に。
      「北陸に七つ黒龍 玄す 海に沈む 三つの曲がり討つ 関白条座の守護神。」
      ●織田家 家臣 瀧川黒吉 手取川 手取平加城で討ち死に。
      「手取川 黒龍 玄す 聖火の宣誓 瀧川の如し 朱雀の結び 秩序の守護神。」
      ●織田家 家臣 千種緑守 手取川 手取平加城で討ち死に。
      「庄内平野 緑生え渡る 永明 平に壇 悟す 千に道 千種の如く 緑龍の守護神。」
      ●織田家 家臣 千種村守 手取川 手取平加城で討ち死に。
      「限りを悟 郷里信壇 鷲の如し 永明に浮世の夢 道守る 伝統伝承壇上の守護神。」
      ●織田家 家臣 南山継重 手取川 手取平加城で討ち死に。
      「南の道 悟す 試練の呪縛 継重の如し 赤色に 浮世ノ道 世襲の守護神。」
      ●織田家 家臣 朝倉吉長 手取川 手取平加城で討ち死に。
      「永明の名の基 朝帝 吉 長 伝承守る 朱い道 知る 正親町の守護神。」
      ●織田家 家臣 黒門寺石勝 お経塚神殿宮殿寺城で討ち死に。
      「玄龍富源の黒門寺ノ万帝 堅く樫の道 守る 木知る 同義道義… 天鱗国帝の守護神。」
      ●織田家 家臣 斎条燈定 お経塚神殿宮殿寺城で討ち死に。
      「宗務習い 悟す 万民壇家布武す 素佐討つ 公坊の鬼 三条釛興殿ノ守護神。」
      ●織田家 家臣 斎条燈政 お経塚神殿宮殿寺城で討ち死に。
      「武宗の段 布武す 少林寺 黒元道 照らす 公家の鬼 林宗五川の守護神。」
      ●織田家 家臣 稲森政蔵 お経塚神殿宮殿寺城で討ち死に。
      「田布施の鬼神 正しき親 知る 庇護の守 永明の朝臣守る 正親町の守護神。」
      ●織田家 家臣 蔵町条平 お経塚神殿宮殿寺城で討ち死に。
      「庇護悟す 比叡山 平に条 布武す 天下布武 聖火の誓元 条 平将門殿ノ守護神。」
      ●織田家 家臣 蔵町紗条 お経塚神殿宮殿寺城で討ち死に。
      「庇護悟す 慈悲知る 南の鬼 知る 白黒赤 緑生え渡る 小路黄色連翹の守護神。」
      ●織田家 家臣 元田忠興 お経塚神殿宮殿寺城で討ち死に。
      「庇護徳利 忠 興 琵琶に琴司 宮島に比叡山 武心の鬼 雷神ノ守護神。」
      ●織田家 従臣 富樫織忠 富樫城で討ち死に。(前朝帝臣 孝謙天皇家)
      「貴族の万帝 木の道布武す 鬼の如く 素佐討つ 黒炭 九条に玄す 騎士道の守護神。」
      ●織田家 従臣 富樫織秀 富樫城で討ち死に。(前朝帝臣 孝謙天皇家)
      「蚕 布武す 織部紋侍 永明の秀でる凛河天凛の道 試練の鬼 天凛国帝の守護神。」
      ●織田家 従臣 富樫織勝 富樫城で討ち死に。(前朝帝臣 孝謙天皇家)
      「武家の義務 大儀臨終す 富樫家殿 南里に永明永劫の お悔み 南宮山の守護神。」
      ●織田家 従女臣 富樫あき子 富樫城で討ち死に。(前朝帝臣 孝謙天皇家)
      「武家の道 大儀臨終す 浮世の木の道 堅く守る 責務の守護神。」
      ●織田家 従女臣 富樫た子 富樫城で討ち死に。(前朝帝臣 孝謙天皇家)
      「武家の道 大儀臨終す 鮹(タコ)に布武す 琴司 豊国ノ 三条釛興殿ノ守護神。」
      ●織田家 従女臣 富樫倉子 富樫城で討ち死に。(前朝帝臣 孝謙天皇家)
      「武家の道 大儀臨終す 楽市楽座 永明の如し 星散る 豊国琴司の守護神。」
      ●織田家 従女臣 富樫畑子 富樫城で討ち死に。(前朝帝臣 孝謙天皇家)
      「布武の道 悟る 素佐討つ 縄渡る赤色の 栄華の菊 出雲の守護神。」
      ●織田家 従女臣 富樫鐘代 富樫城で討ち死に。(前朝帝臣 孝謙天皇家)
      「富の道 金の童(道) 土筆知る 代々照らす 聖代を 土筆の守護神。」
      ●織田家 従女臣 富樫鐘美 富樫城で討ち死に。(前朝帝臣 孝謙天皇家)
      「大儀臨終 金の童(道) 清洲を元し 美しの道 守る 土筆の守護神。」

      ※富樫郡攻略は 手取平加城 お経塚神殿宮殿寺城 富樫城…富樫家 高皇産霊皇家 越前一辺押取子皇女 毛利家 武田家 変多司(かわった政治経済犯罪人)皇家 変多司黄菊神皇女…10万人を配し 手取川では 女皇族神宮紋徒2万人が抵抗するなど 4万人が戦死した。半数は包囲の突破を試み 北上 街道の要 桐山 切山城 羽柴秀長軍に果敢に玉砕攻撃をするなどで抵抗激戦し大打撃を負わせ全滅壊滅した。桐山悪魔の最後の転輪。
      ※織田方も 1ヶ月続いた市街戦で 富樫郡だけで 1万5千の戦死者を出した。
      ※卯辰山三宮殿 桐山防衛戦 倶利伽羅防衛戦 赤堂刀利防衛戦も 整さし軍評す。
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    159. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。2月7日 第155号
      ●織田将軍家幕府 殉国【富樫郡 金沢郡 卯辰山 三宮殿 合戦】
      ●【【卯辰山南御所城 攻略戦】】
      ●最上家 家臣 最上条水 卯辰山南御所城で討ち死に。
      「千曲川 平に檀 三段公坊 最上殿 曲がり討つ 聖火宣誓 三淵黒獅子の守護神。」
      ●最上家 家臣 最上国光 卯辰山南御所城で討ち死に。
      「黒一色 永明の檀 光 灯す 九条公坊 国光殿 武士道の真髄 林宗五川の守護神。」
      ●最上家 家臣 総家平宗 卯辰山南御所城で討ち死に。
      「万民壇家 悟す 玄龍の如く 平一鉄 河北中条城の鬼知る 羽黒山の守護神。」
      ●最上家 家臣 山形宗家 卯辰山南御所城で討ち死に。
      「檀上 山形宗家殿 段上の檀 悟す 永明の号 平に喃 天下布武の守護神。」
      ●最上家 家臣 山形宗勝 卯辰山南御所城で討ち死に。
      「永業の山形 神事の如く 同和(大和)討つ 卯辰に君臨す 君臨の守護神。」
      ●織田家 家臣 平条兼直 卯辰山南御所城で討ち死に。
      「聖火に誓 忠して直す 不滅の法灯 鬼知る 卯辰山南御所城 沈む 比護の守護神。」
      ●織田家 家臣 平条兼平 卯辰山南御所城で討ち死に。
      「不滅の法灯 悟る 兼ねて 弾魔不段討つ 聖火宣誓の守護神。」
      ●織田家 家臣 江南定光 卯辰山南御所城で討ち死に。
      「卯辰山南御所城 南 無し 鬼行く 黄色討つ 林宗五川 楽市楽座の守護神。」
      ●織田家 家臣 町村信吉 卯辰山南御所城で討ち死に。
      「聖火の宣誓 町に悟す 不滅の法灯の鬼 平条檀志 楽市楽座 比護の守護神。」
      ●織田家 家臣 加藤清秀 卯辰山南御所城で討ち死に。
      「不滅の法灯 比叡山 清に秀でる 闍の目 討つ 白山 関白の守護神。」
      ●織田家 家臣 加藤道真 卯辰山南御所城で討ち死に。
      「不滅の法灯 真の道 悟す 外道 闍の目 討つ 闇 照らす 関白の守護神。」
      ●【【卯辰山夕日寺宮宮殿 攻略戦】】
      ●織田家 家臣 琵琶島信勝 卯辰山夕日寺宮宮殿
      「琵琶紋侍 宮島琴司紋侍 豊国紋侍 紋侍壇条の鬼 夕日知る 雷神の守護神。」
      ●織田家 家臣 琵琶島清光 卯辰山夕日寺宮宮殿で討ち死に。
      「武家 琵琶紋侍 布武す 夕日に辰(立つ)究極の鬼神 海知る 雷神の守護神。」
      ●織田家 家臣 甚目寺政治 卯辰山夕日寺宮宮殿で討ち死に。
      「夕日に 偽の目 筆し追う 土筆知る 文殊侍 三十灯に南願う 雲龍の守護神。」
      ●織田家 家臣 甚目寺政頼 卯辰山夕日寺宮宮殿で討ち死に。
      「夕日に 土筆の鬼 鎮魂 金の真 伝える鬼 南大谷 雲龍の守護神。」
      ●【【卯辰山伝燈寺砦 攻略戦】】
      ●織田家 従女臣 富樫政子 伝燈寺砦で討ち死に。
      「富樫正子殿 正しき親 悟す 火(非)登る 土筆の如く 正親町の守護神。」
      ●織田家 家臣 寺門家光 伝燈寺砦で討ち死に。
      「寺門 布武す 海超えて 天下布武 烙陽 非 伝える 燈火の守護神。」
      ●織田家 家臣 寺門平重 伝燈寺砦で討ち死に。
      「非 伝えて 守る 十輪坊 友を忍 天下布武の鬼 道義同義の守護神。」
      ●【【卯辰山若松神宮城 攻略戦】】
      ●織田家 家臣 寺山勝吉 卯辰山若松神宮城で討ち死に。
      「神の抵抗 聖戦 悟す 仏を布武し解放す 般若討つ 鎌倉聖一紋侍の守護神。」
      ●織田家 家臣 公条平町 卯辰山若松神宮城で討ち死に。
      「聖火に宣誓 万条の鬼 条を布武し解放す 般若討つ 聖武の守護神。」
      ●織田家 従臣 山科守継 卯辰山若松神宮城で討ち死に。
      「般若皆殺しの鬼 同義の鬼神 卯辰山若松に眠る 死神ノ守護神。」
      ●織田家 従臣 山科信継 卯辰山若松神宮城で討ち死に。
      「山に武家の道 悟る 山の燈火 守る 卯辰山若松に眠る 死神ノ守護神。」
      ●織田家 従女臣 山科さだ子 卯辰山若松神宮城で討ち死に。
      「正しき山科悟る 同義を座し般若討つ 盆栽手間妻 責務の守護神。」
      ●織田家 従女臣 山科はな 卯辰山若松神宮城で討ち死に。
      「立つ花に大儀臨終 山に責務の盆栽妻 花に責務 知る 責務の守護神。」
      ●織田家 従女臣 山科もも子 卯辰山若松神宮城で討ち死に。
      「白山座して 般若討つ 桃布武す 聖火の宣誓 紋侍娘 琴司 責務の守護神。」
      ●織田家 従女臣 山科聖子 卯辰山若松神宮城で討ち死に。
      「女の徳利悟る 平に喃 緑龍睨む 永明元師 聖 守る 嫩桂山 嫩龍山の守護神。」
      ●織田家 従臣 小矢部水政 卯辰山若松神宮城で討ち死に。
      「水に黒龍 浮世の道 天下布武 九条布武 守る 海の守護神。」
      ●織田家 従女臣 小矢部もと子 卯辰山若松神宮城で討ち死に。
      「責務の大儀 貫徹す 無能の待つだけ地蔵討つ 松の鬼 ニ松院洛斎京の守護神。」
      ●織田家 従女臣 赤堂ちか 卯辰山若松神宮城で討ち死に。
      「聖火に宣誓 平に檀 平条に 誓 破りし般若討つ 朱い道 誓元の守護神。」
      ●【【卯辰山柏木直江愛宕寺宮御所宮殿 攻略戦】】
      ●織田家 従女臣 山科さき 卯辰山柏木直江愛宕寺宮御所宮殿で討ち死に。
      「大儀臨終 北陸に愛の花 一凛 愛宕に咲く お悔みの 南宮山の守護神。」
      ●織田家 従女臣 山科うめ 卯辰山柏木直江愛宕寺宮御所宮殿で討ち死に。
      「大儀臨終 山頂五座 愛花守る 山形の 梅五紋家紋 徳利に責務 九条の守護神。」
      ●織田家 従女臣 山科樫美子 卯辰山柏木直江愛宕寺宮御所宮殿で討ち死に。
      「山科に段玄す 山頂 瑠璃色 藍染め 愛の花 一本槍 風鈴国帝の守護神。」
      ●織田家 従女臣 山科か代 卯辰山柏木直江愛宕寺宮御所宮殿で討ち死に。
      「山科の代々 永明の科代 元志 愛宕般若自由やくざ民主討つ 黒蟻布武す 黒蟻羽持女王蟻の守護神。」
      ●織田家 従女臣 山科さと 卯辰山柏木直江愛宕寺宮御所宮殿で討ち死に。
      「大儀臨終 山科家殿 愛の山頂 悟(里)す 愛宕般若討つ 同義同義…天鱗国帝の守護神。」
      ●織田家 従女臣 山科道代 卯辰山柏木直江愛宕寺宮御所宮殿で討ち死に。
      「大儀臨終 山科の代々の道 守る 黒道の 沈む 愛宕素佐民主 同義同義…天鱗国帝の守護神。」
      ●織田家 家臣 甲条吉光 卯辰山柏木直江愛宕寺宮御所宮殿で討ち死に。
      「甲の帝条 玄す 図々しい般若討つ 黒法衣保護する 全身を 甲条帝の守護神。」
      ●織田家 家臣 甲条両平 卯辰山柏木直江愛宕寺宮御所宮殿で討ち死に。
      「片山の甲に 億万字 返して布武す 甲条帝 悟る 立証知る 天鱗国帝の守護神。」

      ※卯辰山三宮殿は 一帯を天然の要塞と課し 攻略に半月を要旨 特に卯辰口 街道の要 敵将 孝謙弘取皇女 女皇隊2万人 松任家2万人 卯辰山南御所城では 最上家 最上条水 最上国光 山形宗家… 将軍戦死 最上軍 精鋭部隊2000人戦死 織田家 加藤家 加藤清秀 加藤道真… 将軍戦死 加藤軍 精鋭部隊2000人戦死するなど大損害を出した。 敵将 孝謙弘取皇女 女皇隊2万人 松任家2万人 激しい抵抗にあい 卯辰山三宮殿だけで2万人が戦死した。第50代孝謙天皇家ら配下は 7万人が戦死した。卯辰山三宮殿 総大将 第50代孝謙天皇家は自ら卯辰山柏木直江愛宕寺宮御所宮殿御所に火を放ち1000人の皇族と焼死した。
      ※孝謙弘取皇女 女皇隊 松任家ら残党は 旅団を編成し包囲の突破を試み 孝謙弘取皇女 女皇隊 5000人は 倶利伽羅 柴田勝家らに補足され壊滅。松任家 残党5000人は 街道の要 羽柴秀長軍 桐山 切山城へ果敢に玉砕攻撃を仕掛け 羽柴軍に大打撃を負わせ壊滅した。
      ※羽柴軍は 街道の最前線 桐山 切山城の防衛戦で 多くの身内と1万人の 直属の精鋭部隊を失う。
      ※桐山防衛戦 倶利伽羅防衛戦 赤堂刀利防衛戦も 整さし軍評す。
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    160. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。2月8日 第156号
      ●織田将軍家幕府 殉国【桐山 倶利伽羅 赤堂山 合戦】
      ●【【桐山 切山城 防衛戦】】
      ●織田家 家臣 木下緑家 桐山 切山城で討ち死に。
      「大儀の家紋檀治 越中の 桐 知る 緑龍睨む 霧の如く 雲龍の守護神。」
      ●織田家 家臣 木下藤勝 桐山 切山城で討ち死に。
      「黒炭の富士知る 南北帝 素佐討つ 黒富士 槍 立つ 黒龍の守護神。」
      ●織田家 家臣 木下秀道 桐山 切山城で討ち死に。
      「木下に 秀でる道 草緑場 緑龍睨む 霧の如く 緑龍の守護神。」
      ●織田家 家臣 浅野黒守 桐山 切山城で討ち死に。
      「林宗五川 布武す鬼 黒色の 秀でる浅仲 徳利守る 九条の守護神。」
      ●織田家 家臣 浅野勝吉 桐山 切山城で討ち死に。
      「林宗五川 布武す鬼 全部飲む 吞龍の鬼 土筆の鬼 軍神の守護神。」
      ●織田家 家臣 赤洞定政 桐山 切山城で討ち死に。
      「林宗五川 渡りし 素佐討つ 限り悟 平に喃 赤色の 軍神の守護神。」
      ●織田家 家臣 竹中輪蔵 桐山 切山城で討ち死に。
      「竹節の浮世の道知る 竹節 節分 布武の鬼 霧の如く 廻る 天鱗国帝の守護神。」
      ●織田家 家臣 竹中輪宗 桐山 切山城で討ち死に。
      「竹淵悟る 霧に渦巻く 琵琶紋侍の鬼 宮島琴司 豊国 紋侍ノ鬼 竹節ノ転輪公方 究極の極の極道の道 霧に辰 天鱗国帝の守護神。」
      ●織田家 家臣 佐藤徳成 桐山 切山城で討ち死に。
      「佐道の道 説く 霧の如く 平に喃 山の如し 愛宕般若民主討つ 転輪の成平 守る 緑龍ノ睨み 天鱗国帝の守護神。」
      ●織田家 家臣 稲沢秀平 桐山 切山城で討ち死に。
      「田布施の鬼 八甲おろし 稲沢の如く 秀でる平 成る 緑龍ノ守護神。」
      ●織田家 家臣 甲津秀勝 桐山 切山城で討ち死に。
      「霧山の甲に 潜む 曲がり討つ 秀でる甲 玄し守る 蛇の目ノ守護神。」
      ●織田家 家臣 川北包政 桐山 切山城で討ち死に。
      「北の万帝 永明の布武す 黒龍の 黄色素佐 包んで縄する 出雲の守護神。」
      ●織田家 家臣 石田成政 桐山 切山城で討ち死に。
      「石 田 布武の鬼 限りに雲龍 里す 霧山に 公家の鬼 平に成 雲龍の守護神。」
      ●織田家 家臣 石田成清 桐山 切山城で討ち死に。
      「限りに檀布つ 大儀一 平に娚成る 大吉大万 清く 霧山に辰 団長 石田殿 風耐える 風鈴国帝の守護神。」
      ●織田家 家臣 鳳凰秀光 桐山 切山城で討ち死に。
      「鳳凰紋侍布武す 究極の鬼 越中に 闇の歴史 知る 桐山の切山城 闇天帝沈む 地獄の火葬場 霧山雲龍雷神 火龍の守護神。」

      ※北陸の街道の拠点 桐山 切山城は 天武持統天皇 孝謙天皇 佐伊多(才田) 伊野原 伊影 鬼多…皇将 武田 結城 富樫…武家 10万人 自軍の 後退逃亡する兵を皆殺しにするなど強権策を公示 果敢な玉砕攻撃などの 断続的な波状攻撃を受け 羽柴軍だけで 精鋭部隊1万人が戦死した。皇族神宮紋徒5万人が戦死した。(半数の2万人は 後退逃亡で 皇将らに処刑された兵である。)
      ※桐山の地に 桐家紋 羽柴秀長様が本陣を置き「槍要らず」(槍や刀が そこらじゅうに落ちてる 拾えばある)言わしめた 伝説の地。
      ※街道の最大拠点の一つで 双方で 切山城 桐山砦 を取ったり 取られたりを永遠と繰り返し 山の木も一本残らず焼き払われ さらに 死をも恐れない玉砕突撃を【非人の玉砕突撃】と称し 織田方からは悪魔の転輪と恐れられた。伝説の地。
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    161. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。2月9日 第157号
      ●織田将軍家幕府 殉国【桐山 倶利伽羅 赤堂山 合戦】
      ●【【倶利伽羅 地獄谷舘 防衛戦】】
      ●織田家 家臣 柴田明長 倶利伽羅 地獄谷舘で討ち死に。
      「永明の檀上 明永殿 縄渡る 癌(雁)素佐 討つ 国士仏法の鬼 明徳の 武宗の守護神。」
      ●織田家 家臣 柴田徳明 倶利伽羅 地獄谷舘で討ち死に。
      「不滅の法灯知る 明徳の 徳明殿 縄渡る 癌(雁)素佐 討つ 南北帝の万帝 比叡山 比護の守護神。」
      ●織田家 家臣 柴田明道 倶利伽羅 地獄谷舘で討ち死に。
      「永明の徳利 林宗五川 布武す鬼 槍に明りの道 守る 黒龍に 九条の守護神。」
      ●織田家 家臣 柴田明定 倶利伽羅 地獄谷舘で討ち死に。
      「永明の明徳 悟す 源氏(元侍)の誉れ 林宗五川 明徳 守る 源龍に 比叡山 比護の守護神。」
      ●織田家 家臣 徳明永兼 倶利伽羅 地獄谷舘で討ち死に。
      「永明の明徳 興す 究極ノ鬼 聖なる和(輪) 素佐討つ 最後の審判 黒龍に 林宗五川の守護神。」
      ●織田家 家臣 矢田勝道 倶利伽羅 地獄谷舘で討ち死に。
      「比護に槍知る 責務檀条 林宗五川 源龍 守る 黒龍に 比護の守護神。」
      ●織田家 家臣 東名道定 倶利伽羅 地獄谷舘で討ち死に。
      「東に大日 東大寺 知る 天鱗国帝 君臨布武す 聖武天皇 公家権帝 元老大帝 武一 三洛 阿修羅 守る 天鱗国帝の守護神。」
      ●織田家 家臣 東名守勝 倶利伽羅 地獄谷舘で討ち死に。
      「東に 名聖 立石に 究極の鬼 三国の玄龍 阿修羅 名聖守る 天鱗国帝の守護神。」
      ●織田家 家臣 田端宗継 倶利伽羅 地獄谷舘で討ち死に。
      「神宗 異端 皆殺し 地獄谷 武勇の名声 語り継ぐ 源玄元 三龍に 玄龍の守護神。」
      ●織田家 家臣 田端赤継 倶利伽羅 地獄谷舘で討ち死に。
      「端午の鬼 赤 継いで転輪す 神宮背教異端皆殺し 赤修羅 名声成る かがし皇子の守護神。」
      ●織田家 家臣 猪野角堅 倶利伽羅 地獄谷舘で討ち死に。
      「聖火の宣誓 平に壇 堅破る 町村解放す 般若王皇皆殺し地獄谷 誓元の守護神。」
      ●織田家 家臣 山中政吉 倶利伽羅 地獄谷舘で討ち死に。
      「山に中道 悟す 越える壁 越中 知る 厳島 越前に玄す 黒龍 越前の守護神。」
      ●織田家 家臣 山中上政 倶利伽羅 地獄谷舘で討ち死に。
      「山中に南北帝 知る 白黒赤 緑生え渡る 黄色情け悟す 黒龍 南宮山の守護神。」

      ※柴田軍 布陣する 倶利伽羅 地獄谷舘 防衛戦は 金沢卯辰山の敗走旅団 持統天皇家 持統兼子神皇女 黄門家(水戸) 白川天皇家(水戸) 武家 増仁家 富樫家 松仁家 神保家 結城家 武田家 毛利家… 5万人は 包囲の突破を試み 倶利伽羅を 果敢に【非人の玉砕攻撃】などで たった2日から3日の防衛戦で 柴田軍精鋭5千人を戦死させ大打撃を負わせ壊滅全滅した。
      ※柴田勝家様は【倶利伽羅の非牛ならず非人討ち】と称し 地獄谷だけで2万人の敵兵を壊滅させた。
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    162. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。2月10日 第158号
      ●織田将軍家幕府 殉国【桐山 倶利伽羅 赤堂山 合戦】
      ●【【赤堂山刀利村 太美山村 七曲村城 防衛戦】】
      ●織田家 家臣 斎藤龍房 赤堂山刀利村で討ち死に。
      「葬儀に布武す鬼 素佐討つ 究極の赤夜叉 湯涌に冷たさ知る 天凜の如く 輪凛(りんり) 引き返せない永明永大の責務 帝国の如く 天凜国帝の守護神。」
      ●織田家 家臣 斎藤道宗 赤堂山刀利村で討ち死に。
      「番九 霧に朱い道知る 極限の琵琶紋侍の鬼 霧深き赤堂山 大海 雷神の守護神。」
      ●織田家 家臣 姉小路時宗 赤堂山 太美山村で討ち死に。
      「限り悟す 湯涌 黒色に 浮世知る 湯涌の曲がり 黄色連翹花 姉小路の守護神。」
      ●織田家 家臣 姉小路勝山 赤堂山 太美山村で討ち死に。
      「限り悟す 湯涌に 団長座して 平に娚 黒龍の秩序 山の如し 秩序の守護神。」
      ●織田家 従臣 湯谷道村 赤堂山 太美山村で討ち死に。
      「由の谷 悟す 限りの鬼 自由素佐討つ 黄色大谷の死に場所 知る 秩序の守護神。」
      ●織田家 従女臣 湯谷美智子 赤堂山 太美山村で討ち死に。
      「基の大海知る 赤き道 積む 屍超えて 幾代と 赤色の越後 赤龍の守護神。」
      ●織田家 従女臣 湯谷積子 赤堂山 太美山村で討ち死に。
      「赤堂の業 血の道 屍超えて 悟す 仙代の 転輪積む 転輪の道 赤色の 天鱗国帝の守護神。」
      ●織田家 従女臣 湯谷いち子 赤堂山 太美山村で討ち死に。
      「越後に 朱い戸室知る 仙代の通る赤い 赤堂山 登る 死を恐れず 天鱗国帝の守護神。」
      ●織田家 従女臣 湯谷くろ代 赤堂山 太美山村で討ち死に。
      「黒炭に赤龍の道 悟る 浮世の大海 屍超えて 輪昇 仙代の道 赤堂山 宝物 守る
      天鱗国帝の守護神。」
      ●織田家 従女臣 湯谷重子 赤堂山 太美山村で討ち死に。
      「繰り返される 血の登山 赤堂山 転輪 重ねる 赤い道 赤堂山 宝物 守る
      天鱗国帝の守護神。」
      ●織田家 従女臣 湯谷すみ子 赤堂山 太美山村で討ち死に。
      「炭取りに血の道 悟す 槍紋侍 避けて通れない 血の歴史 戸室 赤堂山の守護神。」
      ●織田家 従女臣 湯谷定代 赤堂山 太美山村で討ち死に。
      「油の谷 太美山 仙代の赤い道 戸室の越後 屍超えて 赤堂山の守護神。」
      ●織田家 従臣 戸室兼吉 赤堂山 太美山村で討ち死に。
      「赤門の究極の万帝 仙代の血の道 布武す究極の万帝 転輪に 赤堂山の守護神。」
      ●織田家 従臣 戸室宝司 赤堂山 太美山村で討ち死に。
      「赤堂山 宝 悟す 仙代の通る血の道 屍超えて 転輪に 赤堂山の守護神。」
      ●織田家 従女臣 戸室さ代 赤堂山 太美山村で討ち死に。
      「赤堂山 佐無し 悟す 弓娘 黒龍 秩序の女神 山の如し 林宗五川の守護神。」
      ●織田家 従女臣 戸室道世 赤堂山 太美山村で討ち死に。
      「越後へ抜ける 血の道 試練の道 世ノ道 赤堂山 守る 宝珠の守護神。」
      ●織田家 従女臣 戸室ちか 赤堂山 太美山村で討ち死に。
      「戸室に血の過去知る 屍越える赤い道 赤堂山 守る 宝珠の守護神。」
      ●織田家 従女臣 重蔵油美子 赤堂山 太美山村で討ち死に。
      「赤堂山 昇る 宝珠の道 悟し重ねる 赤い道 油 美しき 宝珠の守護神。」
      ●織田家 従女臣 重蔵美穂 赤堂山 太美山村で討ち死に。
      「鰻入る 牛首村 布武の鬼 素佐皆殺し牛首に赤い歴史 黒龍 林宗五川の守護神。」
      ●織田家 従女臣 重蔵仲代 赤堂山 太美山村で討ち死に。
      「限り 悟 中倉 守る 蔵仲娘 壇に檀 取る 平に娚 緑龍の守護神。」

      ※赤堂家 小矢部家ら 従臣らは 赤堂山一帯の山岳渓谷で 地元の地の利を生かし 防衛戦を制し ほうぼうから 敗走する 敵旅団を殲滅し2万人を壊滅させ 10万人の天武持統孝謙醍醐天皇家残党…毛利家 武田家 富樫家 増仁家 野端家…始め 敵兵を拘束した。
      ※赤堂家 小矢部家ら 従臣らは 女武将5千人含め 2万人が戦死する。赤堂家 小矢部家 山科家…らは 功績が認められ 武家再興し織田家家臣と成る。
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    163. あああああああああああああああああああああああああああああ ID:gyMDI1OTI

      うるさ

    164. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。2月11日 第159号
      ●織田将軍家幕府は 激戦地の一つ赤堂山 太美山村郷(現 医王山 赤堂山刀利 魚帰町 菱池小原町 湯涌…) 嫁兼村 綱掛村 小矢部川七曲村城 土生村 小矢部牛首峠を 織田信長様 自らで視察した。この地を鰻(黒龍)伝説の地の一つとして 茶の濁りを取る 歌茶会を行事す。
      ※歌茶会行司人 千利休大聖人 水色。
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「山に魚帰る 山川に綱 掛ける 池に 菱(割菱 益) 鰻 限り 悟 土曜の牛(丑)の日 山に川池 鮎鰻 血の歴史 知る 小矢部牛(丑)首峠 可儀利(限り)に 赤鬼 見る。」
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    165. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。2月12日 第160号
      ●織田将軍家幕府は 金沢敗走旅団の敗走阻止 街道の要 赤摩木古山 西赤尾舘を織田信長様 自らで視察した。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 池田恒興
      「赤摩木古山 ブナオ峠(武尚) 武宗の責務 無能討つ 武宗の大門 死を稼業 義務する者 眠る。古き闇者 赤摩木古山。」
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    166. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。2月13日 第161号
      ●織田将軍家幕府は 東赤尾を東に向かい 人形山 人形村 城端村 城端城 人喰い谷 防衛戦の要 織田家 従臣 湯谷家が 多大な犠牲を払い守った 地を 織田信長様 自らで視察した。
      ●この人喰い谷は 織田幕府が 処刑した 政治犯罪者 背教者 異端 カルト 皇族神宮やくざ…伊野原皇将 伊影皇将 城端家… を 壮絶な絶命処刑方法で処刑し ど糞土葬に埋葬した地である。
      ●織田信長様も 河北郡中条城の人形を名古屋城に 伝えるなど 人形に信仰関心の高い お方である。
      ●織田信長様は【悪魔を払う】と称し 池田恒興に 神興しを命じ 人形山 人形村宮宮殿付近に かがし皇子人形と 千段の雛人形を 立つ花 檀座させ行司させた。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「織田家の守り神 奇跡の孝建の人 雷神の子 関白 生え渡る 人形山 沈む 待つだけ無能地蔵 九条知る。」
      ●織田家 家臣 正親町信忠親皇 桂永家
      「カルト天皇の親の子は皆同じ 恨むは 広がる穢多天皇。黄色菊生え渡る。」

      ※赤摩木古山(赤魔偽古山) 人形山を 黄色政治犯罪者(皇族系自由民主やくざ) カルト皇族神宮やくざ異端教団 屠殺地と断し 後 沙汰する。
      ※「水で目を洗えば 目がなおる」などと教唆する 改革政治カルト犯罪穢多天皇教団 眠る 朱い地 人喰い他。 図々しい 卑しい 政治犯罪者皆殺しの地。
         ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。  

    167. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。2月14日 第162号
      ●織田将軍家幕府は 従臣とし 赤堂山 赤摩木古山 七曲城 防衛戦で 多大な犠牲を払い 守り抜いた 戸室家 戸室山を 織田信長様 自らも視察した。
      ●戸室山は 別名 立証門 立政門 恐龍門 と呼ばれ 情けの最終村と 恐れられた 政治犯罪屠殺地で 村である。
      ●林宗五川 外の 越中カルト政治経済犯罪者女子供含む 5万人から10万人が 処刑された。
      ※神の立証死刑罪
      ▼「水で目を洗えば 目がなおる」 池の濁り水で目を洗わせ失明の上 絶命。伊勢天皇政治犯罪者
      ▼「五層の屋根を渡れば 天珠を得る」 五層の屋根から落とし 死亡。伊勢天皇政治犯罪者
      ▼「言い値」 織田幕府は これら政治経済犯罪者に 法外な「言い値」で年貢 税を 一人一兆円の税課徴収する。おにぎり一つ10億円 コップ一杯 100億円…など「言い値」を強制し 2万人の女子供含むが 餓死し処刑した。伊勢天皇政治犯罪者
      ▼甲で図々しい 織田幕府は 万民を代表する最高権威機関である 宗務の最高負託者である。「紋徒 信者以外は自由で良い」 伊勢神宮の作法義務強要図々しいカルトテロ天皇政治犯罪者共に ことある事に礼儀と称し義務を強要 図々しい卑しいカルトチンピラ天皇やくざ愚民とし 袋叩きなぶり殺しリンチで伊勢天皇女子供5万人を処刑した。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 楠木久光 
      「天鱗国帝 死に目 守る 海超えて 万条一知 天界上人一切秋 図々 廻る 死神。」

      ※主に 不正蓄財を接収し 万民の補償にあて 万民の不安を開放し 無差別政治犯罪者に容赦せず 同義道義の処刑を履行執行出来る 織田幕府こそ 神の幕府であると世に知らしめた。
          ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。  

    168. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。2月15日 第163号
      ●織田将軍家幕府は 池田軍はじめ 尾張一門 旗本 従臣 精鋭1万5千人が戦死した 激戦地 手取川 富樫郡の 手取平加城 お経塚神殿宮殿寺城 高皇産霊皇宮宮殿 富樫屋咲城に 織田信長様 自らも視察した。
      ●能美から 手取川 北上渡河の この作戦は 越前一辺押取子皇女 変多司(かわった政治経済犯罪人)皇家 変多司黄菊神皇女 5万人の女部隊を編成し手取平加城を拠点に防衛戦を展開 織田軍を苦しめた。
      ●滅んだ 第55代変多司皇家の 変わった教えの一つ 糞尿資源 糞尿貴族 糞尿防衛網で 池田軍は 多いに苦しんだ。糞を資源に 豪商を築き 1500年 続いた 糞尿皇神家は 手取川で幕を閉じた。おまる土糞に眠る。
      ●第55代変多司皇家の 拘束した政治犯罪者どもは 制さし 沙汰する。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 池田恒興
      「究極の改革革命貴族豪商 糞尿泥棒 土改良の鬼 糞尿業の無能の鷲 おまる土糞に眠る。御手洗の光。」
          ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    169. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。2月16日 第164号
      ●織田信長様は 引き続き 富樫郡 高皇産霊皇宮宮殿を 視察する。
      ●高皇産霊皇宮宮殿は 卯辰山南御所を拠点とした 第50代孝謙天皇家 天武持統天皇家(大和猛と巫女徒) 安徳天皇家… 日本史上 天皇府 朝廷府を暗に築いた天皇府黄金時代であり 第4次 壇ノ浦の謀略の最大かつ最後の拠点の一つ。偽巫女 偽皇女 比護徳利犯罪の巣。野々葉の如く 末端の民にまで 皇族神宮紋徒を布武し 布市し 優遇囲い 悪魔の穢多やくざ天皇。布市を興した 暗宅たわけやくざ浦神崩れ皆殺しの地。
      ●織田将軍家幕府は 古来より続く国教の仏教の万民壇家を負託し 神農稲荷の浅仲のみ 布教を許すのみで それ以外は 全て罪である。
      ●織田将軍家幕府は 特に疲弊に苦しむ 大工 石工 木工 土木 炭鉱人工…職人 漁師 楽農 ら救済の為 池田恒興に 池の限りを説き たわけ飽和を解消し 底値の資産防衛権利行使 正当と断志 行使を命じ 働く者の救済に努めさせた。
      ※需要と供給 1年間 1億円の供給しかないなら 1人年間400万円補償なら20人で8000万円 会社経費2000万円 しか雇うなの お布令。関白座して 会社を狩れ潰せの お布令。
      ※織田将軍家幕府は 特に疲弊に苦しむ 大工 石工 木工 土木 炭鉱人工 糞尿工…職人 漁師 楽農 ら救済の為 無能の布市たわけやくざ裏神崩れを 財産没収の上 皆殺しにし 家計底値の資産自衛防衛権利行使 正当と断志 職人らの地位を守った。織田将軍家幕府こそ 底値の資産防衛自衛を負託する 出来る幕府であると 世に知らしめた。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 池田恒興
      「治部ノ将 土建大工布武す 黒色に 池に限り立つ 中道に虹色 職人救う。職人業たわけやくざ皆殺し。」
          ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    170. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。2月17日 第165号
      ●織田信長様は 引き続き 織田方 尾張 加藤家 山形 最上家 ら本体旗本 2万人が戦死した 卯辰山南御所 御所城を 視察する。
      ●御所を名残りする程の 究極の要塞城 大阪城の千倍の規模の要塞の 大門入口の一つが南御所 砦 城 般若村要塞である。
      ●第50代孝謙天皇家 天武持統天皇家(大和猛と巫女徒) 安徳天皇家…中心に 武蔵国 武尊神宮皇家 鹿島(樫麻)神宮皇家 常陸国 白川皇家 黄門皇家 武家 結城家 神保家 武田家 毛利家 …伊勢出雲やくざ天皇 7万人が戦死した地である。
      ●織田将軍家幕府は 正親町天皇 一門 一族親類を 尾張白鳥に留置 人質であるも 正当な天皇家とし 既存の形を負託する物である。よって正親町天皇の勅命担保なき天皇家 皇族家は 全て偽天皇皇族であり成敗する者である。
      ●正親町天皇は 京都御所で 伊勢出雲天皇家に暗殺殺害された如き 風潮は嘘であり 人質であるも織田幕府が尾張白鳥で身柄の補償を負託する物である。
      ●卯辰山は【聖火の宣誓 誓元の辰】と断定 町 村 団体 人物…不当比護特利を正して平に一鉄 壇する地。
      ●織田幕府は治部ノ将形部に池田家 石田(三成)家 大谷(吉継)家らを 御要人に檀座し たわけ内切りやくざに苦しめられた 大工 石工 木工 土木 炭鉱人工 糞尿工…職人 漁師 楽農 ら救済の為 これら職人に 一人年間最低400万円補償とし 約条し400万円以下の職人を雇う 会社団体を【聖火の宣誓】違反とし 10万の団体を合法的に解散させ 職人を奴隷以下の地位待遇に追いやり餓死させた頭領を死罪にした。恐るべき この政治犯罪やくざの悪行は 後 沙汰する。
      ※織田幕府は 経済化で存在する 資産 家計 財形…に存在する 最低自衛防衛権利(赤線)を説き また行使を厳守出来る 幕府であると 世に知らしめた。
      ※この時期を境に たわけ飽和が秩序により解消され 働く者が餓死する事が無くなった。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 大谷吉継
      「自衛防衛の赤獅子 興す 聖火に立つ 朱い万帝 赤線の400万円 野々に布市す 守る 限りに 沈む たわけ菰野。」
          ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。 

    171. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。2月18日 第166号
      ●織田信長様は 引き続き 富樫政親 正しき親 名残る 卯辰山伝燈寺砦 金腐川を 視察する。
      ●主に たばこ 皇族系やくざチンピラ財務代官一族 財産没収の上 皆殺しの地。
      ●たばこ 皇族系やくざチンピラ財務代官一族は 戸室で 「言い値」を強制され 全財産没収の上 政治犯罪人とし 過去まで遡り300万人を処刑した。金腐川血の川
      ●公益独立採算性の積立金も不当に枯渇流用し 前足利幕府中期頃よりの 改革詐欺政治で 累計100兆円の不明金を産み 聖火の宣誓の秩序を壊した。会社団体の貯金の金の財産権の悪魔。玄龍 発起人 悪魔。
      ●たばこの 目的徴収税を 元し 愛煙家の権利付与のみにした。医療補助 灰皿設置 愛煙家環境扶助費。
      推奨歌
      「金腐川 血の川 財務代官一族眠る 正しき親に沈む 図々しい卑しいカルトチンピラやくざ自由天皇。」
      ※織田幕府は 楽市楽座を興し たばこ改革政治犯罪者を全財産没収の上 皆殺しにし たばこカルトを廃止し 図々しくたばこ産業に浸透した職を装う詐欺不要天皇やくざを排除し 簡素化し 負担を減らした。

          ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。 
       

    172. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。2月19日 第167号
      ●織田信長様は 引き続き 尾張一門 琵琶島家 甚目寺家…らが戦死した 卯辰山夕日寺宮宮殿 視察する。
      ●近江大将軍 二松院洛斎京 檀座君臨す。織田幕府は 長泉の終末を説いておらず 過去の赤線 過去の死に目にある者の政治犯罪者は 道義同義とし 即刻 全財産没収の上 死罪にする者である。よって終末は無い。
      ●長泉の 図々しい卑しいチンピラやくざカルト自由鷹重天皇 残忍屠殺同義習い夕日寺 眠る地。たばこ天皇代官 鰻天皇代官 カルト賦課金天皇代官 
      ●夕日寺 十万字の屠殺習い興し 長泉のカルト自由やくざチンピラ天皇政治犯罪共を 選別し 一族肉親 過去まで遡り女子供含む 恐るべき屠殺刑により 100万人を処刑したのである。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田信忠
      「長泉の 図々しい政治犯罪カルトチンピラ自由天皇 残忍屠殺習い興す 恐るべき伝承 卯辰山夕日寺 知る 失明虫蛆糞死刑の光。」

      ※織田幕府は 過去の十万字 夕日寺の政治犯罪の屠殺刑を習い興し 失明させ 手を縛り 家屋に押し込み 肥溜めに漬け ゴキブリ ハエ 蛆を湧きながら 餓死絶命するなど 非人間カルトやくざ天皇政治犯罪者どもを 非人間的処刑で処刑した。
      ※織田幕府こそ 夕日寺に君臨し 政治犯罪者どもの 屠殺処刑同義を負える 幕府であると 世に知らしめた。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    173. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。2月20日 第168号
      ●織田信長様は 引き続き 尾張一門 前後清道 国近武志 らが戦死した 卯辰山 金腐川 釣部城宮殿 権殿山 視察する。
      ●織田将軍家幕府は 魚 伝承 多き 越中 釣部村で 究極の 池 限りであり 天然資源の鰻生産について 権殿山 習い興し 布武した地【鰻生産者 破断最後勧告の地。】
      ●織田将軍家幕府は 鰻生産 林宗五川の特権補償を比護布ち 国民を代表する幕府とし 国の鰻を負託する者である。
      ●織田将軍家幕府は 権殿山 元し習い興し 国民一人に 過去の漁獲高から厳選し 一年間 鰻10匹を権利分配補償負託する。
      ●織田将軍家幕府は 国民一人 家族4人で40匹 不要なら 権益市場で権利の売買を補償する 需要と供給 薄黒の市場習い(底値 高値抑制) 1匹200円 10匹権利売るなら 2000円 手数料 4分引いた額が権益収益と成る。国民権利外の需要家(うなぎ屋飲食店 うなぎ屋)のみに 買取資格を付与し 買い占め等の制約を課し 正しき市場の原理需要の安定に努めた。
      ●鰻生産者へ 前足利幕府中期頃より 鰻生産に浸透憑依し 伊勢麻草天皇家のカルト自由詐欺やくざチンピラたばこ財務改革の犯罪政治改革で 鰻の価格も上がり続け 供給量も減らし 国民利益 国益 総合権益を損害後退させた。改革政治犯罪で伊勢麻生天皇家のカルト自由詐欺やくざチンピラたばこ財務を処分する。
      ●越中守護畠山家 南魚家の 林宗五川の補償を善とし 鰻生産の 諸々の政治経済犯罪を認め 犯罪鰻生産一族の不当な利益 不正蓄財 不当特利の漁獲権…全て地位を織田幕府に返上すれば 鰻生産者 命の補償は 織田幕府が保証する。返上無きは 一族 女子供 過去まで遡り 全財産没収の上 皆殺しとする。
      ●代官に関しては 直接的な改革政治経済犯罪首領とし たばこ鰻賦課金カルトやくざチンピラ自由天皇は 当然の如く皆殺しとす。
      ●これら鰻生産改革自由天皇犯罪者どもは 後 沙汰する。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「林宗五川 鰻 布武す 権師の習い 玄龍す 秩序負託の鬼 居場所無き自由素佐 沈む 権殿山 権師緑龍の光。」

      ※犯罪たばこ天皇代官の図々しい犯罪不要な 価格の釣り上げも是正し 浅仲の 子供の小遣いで買える程の価格を補償した。
      ※織田幕府は 鰻 一匹であれ 平に娚をし 権利を保証負託出来る 幕府であると 世に知らしめた。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。
       

    174. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。2月21日 第169号
      ●織田信長様は 織田家 旗本 甲条吉光 従臣 山科女武将らが 戦死し 第50代孝謙天皇家 1000人の女子供含む一族肉親が 焼死自殺した 不室村 卯辰山柏木直江愛宕寺宮御所宮殿を 視察する。
      ●織田将軍家幕府は 第50代孝謙天皇家の実積を不室村に収めた。
      ▼第50代孝謙天皇家の実積▼
      ▼「池の水で 目を洗えば 目が治る。」などと 寺院施設便所…に立札し 神を信じて行動した者が 失明するなど傷害者を 累計で 万人単位で創った。※目を無差別に攻撃するは 非人間的で重罪とし全て処刑した。教唆背教罪 殺人罪。
      ▼意味不明な建設団体らの みかじめ料 ショバ代 用心棒代の 見返りに 家屋の放火 家屋の破壊 堤防破壊 水路破壊 道路破壊 橋破壊 港破壊…前足利幕府中期頃より 200年に渡り犯行に及び 市場原理外の100兆円の仕事を創った。※建設は年間一人400万補償 聖火の宣誓 年間1億で20人 8000万円 2000万円会社経費 供給が1億円なら 20人で治めるのがフロントの仕事。皇族神宮たわけチンピラやくざは 秩序を努めず 200人なら 8億円分の供給量を 家屋の放火破壊などカマかけ商政で創る 究極のたわけ。広がる事しか出来ない長泉(長崎)の無能の広島天皇 残忍屠殺で全財産没収の上 女子供一族肉親皆殺し。かまかけ商政 たわけフロント自由天皇政治犯罪経済やくざ。
      ▼前足利幕府中期頃から 至る所に職業を装い 図々しく新興部署を次々と興し 虚偽偽造改ざん…申請許可…累計100万人の 市場原理外 既存のプロレタリアート(風鈴)外の 不室(不要)な地位団体を創り 価格の釣り上げ国民負担増などに利用し国転覆を企てた。
      ▼自由たわけ天皇やくざは たばこ 鰻 職人…狭い座で 制御出来ず この程度制御出来ない天皇に先など無し 無能天皇家である。
      ▼座に付けば 不当な形で 価格負担を釣り上げる やくざ天皇 天皇鷹。
      ▼改革 自由 偽鷹 偽天皇王冠崩れ 裏神くずれ たわけやくざフロント。
      ▼結論 織田幕府は この不室村を 市場原理外のかま犯罪暴挙詐欺…を用い生業を産む 最悪のカルト自由天皇やくざ政治犯罪と断す。不室村 大黄色伊佐波天皇たわけかまかけ経済政治犯罪やくざ眠る。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「広がる 広がる 長く 長く 穢多非人天皇 自由改革民主政治経済犯罪の光。」

      ※織田幕府は 既存の労働階級を尊重し守り 不室不要な部署を廃止し 負担価格 安定へ努め 貢献した。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    175. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。2月22日 第170号
      ●織田信長様は 引き続き 卯辰山若松神宮城 を視察する。
      ●般若目倉改革自由民主政治やくざ犯罪者の巣 解かりもせん無知な愚か者政治家が改革を行使し 認知が掛かると無差別政治経済犯罪に成っていて 全財産没収の上 皆殺しに成ったと言う伝承の地。その改革政治経済チンピラやくざは 伊勢出雲天皇家 孝謙天皇家に所属する皇族神宮やくざ紋徒政治家である。それを般若と云う。改革団体の代表である孝謙天皇家は 待つだけで無能であるが 全政治犯罪を認め 死ぬ義務のみは 職務松任した。
      ●織田幕府は 「職務は目をあけ 確かめ確実に 職務するよう」 政治代官に忠告し 業務上の事件事故を減らす事に努めた。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 前田利家
      「待つ(松)だけ地蔵 地蔵でよし 地蔵に帰る 無能待つだけ天皇 皆殺し 若松村 改革政治犯罪の光。」
       
            ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録。

    176. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。2月23日 第171号
      ●織田信長様は 引き続き 天武持統天皇家(大和猛と巫女徒 ヤマトタケルのミコト) が布陣した 犀川大和城 を視察する。
      ●地名の 名残りある 神田 武蔵 武蔵国 商売繁盛 神田明神 神田組たわけやくざ 皆殺しの地。
      ●神田明神 神田組たわけやくざどもは 全国に商売繁盛を興し 至る所に「みかじめ料 ショバ代 用心棒」など称しフロント料を取り 布市し 楽市楽座の市場原理を根本から壊し「言い値」「参入暴挙妨害」「町乗っ取り」「放火破壊…かまかけ仕事供給創り」…を企て全国で累計300万人を殺害 その後 織田幕府の【政治経済犯罪教団 商売繁盛 神田明神 神田組たわけやくざ 掃討追討令】により みかじめ料 ショバ代 お金を払った関係者の全てを取り調べ 全国で皇族商人政治家代官…1000万人が連日の取り調べを受け 政治経済犯罪共謀者ら 皇族たわけやくざ中心に100万人の女子供一族肉親の全財産没収の上 皆殺しにした。政治経済犯罪教団首謀者は 伊勢出雲孝謙天武持統天皇家である。
      ●無数に政治犯罪教団に 一般人を巻き込み 厳しい取り調べを受け 全国の1000万人が難儀した 宗教犯罪事件である。政治経済犯罪教団首謀者は 図々しい 卑しい 穢多非人天皇である。
      ●恐るべき政治経済犯罪を 織田幕府上任形部代官による 極悪全貌 犯行手口 計画制…の取り調べの聴取を 可能な限り再現し 後 沙汰する。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 羽柴秀長
      「究極の 図々しい卑しいたわけかまかけ自由改革穢多非人皇族神宮商売繁盛やくざ 眠る 神田明神の光。」
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    177. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。2月24日 第172号
      ●織田信長様は 尾張旗本 柴田家 東名家 鰻木家 前田家の 精鋭部隊を多く失った 袋畠村 犀川府西城(古布城)を 視察する。
      ●織田幕府当時は 蟻森城(蟻の巣 黒蟻羽持女王蟻宮殿)と興し 古来幕府より続く 仏教国教の万民壇家を 示し治めた地。神農稲荷も同等。新興新道新教宗教 神宮 異端…は選別して全て廃止 特利の不正蓄財は全て没収 政治犯罪に関与した教団は 死罪にした。
      ●織田将軍家幕府は 古来より続く正しき宗務のみ継承 負託し 前足利幕府中期頃から改革された 大名家 上人 以外の 皇族神宮特利の平身分制度の全てを廃止し わりかし 自由に地位身分に付けるようになった。楽市楽座。
      ●前足利幕府中期頃から 平身分に 皇族神宮特利を布市し 皇族と親戚に成らなければ営業権が出ないなど比護特利政治犯罪者どもを不正蓄財とし全財産没収の上 抵抗するものは一族肉親全て皆殺しにした。楽市楽座。
      ●袋畠村 犀川府西城(古布城)は 愛新覚羅家 卑弥呼(非巫女 偽巫女 偽皇女) 最大規模の最後の 壇ノ浦の伝承の地。
      ●袋畠村 犀川府西城(古布城)は 永明のいたずら 何十世紀に一度あるか無いかの伝説の黒法皇 黒蟻羽持女王蟻が 布陣した 究極の伝説の地。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 東名近頼
      「浅野川(女川) 黒蟻羽持女王蟻 布陣君臨す 沈む 愛新覚羅 卑弥呼 愛の道 新道新教改革戦士の光。」
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    178. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。2月25日 第173号
      ●織田信長様は 燃え落ちた 金沢城 四高屋敷 を視察する。
      ●織田将軍家幕府は 四高屋敷を仙台(千代)死鷹門と興し 政治経済犯罪者 特に 全国の皇族神宮やくざチンピラ財務代官中心に 100万人女子供肉親含むが ここに集められ 全てが処刑された。
      ●生産秩序の 木炭 石材 木材 魚材 米麦…買い占め 転売 セット売り(ジャンク売り)…重政治経済犯罪。取り返しの付かない 大混乱の原因の大きな一つ 悪徳は 後 沙汰する。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 高橋継道
      「聖明の道 堅く継ぐ 偽鷹殺し 転輪す 沈む 偽鷹 改革自由素佐民主やくざチンピラ偽鷹王冠くずれ天皇の光。」
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    179. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。2月26日 第174号
      ●河北中条城 北風強く 視察中止。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田信忠 
      「信じて忠す 郷里信壇 長永明皇帝鷲興し 北風に風鈴 風鈴 大風鈴 鳴る成 沈む 縄渡る 改革自由チンピラファシストやくざ天皇。聖元の南北帝に水車 立つ。」
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    180. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。2月27日 第175号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗 桐山城 視察中止。
      ●闇奉行 元老院会で 宗務の歴史上 ロマロフ皇帝 を北の モスクの万帝とし確認しモスクワの負託者と認定した。イスラム教の宗務義務を 織田幕府は認めた。
      ●モスクワに ロマロフ皇帝の水車現世栄光を継承出来ない者に(イスラム諸国全域)居場所は無い。
      ●今回の騒動は 改革自由やくざ天皇との延長の戦いとし 元老院の主張を全面支持し モスクワ(モスク輪)イスラムを織田幕府は支持する。
      ●織田幕府一同 過去のボリシェヴィキの悲劇を 水車の神に怒りを鎮める祈りを捧げた。
      ●名聖の形を維持出来ない者に居場所無し。悪魔の天鱗 桐山城。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田信忠
      「風鈴 風鈴 大風鈴 水車 試練の悪魔の天鱗 受けて立つ武家の道 赤色に これ以上の後退の許されない イスラムの試練。北のモスク(モスクワ)の万帝。」
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    181. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。2月28日 第176号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 丹羽長秀
      「信じて長く 秀でる伝統 沈む 朱い糧 報い残酷に 嵯峨の光。」
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    182. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月01日 第177号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    183. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月02日 第178号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 丹羽長秀
      「信じて長く 秀でる 林宗五川 負託する 青色に 沈む 無政府。」 
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    184. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月03日 第179号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    185. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月04日 第180号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    186. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月05日 第181号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    187. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月06日 第182号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    188. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月07日 第183号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    189. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月08日 第184号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    190. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月09日 第185号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    191. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月10日 第186号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    192. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月11日 第187号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    193. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月12日 第188号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田信忠
      「大公国 元し忠す プロレタリアート 横一鉄 沈む 改革自然エネ カルト民主たわけ自由詐欺無政府政治経済犯罪者天皇やくざ。井戸 改革革命戦士の光。大公国 聖火 灯す。」
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    194. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月13日 第189号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    195. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月14日 第190号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    196. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月15日 第191号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
      ●織田幕府は 新興新教のエセ自由 エセ民主 自由王冠崩れやくざ天皇 自然エネ改革政治犯罪者一族女子供含む の金歯を含む全財産の没収 虐殺を承認し 軍事成立 和平合意を実行成立を決定する。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田信忠
      「大公国 北風 西に吹く 黒赤の 天下布武 沈む エセ自由 エセ民主 自由王冠崩れやくざ天皇 自然エネ改革政治犯罪者。改革革命政治家の光。」
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    197. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月16日 第192号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    198. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月17日 第193号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    199. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月18日 第194号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
      ●河北中条城 首晒し場で 自然エネ エセ自由 エセ民主 皇族ヤクザ政治犯罪一族女子供含む100名を処刑し 死体を晒した。政治犯罪による不正蓄財は 金歯に至る 全財産は没収した。
      ●織田幕府は 宗務評議会の 蓋締めの重要制を帝都に提案した。尊厳横一鉄。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 楠木久光
      「成立 敢闘 宝珠に赤色 沈む 長泉 自然エネ詐欺政治家 たわけ エセ自由 エセ民主 天皇やくざ政治犯罪者 改革革命戦士の光。」 
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    200. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月19日 第195号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    201. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月20日 第196号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    202. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月21日 第197号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
      ●織田幕府は 幽閉地 立政法を帝都に提案した。自然エネ改革革命政治犯罪民族 1億人を幽閉地隔離(島 寒冷極限地)し 水 石 砂 油 鉱物… 天然資源 あらゆる文明 の負託外とし幽閉する事を提案した。
      ●自然エネ改革革命政治犯罪天皇やくざ民族は 水 石 砂 油 鉱物… 天然資源 あらゆる文明は自力で奪うしか無い。
       
      推奨歌
      ●織田家 家臣 楠木久光
      「歴史廻る 赤色に 幽閉地 立政の鬼 沈む エセ自由 エセ民主 たわけやくざ無政府天皇国 改革革命の光。」
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    203. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月22日 第198号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    204. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月23日 第199号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
      ●織田幕府は 拘束した 立政立証法に基づく エセ自由 エセ民主 改革革命自由やくざ政治犯罪者 家族肉親一族女子供含む 1万人を サド島 九九島に 幽閉した。これで 自由 島の砂以外の天然資源は織田幕府が負託する 織田幕府の強力な負託兵を蹴散らし自力で奪うように。
      ●織田幕府は 1億人のエセ自由 エセ民主 やくざ 政治犯罪者を 図々しい 危険改革革命自由やくざ政治犯罪者を 幽閉するよう 宗務帝国委員 要請する。

      推奨歌
      ●織田家 家臣 最上義定 
      「長く 永く 秀でる負託 山頂君臨す 沈む 山なしヤクザ お化け エセ自由やくざ無政府政治犯罪者。立政立証の光。」
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「負託する手のひらで 図々しい自然エネ改革政治やくざ犯罪者 長泉の政治経済混乱妨害荒らしに終止符 改革革命戦士の光。」
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    205. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月24日 第200号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    206. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月25日 第201号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    207. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月26日 第202号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
      ●織田幕府は 臨時 モスク仏 宗務帝国委員会 紛争の早期平和合意を支持する。どこかで聞いた「違うのは制服だけを この場を借りて歓迎する。」
      ●米国の新興ガス 自然エネの追放を支持する。米国は過去の歴史に習い譲歩し エセ自由テロ国家成敗に合流するべし。
      ●ウクライナの海軍など 10日ほど前に壊滅しており 露国に奪われるぐらいなら 敵軍自らで自沈させたプロパガンダに騙されんように。
      ●欧州委員に 伝統の通商を尊重し支持したい 義勇兵を語る敵軍は 正規軍 軍人とみなさずテロ国家のする事 また近隣に難民 義勇兵語る テロリストが拡散した報道を重要とし 欧州委員は 危険な新興エセ改革自由やくざ テロ国家を 除籍追放するように。
      ●欧州委員の除籍と同時に 帝国宗務連合軍 1000万人の軍がなだれこむ。
      ●欧州の 小国の まぬけ王冠へ 形を守れん者に 居場所は無い。ユーラシアの伝統を尊重する者 帝国宗務連合軍。
      ●早期安定平和を望む。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 丹羽長秀 
      「順逆二文まで 仏の顔も三度まで 沈む エセ自由 ファシスト やくざ。 」

           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    208. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月27日 第203号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    209. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月27日 第203号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
      ●織田幕府は 大公国の 元志の名の元 たばこ改革政治犯罪者 改革からの政治犯罪関与 天皇やくざ 政治家 財務代官 女子供一族 3万人を幽閉処刑を決定した。たばこは 改革前の制度水準制度価格に戻る。不正蓄財とする財産の全てを没収した。従えない政治犯罪者は皆殺しにする。
      ●今後 政治天皇やくざ犯罪に関しては順次公表する。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    210. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月28日 第204号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    211. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月28日 第204号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
      ●織田幕府は 公権 私権 地位… に浸透憑依政治利用し 無差別に不当妨害活動した地位者をエセ自由 エセ民主 やくざ組長女子供一族 政治犯罪者と認定し 組織的政治犯罪者やくざの身柄の拘束を承認する。
      ●自然エネ エセ自由 エセ民主 天皇やくざ組長政治犯罪軍の 組織的政治謀略と物理的攻撃に防衛するため 宗務帝国元老院に 通商破壊防衛軍 の臨時創設対策処罰を提案した。
      ●主に貿易 商行 地位に浸透憑依し妨害した 新興たばこ 自然エネ 米国ガス オイル…の エセ自由 エセ民主 政治犯罪穢多天皇やくざ 一族肉親である。 
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    212. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月29日 第205号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    213. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月30日 第206号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    214. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。3月31日 第207号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
      ●織田幕府は 臨時 宗務帝国委員会の 過去20年~10年内の 欧州独国 露国 通商貿易紛争 評価決定を支持する。
      ●欧州独国 露国 ニ国を 通商貿易 最高負託国である。
      ●欧州独国 露国 ニ国の通商貿易を 伝統的に尊重し 通商協定 通商同盟 貿易協定に値する権威契約であると認定する。 
      ●織田幕府は 臨時 宗務帝国委員会の 兼ねてより存在する 欧州独国側の 通商貿易違反国の 状況を注視する。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田信忠 
      「伝統通商貿易条約同盟 元す 懐かしい友情 転輪す 沈む 通商貿易違反妨害国 伝統の友情再輪す。」
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    215. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月01日 第208号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
      ●織田幕府は 天然ガス 原油価格の生産原価価格は 妥協範囲であり 妥当である 権益生産同盟 臨時 イスラム 仏教負託局 ムスリム共産党 マルクス レーニン共産党 大東帝国共産党 宗務帝国議会の評価を支持する。通商貿易範囲である。【海 ポセイドン 有志同盟】その代表国は イスラム モスクワ(モスク)帝国である。
      ●独国連合国のガスプロムの不当捜査は不要な政治活動である。イスラム帝国 大東帝国は 独国連合を全面追放する可能性もある。
      ●軍事 モスクワ(モスク)の当事国は イスラム諸国である。前途紛争時同様イスラム諸国軍の参戦開戦を条件に大東帝国(仏教)は モスクワ側で参戦する。(ほぼイスラムに参戦状態)
      ●イスラム諸国軍は 正規軍を派兵展開し ウクライナに存在する 危険な義勇兵語る【非公式軍 自由過激テロ軍 正体不明】の掃討殲滅を急ぎ 軍事的平和安定を負託するように。イスラム ロシアの味方でない 自由過激テロ軍は早期軍事鎮圧するように。メディアに 自由過激テロ軍の死体を放映するように。
      ●半分死んだ 死にぞこないの 独国やくざ自由過激テロ連合軍との 戦争に備えるように。
      ●4世紀ぶりの嵐を余裕で イスラム帝国 大東帝国の団結で 乗り切るだろう。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    216. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月02日 第209号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    217. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月03日 第210号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止
      ●織田幕府は エセ自由 エセ民主 天皇やくざ政治革命後の 2015年4月にウクライナの脱共産主義化 共産党不当政治追放政治犯罪事件を 憲法が保証する 議会制民主主義を破る 憲法上の違憲 議会法違反違法 議会革命罪である 帝国宗務委員の評価を支持する。
      ●織田幕府は 帝国宗務委員の 共産党不当政治追放政治犯罪事件の 実質的関係者 政治家 皇族 裁判官 検察 行政官の一族女子供の軍による身柄の拘束を支持する。事実関係 関係者の拘束を支持する。過去の政治犯罪者同様に 全財産没収の上 イスラム諸国軍 大東帝国軍(仏教)による処刑が妥当とする。
      ●織田幕府は 政治的立政立証法を 帝国宗務委員に提案した ウクライナ西部 衛星小国に 共産調停協議負託外とし 強国要求一方的立政立証政治制裁処置を立政強制する事を帝国宗務委員に提案した。
      ●軍事 帝国軍一丸となり ウクライナ全土に存在する エセ自由 エセ民主 たばこ政治犯罪天皇 やくざ天皇軍を皆殺し殲滅全滅させ軍事鎮圧解放し まず平和を一日でも早く成立する事を望む。
      ●軍事 織田幕府は 敵が50年以上再興するまで 国家 軍事 再起不能な時点まで軍事を進める帝国宗務委員の評価を支持した。
      ●織田幕府は イスラム諸国軍に追随し モスク イスラム帝国軍 大東帝国の条件の元 大東帝国軍 一陣とし ベトナム 日本 陸 空 10個師団×20個師団(40万人)を派兵する宗務帝国議会の決定を支持した。
      ●帝国宗務議会こそ 権威 憲法が補償する議会制民主主義を負託出来る 政治民主権力であると世に知らしめた。
      ●大東帝国の名の元 大東に従わない将軍 将校 参謀幕僚 地位者に居場所はない。処刑の対象にする。河北中条城 織田幕府。臨時 大東帝国。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    218. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月04日 第211号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
      ●織田幕府は 臨時 イスラム帝国 大東帝国(仏教)の帝国同盟は 同盟含む 過去の歴史上いかなる同盟権威を勝 究極の帝国同盟である 帝国議会の決定を支持した。
      ●帝国内の 権威同盟に従えない 将軍 将校 幕僚 地位者を 即時処刑とする帝国議会の決定を支持する。(すでに 両帝国内 反対将校 地位者 100名を処刑した。) 
      ●尚 臨時 帝国幕府の 最高負託国は イスラム モスクワ幕府 仏教 大東帝国 織田幕府 豊臣幕府である。
      ●臨時 軍務会合最高司令部は 極東 大東帝国内 河北中条城である 両帝国軍の軍事同盟を歓迎する。
      ●帝国軍部 独国連合国が 今後50年以上 立ち直れないぐらいの軍事解体破壊による 【無条件降伏】
      ●軍事 開戦同義 独国連合内の エセ自由 エセ民主 たばこ政治犯罪天皇やくざ 無政府反警察やくざ政治家 カルト による 甚大政治犯罪者の全財産没収の処刑 成敗 早期侵攻 軍事解放による 平和確立。
      ●軍事 織田幕府は イスラム諸国軍に追随し モスク イスラム帝国軍 大東帝国の条件の元 大東帝国軍 ニ陣とし 韓国 台湾 陸 空 5個師団×100個師団(40万人)を バルト三国国堺に派兵する宗務帝国議会の決定を支持した。
      ●軍事 帝国軍の将軍 将校に 独国連合国への 軍務政治解体破壊を目的とした あらゆる 高精度侵攻計画に掛かる事で確認する。
      ●4世紀ぶりの嵐を余裕で イスラム帝国 大東帝国の団結で 乗り切るだろう。
      ●第3回 河北中条城 統轄 将軍会議。
      ●大東帝国(仏教)の名の元 大東に従わない将軍 将校 参謀幕僚 地位者に居場所はない。処刑の対象にする。河北中条城 織田幕府。臨時 大東帝国。
           ゜     ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    219. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月05日 第212号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    220. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月06日 第213号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
      ●織田幕府は 4世紀ぶりの モスク(モスクワ)の風 赤い風 大東帝国 赤い風 歴史文明の習い試練 臨時 国帝檀座 正一位 日本 正ニ位 中国 正三位 ミャンマー 以下同列の 臨時 帝国宗務委員の決定を支持した。
      ●4世紀ぶりの嵐を余裕で イスラム帝国 大東帝国の団結で 乗り切るだろう。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田信忠
      「歴史文明 大東天下 伝統 秀でて興し 転輪す 赤色の習い 立つ花 堅く守る 赤い風 乗り切る。」
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    221. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月07日 第214号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    222. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月08日 第215号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    223. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月09日 第216号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    224. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月10日 第217号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
      ●織田幕府は 大東帝国 イスラム帝国 独国連合国 内の 2000年以降 政治経済に拡散浸透憑依した たばこ政治犯罪政治家 役人 自然エネ犯罪政治家 役人 カールマルクス天皇自由やくざ政治家 を エセ自由 エセ民主 天皇自由やくざ政治家 改革革命政治家 を 甚大な政治犯罪(エセ自由天皇やくざ)とし 政治犯罪一族女子供含む全てを拘束 不正蓄財の全財産没収の上 処刑する提案を宗務帝国委員に提出した。
      ●織田幕府は エセ自由改革前の たばこ運営を2000年以前に戻す事 エセ自由改革前の 電力ガス水道 権益の 2000年頃に戻す事 一時 無許可無断で進められた 無許可営業自然エネを全面禁止廃止する事での 委員の万条支持を支持する。改革たばこ運営者 改革自然エネ運営者の 2000年以降の収益は 全て 甚大重大悪意不当違法 政治経済犯罪とし 不正蓄財とし 全財産没収とする。
      ●織田幕府は エセ自由政治やくざの無意味な改革政治を 2000年頃まで戻す事を宗務帝国委員に提案した。
      ●軍事 独国連合国 内の通商貿易軍事違反妨害国 欧州経済協定の除籍 欧州軍事協定の除籍と同時に 軍事侵攻する事を支持する 独国連合国の侵攻と同時に イスラム帝国 大東帝国も追随し 通商違反国に侵攻する 帝国議会の決定を支持する。
      ●軍事 イスラム帝国 大東帝国は ロシア ウクライナ軍 ウクライナ領に イラン軍 イラク軍 アフガニスタン軍 インドネシア軍 タイ軍 日本幕府軍 陸 空 50個師団 90万人の派兵を決定した。
      ●中立宣言国 フィンランド スウェーデンは 中立が成されて無く 軍事的脅威と判断妥当とした場合 侵攻する。侵攻部隊軍 ドイツ軍 フランス軍 イタリア軍 ロシア軍 イスラム帝国軍 大東帝国軍。 
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    225. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月11日 第217号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
      ●織田幕府は【シリア・イラクのレバント国家・ダーイッシュ・イスラム国】聖戦発動志願旅団の 公式受け入れ旅団 ロシアモスクワ軍 インドネシア軍 イラン軍 トルコ軍 エジプト軍…が イスラム聖戦志願兵旅団 最高管理負託国 正式公式軍とする 帝国宗務委員の決定を支持する。
      ●イスラム帝国 大東帝国(仏教) 帝国議会 宣言書
      「ダーイッシュ諸君 北のモスク(モスクワ)帝都 イスラム帝国 大東帝国 革命改革(政治クーデター)破壊を 企てる エセ自由天皇政治犯罪やくざ軍との対決が 文明歴史が避けて通れ無いと審判を下した暁には 文明の許した聖戦であるとし 正規軍に合流し聖戦に参加せよ。 ダーイッシュ諸君は帝国防衛聖戦に備えよ。」
      ●4世紀ぶりの嵐を余裕で イスラム帝国 大東帝国の団結で 乗り切るだろう。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 豊臣秀吉
      「文明歴史 避けて通れない 試練の赤い戦争 対決す 沈む 完全破壊壊滅全滅壊滅のエセ自由天皇政治犯罪やくざ軍。」

           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    226. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月12日 第219号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    227. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月13日 第220号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    228. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月14日 第221号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    229. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月14日 第221号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
      ●国家 電気事業法 地方自治法に基づく 管轄容認電力企業(国有 国営企業 昭和既存大手電力) である。電力自由化は嘘である。
      ●国家 電気事業法 地方自治法に基づく 管轄容認電力企業(国有 国営企業 昭和既存大手電力) 電気契約(請求書)無断不当政治経済改革長泉詐欺 請求事件とし 消費者契約法の補償の下 当局捜査精査に提案した。
      ●国家 電気事業法 地方自治法に基づく 管轄容認電力企業(国有 国営企業 昭和既存大手電力) 政府 地方自治 県知事 市長 経済産業省 大臣…の 新任承認外の無断の電気料金請求のいかなる変更も 無断無許可であり不当 国民を無差別に契約詐欺に巻き込んだ改革長泉エセ自由天皇政治経済犯罪と推測した。 
      ●政治的評価 電気料金の請求書を外部経費に 本来基本料金が下がるはずが 基本料金は下がらず 負担が増えただけの エセ自由天皇詐欺請求である。 
      ●形部要請 電気契約詐欺事件 主な政治経済犯罪容疑
      ●一般法律 電気事業法違反 地方自治法違反 行政法(無許可 公文書 私文書改ざん偽造虚偽詐欺)違反 全て イロハ以外 300の項目で違反 違法 認定。
      ●刑事 経済政治改革契約詐欺事件 2021年 電気事業 政治経済エセ自由やくざ関係者。一般法律違反も刑事案件妥当とした。
      ●国民被害者は 民法が補償する 契約保護法の補償化であるが妥当とした。
      ●現在も電気事業は自由化されておらず 管轄容認電力企業(国有 国営企業 昭和既存大手電力) であるとし 2000年頃から 改革された全て違法とする。
      ●電気改革 エセ自由やくざ政治家 役人 関係者 全て不正蓄財とし 軍により身柄を拘束する。一億の女子供老人 国民を無差別に巻き込んだ 甚大な長泉のエセ自由やくざ改革犯罪とし エセ自由改革詐欺やくざ一族女子供の処刑まで余裕で行使成立できる。

           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    230. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月15日 第222号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
      ●織田幕府は 2000年以降の 電気 ガス 水道 権益の エセ自由政治改革やくざの 政治経済犯罪 精査を宗務帝国委員に提案した。
      ●天然ガスの 2014年以降の自称日本の伊勢天皇国エセ自由改革やくざ主導の 転売政治経済不合理問題も議題に提案した。通商貿易契約違反…も議題に提案した。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    231. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月16日 第223号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
      ●織田幕府は 2020年頃 電気料金改革による 詐欺契約不当請求改革政治経済事件の 当事者首謀者である 容認国有電力企業 代表取締役 役員 監査責任者 会計経理責任者 エセ自由天皇政治やくざ党 10名の身柄を拘束 戸籍を元に厳選し その一族女子供含む500名の身柄を拘束。不正蓄財の金歯も含む全財産を没収した。
      ●容認国有電力企業 代表取締役 役員 監査責任者の 家族 妻 娘 5名を処刑し 死体は 河北中条城 政治経済犯罪者 晒し場で 逆さ吊りで晒した。
      ●代表取締役 役員の 親族 5歳娘 縄跳びのムチで 男5人で死ぬまでムチ討ちし 顔は3倍に腫れ上がり苦しみながら 5時間後 絶命した。
      ●この 改革政治経済犯罪は可能な限り 追求する。死体は順次 晒す。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座

    232. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月17日 第224号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
      ●織田幕府は 2020年頃 電気料金改革による 詐欺契約不当請求改革政治経済事件の 当事者首謀者本体である 容認国有電力企業 東京管轄代表取締役 役員 監査責任者 会計経理責任者 エセ自由天皇政治やくざ党 50名の身柄を拘束 戸籍を元に厳選し その一族女子供含む2000名の身柄を拘束。不正蓄財の金歯も含む全財産を没収した。
      ●東京管轄(自称日本語る伊勢天皇東京国)取締役 親族の身柄拘束の際 包丁で武装し形部役3名に重傷を負わしたので今後 電気政治経済改革カルトテロ エセ自由 エセ民主 偽鷹 伊勢天皇やくざ政治経済犯罪 軍に身柄の拘束を負託する。
      ●身柄を拘束した電気政治経済改革カルトやくざテロ犯罪者女子供含むを 逃亡 抵抗の恐れ有りとし防止策とし 両足ひざ下切断 右腕ひじ下切断した。その際 政治経済カルトテロやくざ犯罪者 50名が死亡した。
      ●この 改革政治経済犯罪は可能な限り 追求する。死体は順次 晒す。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    233. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月17日 第225号
      ●織田幕府 池田恒興 宗務形部ノ将 2020年頃 電気料金改革による 詐欺契約不当請求改革政治経済事件 評価。
      ●2000年以降の いかなる電力改革も違法とした上で 図々しく 政治経済犯罪を重ねた 一つの政治経済犯罪である。
      ●電気事業法 地方自治法に基づく 電気インフラ 負託義務を犯すは 1億人を無差別に犯罪被害者にする。契約詐欺事件 加害者 当事者 取締役 監査役 会計経理責任者 政治天皇やくざ改革者 被害者 1億国民。被害総額 何兆円。
      ●電力企業の請求書経費支出を外部移管徴収に改革し 料金徴収に合理性は無く【言い値】で図々しく負担させた。さらに 外部移管し下がるはずの電気契約基本料金が下がらず負担が増えただけの詐欺エセ自由やくざ天皇改革。【エセ自由改革やくざ 図々しい偽鷹(ホークステロ) 伊勢入れ墨やくざ宗教語るやくざフロント。自由天皇伊勢宗教政治犯罪やくざ軍。】
      ●織田幕府は 大東帝国宗務委員 歴史文明の許す林宗五川の補償無し または論外 図々しいカルト偽鷹 慈悲 情け無用 当事者である 電力改革 取締役 役員 監査責任者 会計経理責任者 改革政治家 事件関係者…事件関係者 家族親族女子供含む 金歯も含む全財産没収の上 皆殺しが妥当を支持し 承認承諾する。
      ●「天界上人 一切秋 図図偽鷹偽鷹自由」
      推奨歌
      ●織田家 家臣 池田恒興
      「歴史文明 林宗五川 聖和 秀でて興す 縄越えて 沈む 素佐 どカタギやくざエセ自由天皇。改革革命エセ自由やくざカタギ偽鷹政治犯罪の光。」
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    234. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月18日 第226号
      ●電力料金 電気概要契約請求書に関しては 電気事業法 地方自治法 行政法 …その他 電気 消費者含む契約効力 法律が補償する 2000年頃の 一律配布に法律料金義務保証時に戻す 当然 料金請求書の維持管理保全経費は電力企業の合理的算出による経費支出で負う。電気事業法 地方自治法 行政法 …その他 電気 消費者含む契約効力 法律が補償する料金制度改正変更の信任承認の最高負託機関は経済産業省であり 時の大臣である。最高負託者である経済産業省が 歴史文明を元に国民利益 基本的人権 国益を負託出来ないと判断された場合は 第三者権威(司法 権威)の監督の元 警察 軍 が処罰 負託する。
      ●宗務帝国委員は 電力改革は まず2000年頃を妥当と推測した上で 2000年以降の電力改革全てを 無意味侵害犯罪違法改革とし 問答無用で 改革政治経済犯罪とした。問題は それら改革政治経済犯罪が死に値するかどうかである その本拠地は【自称日本を語るエセ自由やくざ東京】である。
      ●電力制度は 改革前の2000年頃が妥当とし 制度を戻す。
      ●昭和大手電力企業は 現在でも 電気事業法 地方自治法 行政法 契約効力化にあり 真の独立企業とせず 実質的な国有企業とする。イスラム帝国 大東帝国内いの 私有化された 電気 ガス 水道 電話 一時的にインフラの全面国有接収も有り得る。昭和大手電力企業は一般的な独立企業とせず 公権(警察 軍)の介入弾圧を不当としない 場合により全て正当。重大政治経済犯罪と妥当とされた場合は 過去の歴史文明と同様に改革犯罪者 電力企業は(過失政治経済犯罪責任)代償を負う。
      ●現在確認された2000年以降 死に値する 改革政治経済犯罪 たばこ財務 自然エネ 2014年以降 天然ガスシェール革命詐欺転売エセ自由やくざ政治家… 【言い値】不合理 【改革革命政治経済犯罪 偽鷹政治経済犯罪 エセ自由 エセ民主 宗教語る偽入れ墨やくざフロント犯罪 増仁政治犯罪。】

            ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    235. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月18日 第225号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
      ●織田幕府は 宗務帝国委員の 【政治立政立証制裁特権処置法】 発動を支持し承諾行使した。 電力「言い値 契約詐欺 政治経済犯罪」罪を認めない 肯定しない 500名の 電力社員の 賃貸契約無断改正反故強制 賃貸契約料金無断変更を強制した。その決過 賃貸契約料金は一方的合法的に1000倍になり1ヶ月の賃料7000万円の「言い値」を請求された上に 不当に支払いを拒んだとし詐欺罪で 電力社員500名を 幕府軍により 拘束逮捕した。歴史文明が許さない死に値すると審判は下された。3日後に河北中条城 偽鷹の陣で 改革電力社員500名を公開処刑する。報道規制 一般人規制は無く 自由に観覧できる。
      ●罪人は 改革電力社員 男100名 女400名である。打ち首斬首。死体は河北中条城 政治経済死体晒し場で 逆さ吊りで死体が腐るまで晒す。
            ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    236. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月19日 第227号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    237. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月20日 第228号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    238. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月21日 第229号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    239. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月21日 第229号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
      2020年頃 電気料金改革による 詐欺契約不当請求改革政治経済事件。
      ●政治経済犯罪加害者 電力改革東京 取締役 役員 娘 19歳 【政治立政立証制裁特権処置法】を強制し あらゆる契約 料金の無断「言い値」変更を強要 賃料 水道 ガス…を「言い値」を強制され 1ヶ月 合計1億円以上を請求され 逃亡 飲食店で ランチ定食 を得るにも 2億円と言う「言い値」を強制され 食料すら得られず 10日後 東京公園で餓死した状態で見つかる。
      ●織田幕府は 宗務帝国委員の エセ自由エセ民主偽鷹改革東京自体全域に【政治立政立証制裁特権処置法】を強制発動発起の承認承諾を拒否した。いつまでも拒否できるかは未知数である。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    240. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月22日 第230号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    241. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月23日 第231号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
      ●織田幕府は 宗務帝国委員の 2019年 水道法改正 政治立権を 違憲違法改革とする 決定を支持した。政治経済犯罪者 厚生省 役人 肉親家族女子供含む 5000人 政治立権 当事者 中央議会 政治家 肉親家族女子供含む 1000人の身柄を拘束した。全財産を没収した。この政治経済犯罪は 2014年の シェールガスエセ自由 転売革命の天皇やくざに類似する。自然エネ偽鷹天皇やくざ革命にも類似する。
      ●これら政治経済改革革命犯罪者は 無政府天皇やくざとし 一切の 憲法 法律 秩序…の負託保証外とする 憲法法律補償 権利無しやくざ人 無政府人 宗務帝国委員の決定を承認承諾し 【裁判なしの合法的虐殺】も可能である。
      ●経過は 過去の歴史文明の許容範囲で公表する。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「負託外 憲法法律補償無し 赤色に立政立証する 裁判権利無し 立政立証赤色に沈む 無政府やくざ 改革革命政治経済犯罪の光。聖火革命改革の光。」
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    242. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月24日 第232号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    243. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月25日 第233号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    244. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月26日 第234号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    245. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月27日 第235号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    246. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月28日 第236号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座

    247. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月28日 第237号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    248. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月29日 第238号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    249. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。4月30日 第239号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    250. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。5月01日 第240号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    251. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。5月02日 第241号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    252. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。5月03日 第242号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    253. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。5月04日 第243号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    254. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。5月04日 第243号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
      ●織田幕府は 2022年度 4月より 電力基本料金 電力使用料外の 【図々しい 自然エネ電力賦課金値上げ】を改革した 東京伊勢やくざ天皇人 経済大臣 経済産業省役人 エセ自由改革詐欺天皇やくざ政治犯罪者 一族女子供 5000人を拘束した。 
      ●電力基本料金 使用料単価は変更されておらず問題無し 値上げされたのは【自然エネ賦課金】である。電力使用料は変わらなくても 電気料金が 上がるのは【自然エネ賦課金】である。一般家庭で2000円~4000円の値上げ 年間 20000円の値上げ。
      ●2022年のみの 自然エネ改革政治経済犯罪者 役人 東京伊勢天皇国 一族女子供 3000人を 逃亡抵抗の防止の為 両足切断した。300名が切断の際 2歳の女児児童含む が死亡した。
      推奨歌
      ●織田家 家臣 織田有楽
      「図々しい 便乗 ニセ鷹 東京伊勢天皇国 赤赤に沈む 自然エネ賦課金ニセ鷹政治経済やくざ犯罪者 改革革命政治経済犯罪者の光。」
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    255. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。5月05日 第244号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
      ●織田幕府は 東京伊勢天皇国 エセ自由党 エセ民主党 ニセ鷹の党 カルト伊勢靖国の党 政治経済犯罪天皇やくざ100名の身柄を拘束した。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    256. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。5月06日 第245号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    257. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。5月07日 第246号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    258. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。5月08日 第247号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    259. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。5月09日 第248号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    260. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。5月10日 第249号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    261. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。5月11日 第250号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    262. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。5月12日 第251号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    263. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。5月13日 第252号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    264. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。5月14日 第253号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    265. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。5月15日 第254号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    266. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。5月16日 第255号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    267. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。5月17日 第256号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    268. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。5月18日 第257号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    269. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。5月19日 第258号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    270. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。5月20日 第259号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    271. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。5月21日 第260号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    272. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。5月22日 第261号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    273. 匿名 ID:==

      織田将軍家幕府 河北中条城 国令。5月23日 第262号
      ●河北中条城 本日も北風 霧深く強く 悪魔の天鱗(転輪) 桐山城 視察中止。
           ゜
      ※武家の定める所 織田将軍家 【天下布武】【楽市楽座】
      伊勢長島決戦 黙示録

    コメントをする

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)